大都会の小さな家

大都会の小さな中古マンションに住むおひとりさま女の日常をつづったブログです。 注意事項: 比較的、自分の好き嫌いをはっきり述べています。 それは、単なるさくらねこの好き嫌いであって、さくらねこが嫌いな場合であっても、そのこと・ものを否定しているのでも、そのこと・ものを好きな方を否定しているのでもないことを、あらかじめ申し上げます。1記事が長めなので閲覧はPC推奨です。 リンクはご自由に、相互リンクも募集中です!

2017/04    03« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »05
*スポンサードリンク*

久しぶりの体重記録・・・85.7kg・・・太ってない!

ひょっとしたら痩せていくかもしれない予感があります。

*スポンサードリンク*





今日は、朝は小さな菓子パン1個(542kcalらしい)を食べて、それからいつものぜんそく病院に行ってきました。
佐野先生の日はいつも混み混みなのですが、別の先生だと、「佐野先生の代理で薬だけ出したらいいでしょ?」的な態度なので嫌なのです。
「佐野先生から患者さんを取ってやる!」ぐらいの意気込みの先生だったらそっちいってもいいのですが・・・。

お昼は、「せいとう」のハンバーグ。

これでおなかが空かずに、夜は缶チューハイを1本(本搾りライム味。140kcal)を飲んだだけです。

全然おなかが空かないぞ。


 *

拍手コメントへのお礼です。

5/19のNさん、
お気遣いありがとうございます。私は昔から体があまり強くはなかったのですが、年を取るととみに弱くなりますね。Nさんもご自愛ください。

5/26のNさん、
そうですよねえ。「今の金持ちボンボンの2世自民・公明の政権下ではまあ、日本は地獄行きだろうと思います」ということですが、確かにそうですが、他の人も似たり寄ったりなんで困ります。

5/28のYさん
結局、人はわかるんだと思いますよ。真面目で、こちらが困ったときは頼りにすれば助けれくれる、って。道行く人に聞かれるのはそれだけで十分なんですが、仕事の上だと、「コイツは粗末に扱っても仕返しにこちらに何もしてくれなくなるようなことはないから粗末に扱おう」になってしまうんだと思っています。

5/28のAKさん
私の話がAKさんにお役に立ってよかったです。
「自分が悪いのかも」って思わないほうがいいですよね。何か悪いところが本当にあるとしても、苦しい時にそんなことを思っても治らないし、悪いところが無いとしたら自分を損なってしまいますからね。

5/30のAKさん
引きつづきコメントありがとうございます。
私が求めているような人間は、「信頼できる人間」ですよ。
たとえば、先の記事に書いた、「アロマテラピーの店に男だと入りにくいから一緒してください」といった男性、本当は「同じ大阪だし口実に会ってみて美人だったらお付き合いに持ち込もう」という賤しい気持ちで近づいてきた男性のことを書きましたが、その男性が、「あなたのまじめさを利用してごめんなさい」ともし言ってきたとしたら、それで十分だと思います。
(そんな人がそんなことを言うことはありえませんが・・・。)

5/30のRさん
おお、では一緒にワインバルでしっぽり呑みにいきましょうか?
連絡先はメールフォームで送ってくださったら連絡しますよ!

6/1のYさん
ありがとうございます。試験は来週うけなおしにいきます(涙)。

6/5のKKさん@小竹向原
いつも読んでいただいてありがとうございます。納得して下さる部分があるということが嬉しいです。お会いしてお話してみましょうか?
もししたければ、いつでもメールフォームから送ってください。

6/6のYYさん
思ってても言わないようなことをずばっという、とおっしゃいますが、私だって言いたくて言ってるわけじゃないんですよ。
あんまりな人が多いんで、利用されるばっかりじゃアレなんで、言ってるんです。
言うようになってから多少は減りました。

昔々、もう25年以上前、まだ18歳かそこらだったころ、よくチカンに遭遇しました。
胸をすれちがいざまに掴まれたり、電車で前の方を触られたり・・・

あるとき、御堂筋線にのって梅田から江坂方面にいってたときなんですが(逆に江坂から梅田だったかもしれない)、ちょっと混雑していて、前に立ってるおじさんのクラッチバッグの角?が私の股のちょうど割れ目部分にあたってたんです。
揺れに合わせて押し付けられるので、迷惑だなあと思って体をちょっとねじって当たらないようにしたら、クラッチバッグの角が追っかけてくるんです。

これはいくらなんでもおかしい、と思って、自分の手を、自分の股と「クラッチバッグの角」との間に入れて守ったらですね・・・それはクラッチバッグの角じゃなかったんです。

それは・・・前に立ってるおじさんが、人差し指を曲げて角にしていたものでした!!!!
揺れに合わせて女の子の股の部分に押し付けて「やっているつもり」だったんでしょう。

もう、気持ち悪くて泣きそうでした。

でも、その時は若くて、手で守った以上なにもできなかったのですが、降りた後猛然と腹が立ちました。

今度、チカンに遭遇したら、絶対そいつの指をへし折ってやる、人差し指を右手で中指を左手で持って互い違いに逆方向にひねって指の関節をぶっこわしてやる!!!女の子を触ってこんなことになっただなんて病院にもかかれず指の機能を失うがいい!!!!!!!!

・・・残念ながら、こう決心してから四半世紀以上、二度とチカンは現れてくれませんでした。
(見せるチカンは現れましたが、触るチカンがでてこなくなりました。)
わかるんですねえ。

だから、人に利用されがちな人は、心の中ででも「反撃してやる」と強く思うといいかもしれないですよ。
 
 


↓ ランキングに参加しています。良かったらクリックしてください ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

拍手[8回]

プロフィール

HN:
さくらねこ
性別:
女性
自己紹介:
各種ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

最新コメント

[04/12 とりおた]
[03/09 いがぐり]
[03/03 通りすがり]
[02/15 いがぐり]
[02/15 tensiroque]

忍者カウンター

メールフォーム

PVランキング

アクセス解析

ブログ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 大都会の小さな家 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS /  /