大都会の小さな家

大都会の小さな中古マンションに住むおひとりさま女の日常をつづったブログです。 注意事項: 比較的、自分の好き嫌いをはっきり述べています。 それは、単なるさくらねこの好き嫌いであって、さくらねこが嫌いな場合であっても、そのこと・ものを否定しているのでも、そのこと・ものを好きな方を否定しているのでもないことを、あらかじめ申し上げます。1記事が長めなので閲覧はPC推奨です。 リンクはご自由に、相互リンクも募集中です!

2018/07    06«2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »08
*スポンサードリンク*
本当に、なぜ、この人たちは、そんなに、自分の思った人間関係を即構築できると思うのでしょうか。
それも、相手の喜ぶことをするんじゃなくて、自分のしたいことをおしつける形で、好かれると思ってるんでしょうか。


私が失業して、1年と少し職がなくて苦しんでいた2010年ごろ、マッチングサイトでやり取りをしていた男性がいました。
その男性に、もう東京にいるのも続かないから大阪に帰ろうかと思ってます、というと、男性は「じゃあ、僕と会ってみませんか、本当はもうちょっと切り出すのは先にしようかと思ってたんだけど時間がないようだし」ということでした。

その男性とはそれなりにメールを続けていて信頼がおけそう、とは思っていましたし、だから日取りを決めて会う約束をしました・・・

が・・・ だんだんその男性の言うことが、「一緒に暮らす」こと前提になってきたのです。
住むところに困っているならすぐにでも一緒に暮らしてくれるだろう、という感じになってきました。

おいおい、顔を会わせてもいない女と結婚前提かい、と思いました。

本当に生活に困っていたので、その男性と一回でも「顔を会わせてから」、その男性が「君のこと気に入った、結婚してほしい」とでも言ってくれたら、そうすることはやぶさかではなかったのです。

でも、結婚なんて大事なこと、顔を会わせてもいない女に期待するのはおかしいです。
それは「ヨメサンになってくれるホモ・サピエンスの雌なら誰でもいい」といってるのと同じことです。

極めつけは「君のお好み焼きが食べたい」というメールの文言でした。
私はお好み焼きが得意料理、などと言ってません(むしろ自分一人でいたら作る可能性がかなり低い料理です。)
大阪が実家だといっただけです。
(しかも実家が大阪にあるといったら驚かれる、完全標準語を話す人間です。)

その男性の中で、寂しい一人暮らしだった家の中に、エプロンつけてお好み焼きを焼いて「お帰りなさい」って迎えてくれる情の熱い大阪の女が嫁さんとして居てくれる、甘い甘い幻想がむくむくと育っているのがわかりました。

もし一緒に暮らしたりしたら、私はその男性の幻想の中の嫁さんを演技して生活するかなくなります。 その男性の夢どおりに行動できなくて幻滅される、あるいは私が疲れてそれができなくなったときに、破綻することは確定的に明らかです。 なので、そういうことを書いて会うのを延期したいといったら、怒り出しました。
「もう待てない」「会うという返事じゃなければ返事しません」といわれて、終わりました。

むしろ、私が木嶋香苗や筧千佐子でなかったことを感謝してほしいと思うぐらいですが、その男性はそうは思わないでしょう。

その男性と一緒に暮らしたとしたら、その男性の思ったような嫁さんでない部分に、だんだん不満を持っていくでしょう。 そして「生活が困ってるときに助けてやったのに」という不満を溜めるでしょう。
それで腹を立てて追い出すならまだしも、「自分の思う嫁さん」になるまで閉じ込めて思うように動かそうとするでしょう。


沖縄の元友人が、何回か「ロト6が当たったら分けるから一緒に世界一周旅行しましょう」と言ってましたが、私と「友達」でいた期間に当たらなくて本当に良かったです。

もちろん本気にしたことはなかったし、もし「6億当たったから3億あげる」などといわれても、そんなの受け取れないです。
それでは対等の友達とは言えません。
もしそんな旅行をしたとしたら、どんな豪華客船のすばらしい旅でも、スポンサーである彼女の顔色を伺っての日々になって遅かれ早かれ苦しくなるでしょう。

私をあくまでも沖縄の家に泊めさせようとしたやり方を考えると、たとえばもし数億当たったとして「『半分分けるわ』なんていっても受け取らないだろうから『一週間の船旅しましょう』などと誘って実は一年の世界一周の旅を手配して、なし崩し的にさくらねこさんをしばりつけましょう」なんてされたかもしれません。
「なんで嫌がるの、私がお金出すんだからいいじゃない!言えば何でも買ってあげるから会社なんて辞めちゃえばいい」なんて言い出したとしたらホラーです。

そんなのにほいほい乗ってくる人は、彼ら以上に自己中心的で相手を利用しても平気な、それこそ木嶋香苗みたいな人間だと思います。


私、なんでこんな人ばかり引き付けるのかなあ。
今私を悩ませているのは、この問題なのです。

こういう人たちにはもう脅かされなくなったと思ったのに、またこうなってしまいました。
私はこういう人たちに狙われる何かを持っているのか、あるいはこういうふるまいを誘発してしまう何かがあるんでしょうか?

こういう人たちが、常に、孤独を抱えていて、獲物を探しているということはわかります。

マッチングサイトの男性なら、怪しければ近寄らない、どんなに責められても哀願されてもやばいと思ったら会わないということができますが、友達の顔をして、1年ぐらい交流して、こんなことをされては・・・それを防止するためには人間を完全に信用せず、誰も周りに置かないことしかないんではないか、と思うこともあります。

このような人間に遭遇しないためにはどうすればいいのか、今度このような人間に遭遇したときはどうすればいいのか、それを考えるとまた鬱が悪くなります。


そして元友人のことを考えると悲しくなります。
趣味やマッチングサイトでかかわろうとしてきた男性たちには悲しくなりません。
なぜ私が、ここまで心を開いたのに、自分の思うように笑い自分の連れて行きたいところで喜び自分の思うように一緒にいなければ「私を嫌ってるんだ!」と思ったのか。

なぜあなたは、そんなに「自分は嫌われる人間だ」「本当は嫌われてるに違いない」と心の底では思っているのか。

なぜそんなに「自分は愛されるに値しない」と思ってるのか。
相手からの信頼を受け取らず、評価も受け取らず、しかし愛や尊敬に飢えている、それはなぜなのか、あんなにも有能で素敵に暮らしているあなたは、その心の中の空虚でつぶれていくのではないか、そう、思うのです。

もう一度友達になりたいとは、思いません。
でも一度でも友達だったから、もう少し自分を信頼し相手も信頼してほしい、あなたから逃げていくわけではないと、いつか理解してほしい、そう思っています。


↓ ランキングに参加しています。良かったらクリックしてください ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

拍手[15回]

きっと、元友人は、今頃「わたしがあれだけしてやったのに恩知らず!」「さんざん私を利用して!」って思ってるでしょう。

友人は、私をもてなすのに大変無理をしていました。
私が彼女の部屋を使ってることで発生する不便を我慢してましたし、あれだけ運転するのも疲れたでしょうし、最後に一言も口をきかなくなった私を首里城まで運転して連れて行ってくれようとしたのも嫌だったでしょう・・・

でも、私は彼女の部屋に寝たいなんて頼んでません。むしろエアコンが問題なんじゃないホテルに泊まりたい、と言ったのです。ホテルに泊まりたいといったのです。 それを「エアコンがあればいいんでしょ」「いいからいいから」と無理やり部屋を交換したのは彼女です。
その後の、彼女の不便を見て、やっぱりホテルに泊まるというと、「こんなにしてあげてるのに何が不満なの!」と怒鳴りつけられました。
海中道路が見たいなどと言ってもいません。むしろ疲れているから昨日見て無かった近場の残波岬と前日みかけた市場を観たいとは言いましたが、遠くへのドライブを頼んだ覚えはありません。

きっと「沖縄料理を食べさせてあげて、沖縄の地元の人と交流させてあげたのにちっとも楽しそうじゃない、恩知らず!」って思ってると思うけど、それ一番嫌だったから。
だいたい、私が嫌がってる、誘っても断るということは友人にはわかってたと思うんです。「晩御飯ないよ」って言ったときの勝ち誇ったような顔がそれを物語っています。 (その顔を思い出すと具合が悪くなります。)

「私と外食するの嫌がってるみたいだけど晩御飯ないっていえば来るでしょう」と思ってたと思います。
わざと私を痛めつけるためにやった・・・と時に考えちゃうこともありますが、おそらくは嫌がってるけど連れて行けば楽しむハズ!楽しめば私と毎晩飲み屋に行ってくれるようになるハズ!みたいに思っていたのだろうと思っています。

それは、私のためじゃない、彼女のさせたいことを無理強いしていただけです。
数日まともに寝てなくて、沖縄の暑さにあたって、毎日長距離のドライブにつれまわされて、泡盛を無理やり飲まされて、沖縄のおじさんたちに腕をさわられたりして、精神的にも肉体的にもぶっこわれた私が黙りこくっているのさえ、「私が嫌いなんだ、ここまでしたのに」って思うほど、「自分の思うように自分を気に入ってもらいたい」人だっただけです。


これも、昔、2に書いた大手商社の人のころより少し前に、私のホームページによく来ていた男性から、似たようなことをされたことがあります。

昔の、HTMLでいちいちページを作成してアップロードしていたころのことです。
自作小説のホームページで、その小説の誤字を指摘してきて、私がそれに対してお礼を言ったことから、足しげく私のホームページにきて、掲示板に書き込みをしてくれていました。
そのうちに、私に会いたいと言い出しました。
断っていたのですが、フランス料理のフルコースをおごるとまで言い出しました。
(私の小説中にそういう描写があったことからそういう発言が出てきたのだと思います。)

正直いってその男性は教えたがりで、嫌いでした。
でも、「男がそこまで言ってるのに」といわれ、また周囲も「そこまで言うならお誘いを受けたら」というアドバイスをしてきたので、お会いすることにしました。

フランス料理の店で、ディナーコースは、メインが魚と肉の完全なフルコースと、メインを魚か肉かどちらかを選べる、それよりお安いコースがありました。

私は、魚と肉を両方食べるのはちょっと量が多いと思い、魚か肉かどっちかにしようとメニュを見ていると、その男性はウェイターに完全なフルコースの方を頼んでしましまいた。
私が止めようとすると「いいからいいから」と、無理やり高いコースのほうを頼まれてしまいました。

お店に到着する前にもいろいろありましたが、お店の中でも、その男性は本当にうざいウンチクを語ったり不愉快だったのですが、さらに私に「アドバイス」をしてくるのです。
「海外旅行をしたことがありますか」と聞かれて、「したことがない」と答えると、「どうして海外旅行しないんだ、視野が広がるのに」などと言ってくるのです。
「いやお金もないし」というと、「そのぐらいのお金をねん出したほうが、視野が広がるのに」などと言ってくるのです。
「いや、いま無職でお金がないから」というと、「どうして仕事をしないんだ」などと言ってくるんです。
「いや、不況でなかなか仕事に就けないんです」というと、「採用されるまでなん十通で何百通でも履歴書送ればいいじゃないか」などというのです。
そんなこと、しています。

その男性に言いたくなかったから言わなかったけど、大学卒業時に大病をして新卒カードを使い損ねた私です。
その後、働けるぐらいには回復しましたが、不況がひどくてまともな仕事はなかなかありませんでした。

男性とあっていたそのときは我慢しましたが・・・翌日に、その男性から「次のデート」を誘われてブチ切れました。
メールで、その男性とデートして嫌だったこと(うんちくたれたりその他不快なこと)や、特に病気で就職できなくて今苦労してるし、それを会っただけのあなたにしつこく「何百通でも履歴書送ればいいとか簡単に言われたくない」と言いました。
返事が来ないので、「ごめんなさいぐらいはないのでしょうか」というと、「一回、黙って聞いてやったのに、恩知らず」「さんざん利用しやがって」ほか、聞くに堪えないようなことを言ってきました。

・・・たぶん、沖縄の元友人も、「あなたもきつかったとは思うけど、こちらが嫌がってるのに無理に飲み屋に連れて行ったこととか謝ってほしい」なんて言おうものなら、「さんざん利用して」っていうんでしょうね・・・。

していらないことを押し付けて、思った反応を得られないと「利用された」って言われてもこちらは困ります。

わたしはそれよりお金や手間の要らないことを望んでも、「いいからいいから」と彼らのやりたいほうを無理強いするのです。
(本当に、彼女の「いいからいいから」は、25年近くも前の、フランス料理男性を思い出してしまうようなほど似ている言い方でした。あんたの意見とかはいいから、私のやりたいことを黙って受け取ってればいいから、ってことなんだよなって思います。)


元友人とその男性との共通点はまだあります。
その男性とデートしていたとき、途中で私がお手洗いに入ったんですが、出てきたときに、その男性が「女子トイレに通じる通路の真ん中に仁王立ち」していたのにびっくりしました。
その男性はそれまでに最低1回は、誰か女性とデートして、「お手洗いいってくるね」と言った女性がそのまま逃げだしたんだろう、と思いました。

同様に、沖縄の元友人の家に一晩泊まって、心身ともに悪くなりそうだったのでエアコンを理由にホテルに宿替えすることを言ったときの彼女の態度を見て、逃げられたことがあるんだと直観しました。


その他、この男性と元友人には奇妙な類似点がありました。
それは、とても褒められたがっているのに、いざこちらが褒めたら「こんなもの」というところです。
この男性が、大阪市立大学卒だと言ったので「いい大学ですね」と私は本心からほめたのです(なぜなら私は大阪市立大に不合格だった!それに偏差値からしても良いほうの大学だと思います)。
でも、その男性は自ら「この程度の大学!」などというのです。
そんなに褒められたがってるなら褒めたら喜んだらいいのに。
(たぶん、私が大阪市立大は不合格だったなどと言ったら「この女に対して上にいけた、マウントとれた」とニッカと喜んだでしょうけれど・・・。)

元友人も、元友人の手料理を褒めても「こんなもの」、連れて行ってくれたかき氷の店を褒めても「こんな店」と喜ばない。 人に評価を無理強いした部分で喜んで見せないと彼らは受け取れないようです。 せめて、誉め言葉を素直に受け取ってくれる人であってほしかった。

無理やり、してほしくもない親切を押し付けて感心させようとはするけど、これをしてほしいと頼んだことは、たとえ「家にあるスイカを食べて静かに過ごしたい」といった全くお金も手間もかからないことでも絶対却下します。
「私がこんなにお金と手間をかけてあなたを連れて行ったんだから私の思うように喜びなさい、私の褒めてほしいところを褒めてほしいように褒めなさい」という態度をとるとしたら、それはとてつもない傲慢だし、そんな態度をしたらどんな人間でも逃げるでしょう。


私は、対人関係が苦手だけど、こうした欠点はないように思います。
ただ、こうした人間になぜ巻き込まれてしまうのか、と悩んでしまいます。

今まで「彼女を欲しがっている男性」にそういうことが多かったので男性に用心していたのですが、女性でもそういうことがあるとはびっくりだし、なんだか人間が怖くなってきました。







↓ ランキングに参加しています。良かったらクリックしてください ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

拍手[10回]

プロフィール

HN:
さくらねこ
性別:
女性
自己紹介:
各種ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

最新コメント

[07/07 通りすがり]
[07/05 ミリン]
[07/04 やまこ]
[12/24 ゆみお]
[12/19 ぽんこ]

忍者カウンター

メールフォーム

PVランキング

アクセス解析

ブログ内検索

| HOME Next >>
Copyright ©  -- 大都会の小さな家 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS /  /