大都会の小さな家

大都会の小さな中古マンションに住むおひとりさま女の日常をつづったブログです。 注意事項: 比較的、自分の好き嫌いをはっきり述べています。 それは、単なるさくらねこの好き嫌いであって、さくらねこが嫌いな場合であっても、そのこと・ものを否定しているのでも、そのこと・ものを好きな方を否定しているのでもないことを、あらかじめ申し上げます。1記事が長めなので閲覧はPC推奨です。 リンクはご自由に、相互リンクも募集中です!

2019/01    12« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »02
*スポンサードリンク*
前回のエントリーで話したことが途中になっているのですが、自分でも中に渦巻いている得体のしれない不安をうまく言えないでいます。

前回書いた、昔のネット上の知り合いLさんと、Lさんについてあれこれ言う2ちゃんねるのスレッドについてですが、おそらくLさんから実際に迷惑をかけられた人間はあまり該当スレッドに書き込みはしていないだろう、と思うのです。

Lさんは、前に書いたように、自己顕示欲が強くその割に実力は伴っていない人で、20歳ぐらいまでなら「子供だから」「若いから」となんとか我慢してもらえたぐらいの人で、そのままの性格で30代も半ばになれば、周囲からの鼻つまみにしかなりません。

しかも、若いころは(作品の質はともあれ)完成させていたのに、今は内容も未完成で、ホチキス止めもしていないような紙束をコミケで売っているという劣化具合だそうです。
金銭的なトラブルも多々あるそうで、例えばせっかく「2ちゃんねるの噂は信じないから」と友達になってくれた人たちに、多大な金銭的な迷惑をかけて嫌われたりしているとのことです。
(最近流行した、スケートのアニメの聖地への海外旅行で、その国はビザが必要なのですが、Lさんの過失で帰りの飛行機に乗れず、ビザぎりぎりでの帰国で大幅に足がでたとのことです。)

ただ、そういう、本当に迷惑をかけられた人は、2ちゃんねるの該当スレッドには書いていないだろうな、と思うのです。
私はそこまでではないですが、Lさんと話をして大変嫌な思いをしたことがあり、はっきり言うとLさんならその種のことをやりかねないと思いますが、だからといってそれを2ちゃんねるに書きたいとは思わないです。

あるいは誰かがLさんにかかわっていたら「こういうことがあったからこの人とはかかわらないほうがいい」とは言うかもしれませんが、Lさんのツイッターをいちいちガン見して「プププ、寂しがってるのが見え見え」「こんな時間にすごいツイ廃、発狂モードだ」みたいなことを匿名掲示板で書くのは違うんじゃないかと思うのです。
(書いているのは、Lさんに金銭的な迷惑をかけられたり、1日に数百通の怒涛のメールをよこされたりするような実害があった人ではない、「こんなキモい奴が自分と同じキャラが好きなのが許せない」程度の害の人たちだろうなぁ、と感じます。)

Lさんは、非常識な人間で、かかわると不愉快な思いをするけれど、それだけに「避けるべき人間」であるとわかります。
でも、Lさんのことをいわゆる「ヲチ」している人たちは、普通の、常識人の顔をしているだろうというのがなんともいえず、底知れない不安を感じさせます。

表面は普通に接している人が、影では「あいつバカだぜプププ」的なことを言い合っているんじゃないか、と思うと、胃袋の中のものが逆流しそうな嫌な気分になります。

Lさんは、そういう人だから、誰も友達がいなくて、でも寂しがり屋なので一生懸命につながりを作ろうとします。
何かのイベントのチケットを2枚とって「誰か一緒に行きませんか」とツイッターで声をかけまくります。
それを「この人はトラブル多いので要注意、手に入りにくいチケットでも行かないほうがいい」というのはアリだと思うのですが、そういうのを「寂しがってるのが見え見え」「出会い厨」みたいにウワサしあうのは違うというか、あんなムナクソ悪い人のツイッター(しかも1日に100回ぐらいツイートするツイ廃の)をいちいち見てこんなところまで突っ込んで嗤いあう人たちも、同じレベルでムナクソ悪いのです。

Lさんに同情しているのではない(いい気味とも自業自得とも思わないけど、あのままならこうなるのは当然よねとは思う)、私の周りにもきっと、そういう「常識人の顔をして裏では人を嗤いものにしている人」がいるんだろう、それもかなり多く、というのがたまらなく不安で、嫌な気持ちなのです。

すこしだけ、今思っている不安を吐き出せました。

まだ、別のことも不安を持っています。

長くなったのでまた後日に書きます。






↓ ランキングに参加しています。良かったらクリックしてください ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

拍手[8回]

無題

お久しぶりです。怒られそうですけど、還暦直前の老婆心と思って。心を病んだタイプの人の言説には特有の魅力があります。わたしも昔から引き込まれて読む事があるので、自分にもそう言う部分が存在するのだろうと思います。が、それは普段、善良な人々に囲まれて安定した生活を過ごしているから「趣味」の範囲でとどまるものです。

ご自分のその傾き自体が危険なものだと自覚して、そちら側に引き込まれてしまわないように細心の注意を払って暮らして下さい。精神が不安定だったり、生活に不安があったり、冬で日光が不足したり、そんな時は意図的にリアル世界で無事に生きることに専心なさいますように。優しい知人と穏やかな時間を過ごして下さい。あたかも自分は善き人だと偽って生きていく振りをして、そのような努力をしていけば、そのようになっていきます。それは自分で決めていいのです。
by やまこ 2018/12/20(Thu)09:48:16 編集
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
さくらねこ
性別:
女性
自己紹介:
各種ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

最新コメント

[01/17 こけこつこ]
[12/20 やまこ]
[10/22 やまこ]
[10/20 通りがかかり]
[09/18 するめ]

忍者カウンター

メールフォーム

PVランキング

アクセス解析

ブログ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 大都会の小さな家 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS /  /