大都会の小さな家

大都会の小さな中古マンションに住むおひとりさま女の日常をつづったブログです。 注意事項: 比較的、自分の好き嫌いをはっきり述べています。 それは、単なるさくらねこの好き嫌いであって、さくらねこが嫌いな場合であっても、そのこと・ものを否定しているのでも、そのこと・ものを好きな方を否定しているのでもないことを、あらかじめ申し上げます。1記事が長めなので閲覧はPC推奨です。 リンクはご自由に、相互リンクも募集中です!

2017/04    03« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »05
*スポンサードリンク*

ブログ村には「おひとりさま」カテと、「一人暮らし」カテがあります。

つまり「おひとりさま」と「一人暮らし」は違うわけです。
もちろんこのふたつのカテゴリに同時に登録してらっしゃる方もいらっしゃいますが、どうも「一人暮らし」のなかのある特定のかたちとしての「おひとりさま」なのではないかと、思います。

ただ単に「一人暮らしをしている人」を「おひとりさま」とは言わないようです。

*スポンサードリンク*




「おひとりさま」カテにいる方たちのブログを見ると、男女比はやや女性のほうが多いような気がします。

年齢層は、30代半ばぐらいのアラフォー世代から、60歳手前ぐらいの、いわゆる「壮年」「働き盛り」の人間であることが多いです。
たとえば24歳ぐらいの人が一人暮らしをしても「おひとりさま」とは言わないようです。
カテゴリー的に60歳以上のおひとりさまはあるけれど、今のところは少ないようです。(今後は増えるかもしれませんが・・・。)

おそらく「もうすでに結婚しているべき年齢なのにもかかわらず、非婚主義で自発的に、あるいは何らかの理由で婚期を逃して非自発的に、結婚していない人たち」という意味合いが「おひとりさま」にはあるように思えます。

配偶者に先立たれての一人暮らしは「おひとりさま」カテではなく、「一人暮らし」カテに当てはまるようです。

離婚して一人暮らしは、どちらかというと「一人暮らし」に入るようです。特に再婚への意思があまりない、淡々と暮らしている場合は「一人暮らし」に入るようです。
離婚して、「結婚にはこりごりだけど恋人は欲しい」「婚活して配偶者を見つけようとしている」だと「おひとりさま」に入るようです。

「できれば結婚したい」「婚活に励んでいる」人は「おひとりさま」に入る感じがします。

また、恋愛や結婚に限らず、対人関係的に何か周囲の人間と溶け込めない、人間関係がうまくいかない、他人が煩わしい・・・という傾向も「おひとりさま」ブログに多いようです。

「おひとりさま」というのは、ただ単に一人暮らしであるということではなく、本来は、結婚をしていて社会的にも一番脂ののった時期でたくさんの人間関係が避けて通れない時期に、それらを避けて生活していること、そしてそれに対して引け目のようなものを持っていることを、どこかに含んでいるような気がします。(もちろん当てはまらない方もいらっしゃるのですが。)




「一人暮らし」にしても「おひとりさま」にしても、どちらにも共通しての関心事は、やはり「お金」です。

貯金や資産が億あるいは数千万あったりするような人から、無職やワープア、借金もちまでさまざま。
それからそれに派生して「資産運用」(株など)も関心が高いテーマです。


また「住む」、これの関心が非常に高い。
ビンテージマンションをオシャレにフルリフォームしちゃう人から、1Kやワンルームに住む人までいます。
またインテリア雑誌に取り上げられるほどのピカピカな家から、ごちゃごちゃの汚部屋までこれもさまざまです。


「食べること」、これも非常に取り上げられることが多いです。
これもお取り寄せグルメやお高いレストランなどの食事を写す人から、毎日の節約食の人までさまざま。


それから「家族」。これはバラエティに富んでいる。
よく家族同士行き来する仲の良い家族もいれば、毒親から逃れて一人暮らしをしている人もいる。親と死に別れたあと独りぼっちになった人もいる。
配偶者とは離婚したが子供たちとは交流がある人もいる。
ずっと離れて暮らしていていきなり介護が発生したり、汚屋敷を相続したり、などということもあります。
私のように、ニートの兄弟姉妹が居るというひともいるでしょう。


また、特に「おひとりさま」ブログに多いのは、「健康」「アンチエイジング」だと思います。ダイエットも含みます。
20代の若い人とは違って、「美容」が「アンチエイジング」よりなのです。
若い女性なら、ダイエットとファッションは興味があるかもしれませんが、「健康」はそれほどの関心事ではないでしょう。健康が当たり前なのですから。
しかし、私を含めて「おひとりさま」年代の主要関心事であるようです。


全員ではないけれど「ペット」も非常に多いテーマです。
ひとりぐらしだと、やはり、寂しさを癒やすものとして、ペットは重要な位置を占めるでしょう。
・・・ちなみに私は猫好きですが、ペットは飼っていません。
自分が責任を負えるとは思わないので・・・。


全員ではないけれど「再就職」というテーマも割と見ます。
これは、いきなり職を失ったり、今まで非正規雇用ばかりだった人が老後を見据えてなんとか・・・という、割と重い話であることが多い。

この年代で、暮らしていけないことはない給料をもらっていて「さらにステップアップ、給料アップしてやるぅっ!」という私のようなタイプは珍しい気がします。


「終活」も話題になることが多いです。
やはり、40代50代になると、「終わり」がちょっと遠くに見えてきます。
私は、自分の終わり支度を、「終活」と言うのはあまり好きではありません。

就活や婚活は、ガツガツと活動して結果が出るものですが、自分の終わりは、自分で決めることができません。お墓を用意しておいたり遺言を残すことはできますが、お迎えがくるのを自分で決めることはできないです。
ガンなどの重篤な病気で、「そろそろ・・・」を悟ることもありますが、それでも自分の死ぬ日を決めることはできません。(「尊厳死を認めている州に移住して自分で死ぬ日を決めた」アメリカの方がいましたが・・・まだまだそこまでする人は少ないと思います。)

なんか「終活」という言葉は、終わりの日まで自分でねじふせようとする現代人の傲慢すら感じてしまいます。

もっと自然に、終わりに備えたいと思っています。


↓ ランキングに参加しています。良かったらクリックしてください ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

拍手[10回]

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
さくらねこ
性別:
女性
自己紹介:
各種ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

最新コメント

[04/12 とりおた]
[03/09 いがぐり]
[03/03 通りすがり]
[02/15 いがぐり]
[02/15 tensiroque]

忍者カウンター

メールフォーム

PVランキング

アクセス解析

ブログ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 大都会の小さな家 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS /  /