大都会の小さな家

大都会の小さな中古マンションに住むおひとりさま女の日常をつづったブログです。 注意事項: 比較的、自分の好き嫌いをはっきり述べています。 それは、単なるさくらねこの好き嫌いであって、さくらねこが嫌いな場合であっても、そのこと・ものを否定しているのでも、そのこと・ものを好きな方を否定しているのでもないことを、あらかじめ申し上げます。1記事が長めなので閲覧はPC推奨です。 リンクはご自由に、相互リンクも募集中です!

2017/08    07« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »09
*スポンサードリンク*
イオンの株主優待が、来ました。
イオンの株主優待は、イオン系列のお店でオーナーズカード提示で、購入金額の数パーセントを半年ごとにキャッシュバック、というものです。

100株なら3%がキャッシュバックされます。

去年の12月末ごろ、1株1800円ぐらいで、買いました。
そのあとぐんぐん株価が下がり、3万円以上の損になっています(泣)。

さて、肝心の株主優待は・・・400円でした(大汗)。
1万2千円しか使っていないらしいです。

しかも、近所のまいばすけっとでは換金できず、一番近いのは東雲のイオン・・・。
東雲のイオンは、車があれば10分かからないようなのですが、わたしのところから公共交通機関のアクセスが悪く、非常に面倒です。
無料送迎バスがあるのですが、月島まででなければなりません。

一度東雲のイオンは行ってみたいと思ったので、これを換金しにいこうとは思っていますが・・・

これ、たとえば「食べ盛りの男の子が三人いる家庭」で、大きなイオンが近くにあって、食品や基本的な医療品など全部イオンに依存していて、月8万円以上つかっていれば、非常にお得です。
年100万円までなので、半年50万円使うとして、半年に1万5千円がキャッシュバックされます。
これは大きい。
年にしたら3万円。
今だと1400円台なので、15万円あれば100株買えちゃうし、そうすると年利20%の株主優待ですよ奥さん!
こういうご家庭なら無理しても買っといたらいいんじゃないかって思いますが、私にはまったく無用の長物でした。

ローソンと合併でもして株価上がってくれないかなあ、もうちょっと買った時の値段に近くなったら手放しちゃう。





お金が欲しいです。
今すぐ使うお金に困っているというよりは、このままだとこの家を維持できないからです。
このまま最初に決めたペースでローンを支払うと、終わるのは73歳です。

73歳までローンを払い続けるのは無理なので、倍速でローンを払わなければなりません。

東京オリンピックまではこの家は買った時の値段より高く売れるはずです。
それ以降は年数的に無理+大きな不況がくるでしょう。

なので、あと3年半のうちに「年収が継続的に+100万円以上になる」または「まとめて1500万円以上の収入を得る」ことができればこの家を持ち続ける、無理なら売る、ということを計画しています。

年収上げゲームです。

年収を上げる方法は、法を犯さないものであれば手段は問いません。
また複数の合わせ技でもよいです。
(例えば転職で+50万円とブログ収入が+50万円とか、そういうのでもいいのです。)

転職で年収を上げるのが一番王道でしょうけれど、何らかの副業やブログ収入、株、小説、なんでもありです。

3年半後にどういう結果が出ているかは、お楽しみですね。


 *


私が今書いている小説は、入賞するとは思わないし、入賞しても、出版されるかどうか、出版されても障害者を扱っている点で、映像化は無理だなあ、と思っています。

決して障害者を差別する内容ではないのですが、障害者を扱っていること、特に、世間的には「善」とされやすい、「障害を持つ子を普通学級に入学させる」親を批判しているものなので、最も非難を受けるでしょう。
(実際は、娘の体調も考えずに自分のエゴだけで普通学級にごり押しする母親や、自分のところにさえ来なければよいと考える親たちや、感動のドキュメンタリーを撮影しようと絵になる生徒だけ撮影するテレビ局のディレクターなど、身勝手な登場人物の中で、唯ひとり身勝手でないのは、寝たきりの障害を持つ女の子なので、決して障害者を非難したものではないです。)

もうひとつ考えている作品も、非常に地味な作品です。
父と兄を戦争で亡くし、兄にかばわれて生き延びたため、PTSDに悩まされる少年の話で、非常に地味すぎる。
少年は父を戦争で亡くしたことで周囲から同情されいろいろ優遇されるけれど、そのことがかえって彼にとって世界がいまいち現実感のないものになってしまう。
主人公の同い年の知り合いで、お父さんが他に女を作って出て行ってしまった子がいて、その子から非常にいじめられたりする、また主人公の従兄の少年は優れたものを持っているのにもかかわらず父親からディスられてグレている、そんな従兄とその父の間をとりもとうとする主人公が、最後に自分を取り戻す話なのですが、いい話だけど、地味。

恋愛要素があれば「君の名は。」みたいな感動アニメとして映像化できそうだし、無垢な女の子が主人公ならジプリアニメになりそうだけど、出てくるのほぼ男性ばっかりだというジミでヘンな話。

なので、最近は「一般受けする」「映像化できる」「シリーズ化できる」ような作品をひとつ書きたいなと思っています。

ひとつアイデアはありますが、まとまるまでは公言しません。

当たれば大金持ちですね!
(あくまでも書き上げられたら、そしてそれが当たれば・・・の話ですが・・・。)





↓ ランキングに参加しています。良かったらクリックしてください ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

拍手[11回]

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
さくらねこ
性別:
女性
自己紹介:
各種ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

最新コメント

[07/05 Cocco]
[07/03 なな。]
[06/28 なな。]
[05/25 Cocco]
[05/25 たまこ]

忍者カウンター

メールフォーム

PVランキング

アクセス解析

ブログ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 大都会の小さな家 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS /  /