大都会の小さな家

大都会の小さな中古マンションに住むおひとりさま女の日常をつづったブログです。 注意事項: 比較的、自分の好き嫌いをはっきり述べています。 それは、単なるさくらねこの好き嫌いであって、さくらねこが嫌いな場合であっても、そのこと・ものを否定しているのでも、そのこと・ものを好きな方を否定しているのでもないことを、あらかじめ申し上げます。1記事が長めなので閲覧はPC推奨です。 リンクはご自由に、相互リンクも募集中です!

2017/10    09« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »11
*スポンサードリンク*
昨日の記事の拍手コメントに「山村紅葉に似ている」というのが目立ちました。
そんなに似てますか?
(ぽっちゃりで目鼻が大きいってことね要するに!)

実は少し前に、別の人からも、おそらくそういいたかったんだろうって思われることを言われていました。ただし「山村美紗」って言われました。
山村美紗は、細くて顔が長く全然似てないので、おそらくその人も「山村紅葉」と言いたかったんだろうと思います。

山村美紗みたいに、小説を執筆中に帝国ホテルで死ぬってのはかっこいいなあと思います。
(死なれたホテルは嫌でしょうけれども・・・いや山村美紗ぐらいの有名人なら「ここが山村先生が亡くなった部屋」として価値がでるかもしれないけど。)
死に方ではあこがれますね。


***スポンサーリンク***



じゃあ、どのように生きたいか、あるいはどんなありかたをしたいかといわれたら・・・

三国志の話で、呉が魏の領内にせめて来たとき、曹操は、配下の将軍の張遼(ちょうりょう)・李典(りてん)・楽進(がくしん)の3人に命じてこれを防がせました。

ところがこの三人は、仲が悪かったのです。

しかし李典が「戦は国家の大事だから、この戦の間はお互い協力して当たろう」といって、張遼も楽進もそれに賛成して、みんなで力を合わせて呉に大勝しました。
(三国時代の歴史から書かれた小説「三国志演義」では、これを提案するのは張遼になっています。李典は地味で、張遼は人気がありますから・・・。)

しかし言い出したのが三人のうち誰であったとしても、お互いにそれがいいと同意して、そのようにふるまえたのは、三人とも立派だと思っています。


逆に嫌だと思うのが、同じく三国志の話で、諸葛孔明配下の魏延(ぎえん)と楊儀(ようぎ)はお互い非常に仲が悪く、孔明は二人をなだめるのにかなり苦労していました。
五丈原で孔明が没した後、魏延はさっそく「楊儀が裏切った」と言いふらし、楊儀を殺そうとし魏への侵攻を続けようとしました。
しかし孔明は死後は「撤退」を命じていて、撤退の際の指令は楊儀が出すように命じていました。

つまり魏延のほうが裏切り者になってしまい、魏延は斬首されてしまいます。

 

楊儀はその首を踏みにじり「これで悪さはできまい」と喜んだといいます。

しかし楊儀のその後もいいものではなかったです。
撤退の際の司令官だったので、楊儀は自分が孔明の後継者に選ばれると思っていましたが、選ばれたのは他の人でした。孔明は、楊儀の業務的な手腕は買っていたものの、丞相にできるような人柄ではないと思って別の人を指名していたのです。

楊儀はこれに失望落胆して、孔明が没したときに魏についてりゃよかった、などと言ったために、反逆の意思ありと思われ、流罪になり、その後さらに自害を命じられてしまいます。


三国志ではよく「曹操は天の時を、孫権は地の利を、劉備は人の和を、それぞれ得た」と言われているけれど、実際のところは、曹操陣営の武将のほうが少なくとも大事に当たって協力できるだけ大人であると言わざるを得ないです。


張遼や李典や楽進のようでありたい、と思います。
(ここでいったん区切ります。読みたい人だけ右下の「続きはこちら」で続きを読んでね。)






でも、そうなるためには、周りも同等の人間である必要があります。

いろいろA氏のことを書いてますけれど、A氏があんなことをするのは、まわりもA氏みたいな人間だからです。

入社した最初から、私を異常に嫌う人たちがいました。
「こいつの存在を認めてやるもんか」
「仕事を頼んだら負けだと思ってる」
「うわあキモい」
みたいな態度をし続けるのです。
入社した初日からです。

男性ではG(A氏と非常に仲良しです)、Fという女性の営業、Nという女性の営業事務、あとで入社して今は産休中の女性Yです。
それから表面は友好的に接してくれていたけど悪口女Sもその仲間です。

私だけにするのであれば私に問題があるのかもしれませんが、彼らは入社した人入社した人、いびりだすのです。(後から入って定着してるのって、同じ性格のA氏とYだけだよ?)

悪口女Sが「あいつつかえねー」といっていた営業マンが、ここより大きいところで活躍しているんですよ?

うちの会社のその部門は、もともと人材派遣を扱っていて、しかし人材派遣業ののれんを売り渡すことになりました。
そのとき、NとYが買ったほうの会社に出向しました。
いつも私を汚らしいもののように扱っていたNが、そのときはものすごく低姿勢でした。
そうだよね、人材派遣の営業事務で、人材派遣業務がなくなるとしたら、自分の居場所がなくなるわけですから・・・

私は、そんなNに、親切にしたつもりです。
そんなときに意地悪をして仕返しをしたりするなんて、愚かだし、何よりも会社のためにならないです。

でも、どうにか解雇とかやりたくない仕事に異動とかの可能性がなくなったら、Nはもとの態度に戻りました。

本当にびっくりです。
その前の日までなんか下手に出ていたのが、また無視に戻ったんです^^;

私と会社出るのが同じになったら「うわあキモいまさか私と一緒に帰りたいとか言い出さないわよね」みたいな態度を・・・私の方こそ遠慮したいです。

「自分が意地悪したのに意地悪しかえさないさくらねこさんいい人、これから友達になろう」なんて思ってくれなくていいですが、「こいつは意地悪しても仕返ししないから、自分のクビはつながったしこんなキモい女と口ききたくないわ」じゃねえ。

またもしNが困ったことになったらどうしますか、といわれたら・・・残念ですが、会社にかかわることであれば、Nを助けます。
決して「自分が悪くしたのによくしてくれて」なんて思わない人なことは分かっています。
でも会社にかかわることであれば、個人の感情より優先します。
(もし私的なことだったら・・・そりゃもう、ね。もし例えばNがガケから落ちそうだったら・・・ウヒヒヒヒ)

あの人たちは、私がこんなことを思って黙ってるってこと、きっとわからないと思います。
「あいつ頭が悪いから気が付かない」「弱腰だから言わない」みたいにしか思っていないと思います。

こんな人たちばかりだったら、そりゃもう張遼や李典や楽進にはなれません。
せいぜいストレスを我慢して、魏延の首をふみにじらない楊儀にしかなれません。

人材派遣業があったころは彼らが何人人をいびりだしたかわからない、最低4人はいびりだしであることは確かです。

人材派遣業がなくなってからの営業マンも、2人、短期間で辞めています。

昨年の4月に入社した人について、上記Fが前日に「新しい奴の名前もしらんわー」と、会う前から排除モードに入っていました。またFやGや悪口女などがいろいろ悪口を言っていました。

新しい人は居眠りをしている、雑誌を読んでいるというのだけど、そりゃ入社前から無視モード・排除モードで仕事も教えないのにそうするなってほうが無理です。

そのことをそのころの事業部長に言って、対応してもらいましたが、やはり一週間で飛び出すように辞めてしまいました。(最初から無視モードでおかしい、仕事を教えてあげてください、ということを伝えました。)

次の人が半月ぐらい後に入社して、私の進言があってか、前の人より扱いはひどくなかったです(仕事を教えたりはしていた)。
でもやっぱり3か月で飛び出しました。

今は、韓国人の新卒の子が入っています。
礼儀正しく、大きな声であいさつするいい子です。
彼に「そのポジションは何人も人が1年以内で止めています。ひどい場合は1週間のこともあります。もし働いていて無理だなとか厳しいと思ったら無理なさらずに」と伝えています。
具体的には言っていません。
彼は感じのいい人なので、ひょっとしたらあの難しい人たちともうまくいくかもしれないからです。
あくまでも「何人も人が1年以内で辞めている」という事実を伝えて、無理を感じたら辞めても問題はないよと言っただけです。

今のところ、彼は難しい人たちから受け入れられているようです。

願わくば、彼が、難しい人たちの悪い面に染まらず、良い面を保ったまま、有能な営業マンになってうちの会社を支える人に育ちますように。

自分が気に入らないからって、無視をしたり、仕事の情報を与えなかったり、仕事を教えなかったりするようないじめをする会社って、どんどん業績が悪くなるからです。
そりゃそうです、せっかくお金と労力をかけて採用した新しいメンバーをそうやっていびり出すのは、そのほうにエネルギーを使うことになるし、新しいメンバーも生かされないから、当然業績が下がります。
(A氏を含めた難しい人たちにぜひ読んでほしいブログ。)

うちの会社も、そういう人のいない事業部は黒字で、そういう人の塊の事業部は赤字です(人材派遣ののれんを売った年を除く)。

でも、あの人たちはわからないんだろうな。
あまつさえ、A氏なんか、頭はいいから「こんな沈みゆく状況で俺は努力しています」のアピールはするんだろうと思います。

だから、そういう悪い面がなくてかつ有能な人には育ってほしいとおもっています。



私は、会社のためになりたいと思っています。
ボロボロだった私をなぜか拾ってくれた会社で、しかもそれなりの待遇でした(すくなくともこの家の住宅ローンが通る程度には)。
休みがち遅れがちだったけれど、それをあまりうるさくいわずにいてくれたから、本当にありがたかった。
しかも、こんな私の働きでも、いい人が集まってるほうの事業部は、とっても感謝してくれました。

だから、私は嫌なことをされても会社のために黙っていますし、会社のためにそういう人でもいやがらせをし返したりはしません。
いじめられている人がいたら、力が及ばなくてもそうならないように心を配ります。
あの難しい人たちには、きっと理解できないことでしょうね。


次は・・・仲が悪くても、仕事の上では私情を抑えて協力しよう、と言い合える人たちのいるところで働きたいです。
(本当は体が良くなって休みがち遅れがちでなくなった今、その分恩返しすべきなんでしょうけれども・・・)



↓ ランキングに参加しています。良かったらクリックしてください ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

拍手[11回]

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
さくらねこ
性別:
女性
自己紹介:
各種ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

最新コメント

[10/13 Zebra]
[09/23 mika]
[09/20 こけこっこ]
[09/19 こけこっこ]
[09/06 通りすがり]

忍者カウンター

メールフォーム

PVランキング

アクセス解析

ブログ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 大都会の小さな家 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS /  /