大都会の小さな家

大都会の小さな中古マンションに住むおひとりさま女の日常をつづったブログです。 注意事項: 比較的、自分の好き嫌いをはっきり述べています。 それは、単なるさくらねこの好き嫌いであって、さくらねこが嫌いな場合であっても、そのこと・ものを否定しているのでも、そのこと・ものを好きな方を否定しているのでもないことを、あらかじめ申し上げます。1記事が長めなので閲覧はPC推奨です。 リンクはご自由に、相互リンクも募集中です!

2018/10    09« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »11
*スポンサードリンク*

かねてから、父と母を埋葬しなければならないと思っていました。
「手元葬」といえば聞こえはいいけれど、私が生きている間はこれでもいいけれど、死んだらゴミなので、そうなる前にどこか墓所に埋葬しなければならないと、思っていました。

しばらくブログ更新できなかったのは、体が悪かったことより、いろいろ忙しかったです。

そして先日、9/25に、埋葬してきました。

縁もゆかりもない地で申し訳ないけれど、京都宇治の風光明媚な土地で、桜の木の下に埋められているのなら、まあ、いいでしょう。
お墓自体が60万円で、そのほか諸費用が数万円かかりました。
これが今の私に出せるせいいっぱいで、それで(年額費用とかなく)永代供養で公園墓地として草むしりなどしてきれいに保ってくれるならいいかなと思っています。

墓地やその周りについては写真は撮っていません。

 *

24日に、宇治に前泊しました。

新幹線の中でお昼。
お味は・・・まあこんなもん?



宇治の風景。



宿の室内。



窓から宇治川が一望できます。



晩御飯はうなぎ弁当。
ウナギはおいしかったけど・・・もうちょっとうなぎあったらなぁ。



夜は鵜飼を見ました。



鵜匠さんはお二人で、お二方とも女性でした。



翌朝のご飯。
この写真には写っていませんが、横に、湯豆腐がありました。



このあと、墓所にいって埋葬してきました。写真はなし。

お別れのあと、疲れたので宇治のスタバで一休み。
宇治のスタバはとても素敵な中庭に面しています。



 

そのあと、隣の「竹林」でお昼。
夕霧御前という、お昼のメニューをいただきました。



大阪に移動。
鉄ちゃんの喜ぶトレインビューなお部屋でした。



夜は、大阪の友達Mちゃんとディナーバイキング。
甘いものが別腹なのはなぜでしょう。



翌日。
別の友達Yちゃんとランチバイキング。





これだけ食べてるとこの夜はなにも食べられず、就寝。

翌日、いったん京都でに出て、いろいろ見て回ろうとしました。
降りたときかっこいい電車が向かいに。



でも、結局疲れて、行こうと思っていた展覧会は行かず、お土産をちょっと買ったあと、京都駅ビルの拉麺小路でお昼。



・・・見た目はおいしそうなんだけど。
これ、塩辛かったです。
テーブルにある割りスープで割って味の変化をお楽しみください、っていうんだけど割っても割っても塩辛くて。
もう、麺ももやしも最初のほとんどみそそのものみたいなスープを吸って塩辛いのなんの・・・
失敗でした。

そんなこんなで大阪に帰ってきました。

ここから私の人生は始まる、そんな気がしています。


↓ ランキングに参加しています。良かったらクリックしてください ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

拍手[34回]

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
さくらねこ
性別:
女性
自己紹介:
各種ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

最新コメント

[10/22 やまこ]
[10/20 通りがかかり]
[09/18 するめ]
[09/04 もっさん]
[07/07 通りすがり]

忍者カウンター

メールフォーム

PVランキング

アクセス解析

ブログ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 大都会の小さな家 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS /  /