大都会の小さな家

大都会の小さな中古マンションに住むおひとりさま女の日常をつづったブログです。 注意事項: 比較的、自分の好き嫌いをはっきり述べています。 それは、単なるさくらねこの好き嫌いであって、さくらねこが嫌いな場合であっても、そのこと・ものを否定しているのでも、そのこと・ものを好きな方を否定しているのでもないことを、あらかじめ申し上げます。1記事が長めなので閲覧はPC推奨です。 リンクはご自由に、相互リンクも募集中です!

2017/06    05« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »07
*スポンサードリンク*
例の大阪の件を片づけてから、一か月ぐらいはとてもハイでした。
今はその反動で、ちょっとぐったりきています。

6月の記事にかいていたあの絵を、やっと送りました。
ずっと送らなきゃ送らなきゃと思いつつ、送れないでいました。

クロネコヤマトのステーションがすぐ近くにあるのですが、そこは土日閉まっているのです。
配達はしているので、ガレージを叩けば集荷はしてくれるでしょうけれども。
電話をして集荷にきてもらうのは面倒だったのです。
クロネコヤマトの集荷は、いまいち、時間がいいかげんです。
配達は時間が正確なのですが、個人宅の集荷は「配達や、企業の集荷の合間に」という感じなので、ずっと待ってなければならないことが多く、使いたくありません。

やっと先日、発送しました。

金銭的には無価値な絵だけれど、だれか、いいと思う人がいて、飾ってくれたらいいなと、思っています。

今度は母の陶器類を売る場所を探します。
まだやってなかったのかという感じですが、なかなか手付かずでいます。
またスマホで写真をとって、査定してもらって、売ります。
9月中には、なんとか売ってしまいたい。

絵画は鑑賞されて、工芸品は使われて、音楽は聞かれて、文芸は読まれて、完成するものだと思っています。
私の家が広くて、お茶なども立てる余裕があるのなら私が使ってあげたいですが、無理なので、誰か価値を見出してくれる人のところに送り出したいです。





先週の日曜日、恋活イベントに行ってきました。
郵便受けにチラシが入っていて、お料理をしながら恋活ということで、そのチラシからの申し込みは無料ということで、行ってきました。

プレオープンということで、参加者が少なかったです。
当日ドタキャンが続いて、なんと男性ひとり、女性ふたりでした・・・(爆)。
あとはスタッフ。
(男女5人ずつぐらいを予定していたそうですが。)

でも、おいしいお料理をみんなで食べて楽しかったです。

参加者の男性から、好意を持たれたようで(こんなデブスおばさんをかい!)、帰りに待たれて、LINE交換していいですかといわれて交換して、一緒に帰りました。

帰る道々、「どこかお茶でもしませんか」等言われました。
「月曜日仕事がありますので」と断りましたが、翌日休日でも「うーんどうかなあ」って感じでした。

最後、駅のところで、お別れしたとき「握手」と手を差し出されました。
握り返すと・・・

「うぉお柔らけえ!」と私の手をむにゅむにゅ揉みました。
大変不愉快でした。
(翌朝、揉まれたあたりの筋が揉み違いのようになって痛かったです。)

LINEで「今日はお会いできてよかったです、ぜひ近いうちにお食事でも」とか来ましたが、スルーしてます。


 *


男の人ってなんで、女性を揉んだり、触ったりしたがるんでしょうかね。
おっぱいを揉むとかじゃない、手とかでも痛いし嫌です。

昔々の話ですが、こんな光景をみました。
電車に乗っていたのですが、向かいに若いカップルが座っていました。

女の子は、女性の目から見てもかわいらしい、お人形さんみたいな子でした。

男の子は、女の子の右腕を捕えて、自分の胸のあたりにもってきて、うっとりした至福の表情で女の子の腕の内側の白くて柔らかい皮膚を、つまんでは放し、つまんでは放しして、手触りを楽しんでいました。
女の子は嫌がって男の子と反対側を向こうとしているのですが、男の子にがっちり右腕を捕えられて巻き取られて、右腕が肩から斜め後ろに引っ張られる、苦しい恰好になっていました。
そのまま、私が下りるまで15分はたっぷりその恰好のままでした。
たぶんそれからも彼らが降りるまでその恰好のままだったでしょう。

見ているだけでかわいそうでした。

たぶん、男の子は「デートはうまくいった!」と思って次のデートを誘う、でも女の子からは拒否あるいは無視されるだろうなあと思いました。

男性は、「あんなにデート楽しかったのに」「うまくいってたのに」なぜ女の子から嫌われるんだろう、女はわからないとか言い出すんだろうな、って思います。

女性の柔らかい感触だけで男性には至福なのかもしれないけれど、女性はおもちゃじゃないのです。


 *


少しずつ、今までやってなかったことにチャレンジしたり、伸ばし伸ばしになっていたことに着手したりしています。

それが芽がでるかどうかはわかりませんが・・・





↓ ランキングに参加しています。良かったらクリックしてください ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

拍手[23回]

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
さくらねこ
性別:
女性
自己紹介:
各種ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

最新コメント

[05/25 Cocco]
[05/25 たまこ]
[05/22 Cocco]
[04/20 ねこねこ]
[04/12 とりおた]

忍者カウンター

メールフォーム

PVランキング

アクセス解析

ブログ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 大都会の小さな家 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS /  /