大都会の小さな家

大都会の小さな中古マンションに住むおひとりさま女の日常をつづったブログです。 注意事項: 比較的、自分の好き嫌いをはっきり述べています。 それは、単なるさくらねこの好き嫌いであって、さくらねこが嫌いな場合であっても、そのこと・ものを否定しているのでも、そのこと・ものを好きな方を否定しているのでもないことを、あらかじめ申し上げます。1記事が長めなので閲覧はPC推奨です。 リンクはご自由に、相互リンクも募集中です!

2017/12    11« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »01
*スポンサードリンク*
なんくるないさー、という沖縄の言葉があるそうです。
なんとなく、「なんとかなるさー」ということばに近くて、そのように受け止められるけれど、本当は、「正しいことをしていけば、自然となるようになっていくさ」という意味が込められているそうです。
(ビートルズのいう「Let it be」という、知恵の言葉にも似ています。)

「なんとかなるさー」という意味のことばは「ちゃーにかいさー」というらしいです。

でも、本土の人が「なんとかなるさー」という意味で使い続ければ、「なんくるないさー」がそれと同じ意味になるんだろうなと思います。

沖縄の人には、それは異様に聞こえるのだろうと思いますが。

最近の私ははいろいろ凹むことが多くて、「なんくるないさー」の精神で毎日を過ごしています。本場の、本当の「なんくるないさー」の精神でありたいと思います。


***スポンサーリンク***



話は変わりますが、私は北海道生まれですが、最近目についてひどく嫌な言葉が「なまら」です。
「なまらうまい北海道物産展」とか「なまらめんこいっしょ」なんて表現を見たりしたら、その日一日不快な気分が続きます。

「なまら」についてはいろいろ諸説あって、新しい北海道弁で、タレントが使い始めて広まったとも言われるのですが、実は北海道の一部地域に昔からあった言葉のようです。

まず、私は、旭川と釧路と室蘭にいましたが、「なまら」を日常で使う人は周りにひとりも居ませんでした。

父は北海道弁が嫌いで、子供には絶対使わせなかったけれど、母は割と北海道弁を使いました。
何かテレビだったかで「なまら」という言葉が出てきたとき、母が曰く、「うーん、なまらは・・・函館とか小樽とかの浜のガラの悪い人が使う言葉で普通の人は使わないほうがいい」と言ったことがあったきりです。

「ガラの悪い人」というのは、ブログに書く上で控えめな表現で、実際は(差別語に近い)もっと強烈な表現が使われていました。

まともな人は使わないほうがいい言葉で、かつ、使う対象も「なまら臭い屁」「なまら驚いた」みたいな否定的なニュアンスのあるものに対して使うのであって、「なまらうまい」「なまらめんこい」といった肯定的なものを強めるためには通常使わないもののようでした。
(英語でいう、ファッキン!みたいな感じ。ニューヨークのスラム街のガラの悪い貧民が「ファッキン××!」というのを「ファッキンがニューヨークの代表的な方言なんだ」と思われて紹介されるような、そんな感じ。)

だから、なまらなまらといわれると、それが北海道弁の代表みたいに言われると、非常に違和感があるのです。




↓ ランキングに参加しています。良かったらクリックしてください ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

拍手[13回]

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
さくらねこ
性別:
女性
自己紹介:
各種ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

最新コメント

[12/07 冨士子]
[12/06 冨士子]
[12/05 Tomomi]
[11/27 K]
[11/26 冨士子]

忍者カウンター

メールフォーム

PVランキング

アクセス解析

ブログ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 大都会の小さな家 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS /  /