大都会の小さな家

大都会の小さな中古マンションに住むおひとりさま女の日常をつづったブログです。 注意事項: 比較的、自分の好き嫌いをはっきり述べています。 それは、単なるさくらねこの好き嫌いであって、さくらねこが嫌いな場合であっても、そのこと・ものを否定しているのでも、そのこと・ものを好きな方を否定しているのでもないことを、あらかじめ申し上げます。1記事が長めなので閲覧はPC推奨です。 リンクはご自由に、相互リンクも募集中です!

2017/04    03« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »05
*スポンサードリンク*
タイトルに意味はないです。
とりあえず山を越したので、ちょっとほっとしています。

TOEICを落としてしまいましたが(もったいない)、あとは全部なんとかクリアしました。

英語のプレゼンを作るのがしんどかったです。
ぺちゃくちゃ」という形式で、どういう内容でもいいのでプレゼンを作って発表するように、ということでした。


***スポンサーリンク***



ぺちゃくちゃ(Pechakucha)というのは、プレゼンテーションの形式の一つで、20枚のスライドで、1枚あたり20秒の制限時間で(つまり全体では400秒で)行うものだそうです。
内容は何でも良いのですが、主に、何かのアーティストが、自分の作品の紹介などに使うそうです。 
(もともと、とある日本の建築事務所にいる外国人が、建築家同士のプレゼンがあまりに長くなるので、定まった形式のもとで建築のコンセプトを語らせるために決めたものだそうです。日本にいたことで、日本語の「ぺちゃくちゃ」という言葉を使ったらしいです。)

日本語でもけっこうしんどいのに、英語でですよ。
しんどかったなあ。

日本語でつくるとしても、20枚のスライドに、20秒以内の説明をつけて、相手にコンセプトがわかるようなプレゼンをするのって難しくないですか。

私が何か、20枚もスライドを使って説明できるものと考えたら・・・ワーグナーしか思いつかなかったです。


こんな感じ。

ザクセンで、安定した生活のもと、ワーグナーは『タンホイザー』『ローエングリン』を作曲しました。彼の音楽の愛好家も増えていきました。しかし彼は、ザクセン王に雇われていたにもかかわらず、1849年に起こった革命に参加しました。革命が鎮圧されたあと、彼はドイツから亡命し、スイスに逃げ込みました。

けっこう出来のいいプレゼンだと思うので、日本語版を作ってサイトにでも置くかもしれません。


とりあえず今日はゆっくり寝ます。



↓ ランキングに参加しています。良かったらクリックしてください ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

拍手[9回]

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
さくらねこ
性別:
女性
自己紹介:
各種ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

最新コメント

[04/12 とりおた]
[03/09 いがぐり]
[03/03 通りすがり]
[02/15 いがぐり]
[02/15 tensiroque]

忍者カウンター

メールフォーム

PVランキング

アクセス解析

ブログ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 大都会の小さな家 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS /  /