大都会の小さな家

大都会の小さな中古マンションに住むおひとりさま女の日常をつづったブログです。 注意事項: 比較的、自分の好き嫌いをはっきり述べています。 それは、単なるさくらねこの好き嫌いであって、さくらねこが嫌いな場合であっても、そのこと・ものを否定しているのでも、そのこと・ものを好きな方を否定しているのでもないことを、あらかじめ申し上げます。1記事が長めなので閲覧はPC推奨です。 リンクはご自由に、相互リンクも募集中です!

2017/06    05« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »07
*スポンサードリンク*

住まいさがしと婚活も、おひとりさまブログでは多い話題ですよね。

思うんだけど、私たちの年代で家を買うとしたら、駅から近いことは必須だと思います。
あるいはバス停から近いこと。
 
たとえばバス停まで5分、そこからJRの駅まで20分、中心市街にでるのにJRの駅から30分とかだと、「通勤でしかたがない」場合は除いて、非常に出不精になって、年を取ったらひきこもりまっしぐらだと思うので、私は駅近を選びました。

できればバスも使わないほうが楽だと思うけれど、こればっかりは予算の制約もあるし、地下鉄がある都市ばかりでもないですからね。
(地下鉄があっても京都などバスのほうが移動しやすい場合が多いし、東京ですら渋谷あたりだとバスが発達しています。)


*スポンサードリンク*





昔勤めていた会社が、南青山七丁目にありました。
大使館などが密集している高級住宅街です。富裕層が住んでそうなところです。

しかし、地下鉄のアクセスは最悪のところで「表参道から徒歩15分、渋谷から徒歩20分、広尾から徒歩25分」ぐらいの、地下鉄空白地帯なんです。(南青山1-6丁目は表参道駅や青山一丁目駅にアクセスがよくていいところです。)
富士フィルムとかノバルティスファーマといった有名企業があるので、そこそこ通勤の人はいるのに、だから渋谷からそこまでのバスは朝は超コミコミになるのですが、地下鉄の駅がない。

渋谷から六本木ヒルズ方面にバス停2駅(ただし間隔は長い)、かつ本数頻発なのですが、それが苦痛で苦痛でたまりませんでした。

あそこらへんに住むとしたら、超豪邸にお手伝いさんとお抱え運転手さんが必須だわね、と思います。(スーパーなどもないんです。表参道のほうにいけば成城石井とかあるけど。)
なるほど大使館とかならいいかもねーって感じのところ。

本数が出ていてもバスって意外と不便です。
なので、駅から遠くてバス必須、しかもバスの本数が少ないおうちはやめたほうがいいような気がします。


 *


婚活に関しても・・・

男の人って、女性に「お説教」するのが大好物ですよね。
俺はお前より偉い、お前は俺より劣っていて判断力もないから俺が強化薫陶して導いてやる、みたいな態度をしようとします。

私は、それが一番嫌なんです。
精神的なレ○プに感じるときすらあります。
(要するに男が女をマウントしたいんですよね、精神的に。)

女性の中には、わざと「あたしできなぁい♪(上目づかい)」と男性に媚びて、男性にいろいろやらせようとする人もいますが、私はそれができないんですわ。
男性がご満悦顔で「○子はダメだなあ、おれがやってやるよ^^」みたいなやりとりをしているのをみると、吐き気がするし、もし私にやろうとする男性がいたら、そのご満悦の顔の中心にグーをお見舞いしたいです。

初めてチャットで本格的に話した相手が、もし、私について「相手のことを考えていない」だとか「貴方が物事を はっきり言うからうまくいかないんじゃないか」だとか言い出し始めたら、私だったら「はっきり言っちゃうと初対面の相手にそんなことを言う59歳の中小企業の社長様はものすごくお偉い方なのですねー^^相手の状況も知らずにアドバイスしたがる、はっきり言って相手のことを考えないジジイは御免こうむりつかまつる」とかいって相手を着信拒否しちゃいそう(笑)。

ああ、私の場合だとたしかに「物事をはっきりいうからうまくいかない」ですね。
でも、こんな爺さん相手にうまくいかなくていいんじゃないかなと思います。

少なくとも私から見ると、結婚相手どころか相談相手にもしたくないジジイにしか見えない。


 *


数日前、AKBについて考察したけれど、すでにプロモーター自身がそう言ってるんですね。
(オタクどもに媚びることだけ考えて芸なんか身に着けるな、とまでは言ってないけど。)

その記事から抜粋。

AKBは、はじめはこんなにダメだったけど、やっと自分の応援でここまできた。それをファンは体験したい。だったら最初から すごい美人やお姫様ではダメじゃないですか。
AKBのオーディションで、残念ながら僕がことごとく落としてしまうのは、完成された女の子たちなんです。

また、AKBの女の子たちも「自分たちが下手なことで男性ファンが喜ぶ」ことを感じ取ってそれを利用しているようです。

これもその記事から抜粋。

さらに指原は「最近はおじさんのファンが多く、おじさんは(歌やダンスが)できない子の方が『全然ダメじゃん』と逆に可愛く感じるらしい」と持論を語った。

つまり「あたし、一生懸命やってるのに、ダメなんですぅ><あなたがCDやグッズ買ってくれないと困っちゃうの♪(上目使い)」を意識してやっているということです。

「○○ちゃんは俺がグッズ買って応援してあげないと」という、男性の「自分より劣った(しかし容姿だけはかわいい)女性を庇護したい、そうすることで俺が偉くなった気分を味わいたい」欲を刺激しているということです。

芸人というより、水商売に近い精神だと思います。
銀座の一流ホステスさんが「ホステスの仕事は女を売ることじゃない、女の立場を売ることだ」と言っているのを読んだことがあります。

つまり、男の「女を庇護して俺が偉くなった気分を味わいたい」をくすぐってやってお金を引き出しているのです。


AKBの本来のファン層は、たぶん小学生・中学生・高校生ぐらいの若い子たちで、自分たちにも手が届きそうなぐらいのお姉さんが一生懸命やってるのを自分たちが応援する、ということに合致しますが、今となってはそうじゃないファン層をむしろ狙っていると思います。

高校生でも、AKBのCDを1枚買うのがやっとだと思います。グッズもそうそう買えない。
小中学生じゃなおさらです。

CDを数百枚もバカ買いするのは、指原のいう「おじさんたち」です。
大人なら、大人買いできますから。
そしてその「おじさんたち」は、AKBの歌や演技やダンスがど下手なことはわかっている、むしろうまいほうが「生意気でかわいくない」と感じる、「わたしできなぁい♪」なオンナノコのほうがカワイイカワイイといってお金を出してくるとしたら、そのおじさんたちに媚びるように向かうのは当然ともいえます。

一生懸命やってCDをまともに聞いてくれる、演技を良いと思ってくれるファンを開拓するより、ホステスさんをやってCDを何百枚も買ってくれるオジサンに媚びたほうが楽で稼げますから。

(日本人の男性の、25歳以下の女性に対する「君はなんにもできなくていいよ^^」感は異常です。それより年をとったり、あるいは年をとらなくてももっと若い、もっとカワイイ、もっと庇護欲をかきたてるオンナノコが現れたら手のひら返してくるんですけど。)


なるほど、それだとAKBを離れたらうまくいかないわけだ、それまでは「あたしできなぁい♪」的な態度でウケていたものが、突然そうでなくなるのだから。
「男に媚びる」そのあり方でうまくいかないとAV堕ちしかないよなあ・・・と思います。
 (一生懸命やってるのはわかる、といったけれど、あれは演技だったのかなあと、思います。「あたし一生懸命やってるけどこんなに下手なんですぅ♪(上目使い)だからCD買って私に投票してね♪あなたの応援がないとあたしセンターとれないの」と演技してたのかなと。)


それにそういうファンの態度は、AKBをダメにしちゃいますよね。
最初は「自分たちの応援でダメな子がここまで育った」を共有するアイドルだったのかもしれないけれど、今はまったくそうじゃないですから。

そういう、対象がダメなほど異常な肩入れをするファンってのがそういえば昔から存在していました。
それは・・・「トラキチ」!

阪神タイガースがダメトラであればあるほど肩入れしちゃうんです。



・・・なるほど、だからいつまでもダメトラなんだなあ・・・。




↓ ランキングに参加しています。良かったらクリックしてください ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

拍手[15回]

プロフィール

HN:
さくらねこ
性別:
女性
自己紹介:
各種ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

最新コメント

[05/25 Cocco]
[05/25 たまこ]
[05/22 Cocco]
[04/20 ねこねこ]
[04/12 とりおた]

忍者カウンター

メールフォーム

PVランキング

アクセス解析

ブログ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 大都会の小さな家 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS /  /