大都会の小さな家

大都会の小さな中古マンションに住むおひとりさま女の日常をつづったブログです。 注意事項: 比較的、自分の好き嫌いをはっきり述べています。 それは、単なるさくらねこの好き嫌いであって、さくらねこが嫌いな場合であっても、そのこと・ものを否定しているのでも、そのこと・ものを好きな方を否定しているのでもないことを、あらかじめ申し上げます。1記事が長めなので閲覧はPC推奨です。 リンクはご自由に、相互リンクも募集中です!

2017/10    09« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »11
*スポンサードリンク*
木曜日、北海道の叔母が産地直送のアスパラガスを送ってくださいました・・・
グリーンとホワイト500gずつ合計1kgです。

ですが、私はアスパラガスが苦手・・・
青臭くて、おいしいと思ったことがない。

とりあえず鮮度が下がりやすい野菜なので、ゆでて冷凍しておきました。
ゆでた直後、グリーンを1本食べて「嫌いな私でもなんとか1本は食べられる」、翌日ホワイトをゆでて、2本ゆでたてをバターを絡めたら、意外とおいしい、でした。

でも、それで十分、あと3-5年食べなくてもいいな、と思うぐらいです。

たとえば外食して、「串揚げ10本セット」なんかのうちの1串がアスパラ串だったら食べますし、フレンチコースなどで前菜として3本ぐらいのホワイトアスパラガスにオランデーズソースなんかかかって出てきたら食べますけど、それ以上はノーサンキュー、って感じです。


こういうときおひとりさまは困りますね。
家族がいたら消費も多いんだろうけど。


***スポンサーリンク***



会社の、嫌な人たちからの、特にA氏からのいやがらせが激しいです。
昔みたいな、「○○しやがって」と罵られたり、すれ違いざまに「子供っぽい」といわれたり、そんなことはなくなりましたが、それどころか今は見た目にはかなりいい状態かもしれませんが、嫌です。

今の感じは、嫌味な姑が、たとえば産後とか、あるいは家事と仕事の両立で忙しい嫁に、「手伝ってあげるわ」といい顔しつつ、さも「お前がどんなに至らない嫁か思い知らせてやる」と思ってることが伝わるようなやり方です。
見た目には「いい姑さんじゃない」と言われてもおかしくないやりかただけど、不快感を感じる、あのやり方をされています。

そこまでして人をいびりたいかな。

私が黙っていたときはなんでもやれると思って言いたい放題、私が上の人にいうと、上の人が通りかかるまでは嫌味な言い方をして通りかかった瞬間いいなおす、その後さらに私が別の上の人にいうと、「表面はいい姑だけど嫁にさもおまえは至らないということを思い知らせてあげるわというふるまいをする」ように変わってきました。
(また私をいじめられなくなったので、おとなしい中国人のF氏に、さも「君は常識がたりないから俺が手とり足取りおしえてあげよう」みたいな態度をとったり、恥をかかせるようなことを言ったりしていました。そんなに人をいじめたいんでしょうか。みじめな人です。)

昔は、A氏は、私が何か知らなかったりミスしたり至らないことは鬼の首を取ったみたいにあげつらい、私が何か知っている、A氏より知ってるようなことは怒り出したり、「○○だけは」得意だとか言ったり、本当にさんざんでした。
最近は、A氏が私に何か聞くことがあるのですが、それでもそこにいたる経緯とかは話そうとせず、回答だけを引き出そうとします。
また、私がA氏にどういう状況でそれが必要なのか、これだったらこれですよと言おうとするとすごく怒り出します。
お前なんかに教えられたくない、いいから回答だけヨコセ、ということなのでしょう。

昔、A氏は、私が困ってA氏に聞くと「自分で考えたらどうですかぁ?」とさもバカにしたような顔をしてみたりしました。同じことをしてやりたいと思うこともあるのですが、私はA氏みたいなクソガキじゃないのでしません。

今日もいろいろあったのですが、一番嫌だったのは、「今度からインフラ系のことを少し手伝ってもらおうと思ってる」と言われたことです。
えっと、今までさんざん、インフラ系がわからないみたいにバカにしてきて、ipconfig /all も知らないように言いなして、下等なヘルプデスク仕事をしているみたいに言って、今さらですか。
いえ、インフラ系のことをさせていただくのは私のスキルが上がって良いのですが、上記のようなことをする人と一緒に何かをするのは本当に嫌です。

馬鹿にされても何しても、仕事が違うから、A氏がやりたがらないIT雑用をやってやりすごしていたのに。
A氏が私を嫌ってるのでもいい、仕事なんだから、口もききたくなくても、私と情報を共有し、私の意見も尊重してくださるならいいですが、A氏のあまり得意でないWindows Server OSの細かい部分だけ参考書のように聞かれて、あとは「お前の意見なんか求めてない」的に扱われるのは目に見えてますから・・・。
(あるいは不慣れでわからないところを、「さもお前はバカだ」といわんばかりの態度をされるとかね・・・。)

あ、もうひとつ、A氏の一番嫌なところは、私に対してはそういう言動をするくせに、他人には私を認めている「よう」な発言をすることです。
たとえば「さくらねこさん○○って資格もってるんだって」とか、「さくらねこさんがおいしいレストランを教えてくれた」とか、そういうことです。

認めてないなら「いやあさくらねこさんって資格あってもつかえない」って言えばいい。
多少でも認めるところがあるなら上記のようなことはしなければいい。

上記のようなことをしつつ、他人には「認めてるフリ」してるなんて、非常な偽善者です。
心底からのいじめっこです。
要するに本気で認めてないけど他人からはいじめてるとはおもわれたくないだけなんです。

A氏がなにか私に嫌なことをするたびに、私は心の中でこう唱えます。
「あなたの娘さんが、同じことを同級生に平気でやる、醜くて嫌な人間になりますように♪」と。

幼稚園(小学校かも)のクラスの中で、みんなにはいい顔をして、デブでブスであまり友達のいないS子に対してだけは、何か間違ったらやーいやーいってバカにする、算数が得意でないのをバカにする、美術「だけ」は得意ねーとか言う、一生懸命算数のドリルをやってたら算数が得意になってバカにできなくなったら困るから「こんなことしやがって」と言い出す、S子がおすそ分けを渡したらニヤニヤ笑って「もらってやる」とひったくる。
S子が先生に言っておおぴらにいじめられなくなってもまだ何か理由をつけていじめようとする、たとえばS子が古いゴミを捨てようとしたら「それ捨ててS子ちゃんが責任とれるのぉ?」ってニヤニヤ言う、そこを先生が通りかかったら慌てて「いやS子ちゃんもわたしも責任とれないから^^」なんて慌てて言い直す。
そんな風にいじめてるくせに、「S子ちゃんって美術で賞とったんだってー」「S子ちゃんからおいしいお菓子おしえてもらっちゃった」なんてまわりには悪いことをしていないように言う。
S子をいじめにくくなったら、中国からやってきたおとなしいF君に目をつけて「あなた日本の常識ないからわたしおしえてあげるわ」「フケだらけで汚い、中国ではいいかもしれないけど日本の常識じゃちがうわ」とみんなの前で大声で言う。

・・・A氏の娘が、そんな心の醜い娘に育ちますように^^
上記は全部A氏が私に、あるいは中国からきたFさんにやったことです。
(内容は小学生バージョンにしていますが、概略は同じです。)

A氏が私に何かやるたびに、そう、思っています。
(あなたの娘さんが同じように扱われたらどう思いますか、で止めるような人じゃないから、あえてこう言います。そんなにお前のやってることがいいことなら娘が他人に同じことやるようになったら褒めてやれよ?ってことです。)



↓ ランキングに参加しています。良かったらクリックしてください ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

拍手[9回]

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
さくらねこ
性別:
女性
自己紹介:
各種ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

最新コメント

[10/13 Zebra]
[09/23 mika]
[09/20 こけこっこ]
[09/19 こけこっこ]
[09/06 通りすがり]

忍者カウンター

メールフォーム

PVランキング

アクセス解析

ブログ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 大都会の小さな家 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS /  /