大都会の小さな家

大都会の小さな中古マンションに住むおひとりさま女の日常をつづったブログです。 注意事項: 比較的、自分の好き嫌いをはっきり述べています。 それは、単なるさくらねこの好き嫌いであって、さくらねこが嫌いな場合であっても、そのこと・ものを否定しているのでも、そのこと・ものを好きな方を否定しているのでもないことを、あらかじめ申し上げます。1記事が長めなので閲覧はPC推奨です。 リンクはご自由に、相互リンクも募集中です!

2017/07    06« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »08
*スポンサードリンク*
先日、はじめてふるさと納税をやってみました。

ふるなびというサイトで、6/30まで、1万円以上の納税1件につき1000円分のアマゾンギフト券をくれるというキャンペーンだったからです。

何の縁もゆかりもないけれど、大分県の国東市に納税しました。
なぜなら、かぼすハイボールがあったから・・・
会社の近くのナチュラルローソンで扱っていて、美味しいことを知っていました。

今日になって、国東市からお礼の手紙と、ふるさと納税の証明書に加えて、スクラッチの宝くじが1枚入っていました。
国東市の神社で当たることを祈ったものだということです。

スクラッチすると・・・



200円ですが、当たりました!

10枚2000円買って200円だと嬉しくないですが、1枚もらって200円当たると、たった200円でも嬉しいです。

今年はちょこちょこ何か当たったり、何かもらったりが多いので、ツキの波がきているのかもしれません。
今度のサマージャンボ買ってみようかな。

1等前後賞7億円当たらないかなあ・・・


***スポンサーリンク***



今日は、職場の人から「最近さくらねこさんつやつやしてる、何してるんですか」って聞かれました。

一番大きいのは・・・

「セキ喘息の治療をして、その効果がでてきている」
ことじゃないかと思っています。

前々回の記事に書いたように、少し前まで本当にみすぼらしかったですから。

ずっと息苦しくて、寝ても寝ても疲れが取れなくて、運動してもすぐ疲れてしまっていました。
太ってるので「太ってるからそうなんだ」とか、「怠けてるんだ」とみられやすく・・・

ときどき、風邪じゃないのに咳が何週間も続き、時には会話しただけで咳が出て会話できなくなるような状態でした。

変だなと思っていましたが、何をしても咳が止まらず、1か月ぐらいすると治るので、そのままにしていました。

2014年の夏、この家を買おうとするとき、風邪じゃないのに咳が出て、しかも不動産業者が三鷹だったため、三鷹に行くのもしんどく、三鷹から徒歩10分ぐらいのその不動産業者のオフィスまで行くのも地獄のように遠かったです。

その時、ふとしたきっかけで、カフェイン入りのミントタブレットを食べて、一瞬だけ苦しさが収まったんです。
それで「あ、これはカゼじゃない、喘息だ」と気が付いたんです。
昔、若い頃ゼンソクはあったのですが、ゼーゼーヒューヒューいわないから気が付かなかったのです。
でもカフェインのタブレットで、一瞬だけ、喘息の吸入薬を吸ったときのように呼吸が楽になり、セキが止まったのでわかったのです。

喘息の気管支拡張剤にテオフィリンというのがあるのですが、カフェインはこのテオフィリンとそっくりな化学物質だからです(カフェインが代謝されると一部はテオフィリンになる。)

そこで、会社から通えるところに喘息の医者がいないか調べて、佐野虎ノ門病院を見つけました(しかも佐野先生が喘息の権威だと知らずに・・・。)

佐野先生「あんたこれだいぶひどいよ」ということでした。
肺年齢はなんと78歳・・・orz

2014年の初秋のことでした。

佐野先生に、東京都のゼンソク助成について教えてもらい(東京都のゼンソク助成は成人の新規受け付けが2015年3月で終了だったのでぎりぎりでした)、今に至っています。

しかし長い年月をかけて悪くなったからだが治るには、だいぶ時間がかかっています。

一番だるかったのは、2015年だったかもしれません。
ネトゲすら疲れてできなくなりました。

どうやっても目の奥が痛いんです。
良く寝ても、目薬使っても、目の奥が痛いんです。

A氏に今でも腹が立つことは、私が右目を抑えていたら、「居眠りするな」だって。
「おまえは肘もつかず片目を抑えて居眠りするのかよ!!!!」って思っています。
A氏は、私が「セキ喘息」だと訴えても、頭がぶっこわれるような咳をしていても、私が怠けているんだ、セキ喘息なんて自称鬱かなんかだろみたいな顔でいうのです。

どうやっても足がしびれるんです。
なぜか体の右側が悪くなるんです。腰も脚も右側が痛かったりしびれたりします。

もちろんいろいろ試しました。
良かったものもあまり効果がなかったものもあります。
でも、いったん悪くなった体が元に戻るには、だいぶ時間がかかって、ようやく今良くなったというだけのことです。

大都市、特に東京は、空気が悪すぎて、肺を壊す人が意外に多いのです。
40-50代が発症のピークの、大人ゼンソクというのがあります。(上に書いた佐野先生のアーティクルです。一読をお勧めします。)

もし、風邪じゃないのに咳が続くなあとか、寝ても疲れがとれないなあと思う人は、一度疑ってみてください。(徐々に進行するので、息苦しいことに気が付かないのです。)
酸素の不足は、体中にダメージを与えます。

人間は食べ物がなくても一週間ぐらい生きられるし、水がなくても一日ぐらいは生きられるけれど、呼吸がなくなると10分持ちません。

後になって、A氏までセキ喘息になりました。
そして、頭がぶっとびそうなセキをしている私に、こうのたまったのです。
「さくらねこさん、セキゼンソクなんじゃないですか」
・・・A氏を恨むとか憎むとか怒るとかじゃない、これ聞いたとき脱力しましたよ。
私それまでに何度そう言ったか・・・。

おそらく一番悪かったのは、2015年の夏だったんじゃないかと思います。
コンビニで買ったアイスコーヒーを取り落すこと2回、自分の脳が委縮していたり脳腫瘍があるとかだと思って、その年の12月に頭部MRTをして検査しましたが異常なし。

A氏に、自己管理がなっていないと罵られながら2年、ようやく、元に戻ってきたということです。

人間は、花が開くのを突然開いたように思いますが、桜の花だって長い冬の間に栄養をためて、つぼみを膨らませてようやく咲いてるんです。

何かを塗ったからとか何かを飲んだからとかで突然良くなるわけじゃないです。

やってよかったことはいっぱいあります。

たとえば今の家を買ったことも、体調にはよい変化にダイレクトにつながっています。
寒くも暑くもないし、追い炊きのできる温かいお風呂に入れるし、テンピュールのマットレスをいれてぐっすりです。

新橋トラスト病院という、安くプラセンタ注射・点滴をしてくれるところがあるので、一番体がつらかったころはそこによく行っていました。40-50代にプラセンタはすごくいいです。
(ただ、混雑している&看護士の態度が悪いので、行かなくなりました。もちょっと高くてもいいから別のところを探したいです。)

眼には、杞菊妙見丸がいいです。
六味地黄丸に、目に良いクコと菊を加えた漢方薬です。
体のいろんなところの衰えを治してくれます。
もう何瓶リピートしているかわかりません。

糖質制限食を知ったのもよかったです。
2013-2014年ぐらいの私は、食べても食べてもおなかが空いていました。
朝がっつりとゴハン2膳食べてるのに、10時ぐらいにはおなかがすいちゃうんです!
それで、間食をしますが、昼にはまたおなかが空いています。
昼食は新橋のおやぢ系定食屋でごはん大盛かごはんおかわりでがっつり・・・
それなのに15時にはまた空腹で倒れそうで、近くの100円ショップでバターココナツとかハッピーターンとかピーナツ入り柿の種だとか買って1袋たべちゃうんです。
で、18時には倒れそうにおなかが空いてうどん屋でうどん食べて・・・そして帰宅して晩御飯をがっつり食べるんです。
謎すぎますよね。
自分でもおかしいと思うのですが、体の細胞が全部アフリカの飢えた子供たちみたいな目をして叫びだすんですよ。
・・・糖質制限の理屈を知って、多量の炭水化物を取るとそれに対応するインスリンがドバッと一度に出て血糖値を下げすぎてしまう、だからおなかが空いたように感じてしまうということがわかり、ためしにご飯を抜いてみると・・・あら不思議、異常な食欲が収まりました。
あのままだったら確実に糖尿病を発症していたと思います。

これは体を壊す前から使っていますが、ラ・カスタのヘアケアラインはいいですね。
髪がツヤツヤになって、コシが出ます。

2015年の秋から、白髪が目立っていた髪を染めることにしました。
髪にはお金をかけています。
1か月半に1度ぐらい、AVEDAサロンで髪を染めてもらっています。
やはり自分がきれいに見えるので、自信がついてきます。

最近は、疲れたらお金をかけてマッサージに通うことにしています。
特に昨年8月に集中的に受けたカッサはよかったです。
今年5月に行ったサロンで体の冷えを指摘してもらったのもよかったです。
おなか温めて寝るようにしたら奥に残っていたしこりがだいぶ消えてきて・・・最近知ったコリホグスも体調にはすごく良いです。

目の下のクマが酷かったので、おきゃんママさんの「顔ダンス」をやりました。
これもよかったです。
ちょうど昨年11月に「合宿」があったので、おきゃんママさんご本人に教えていただくことができました。楽しかったなあ。また合宿やってくださらないかしら・・・。

ライザップもよかったなあ。というかお金があったらまたライザップ行きたい。
2016年にはライザップに行けるぐらい体調がよくなっていたのも嬉しかったし、またそこで体力がついたのがよかった。
体重の落ちは少なかったけれど、楽しかった。
あの時が一番、お肌っゃっゃだった。
あれを3回ぐらいやれば・・・
もし宝くじで100万円当たったら3回ライザップ行きます。

会社も、もちろんA氏みたいに私を口ぎたなく言う、ささいな落ち度を嗤い、私に何かできることがあると「認めてやるか」の態度をする嫌な人もいますが、そうでない人が多いのが幸いです。
むしろ私みたいなのの働きで「信頼できる人」などと言ってもらえたり、ありがとうと言ってもらえたり、そういう精神的なことも大きいね。

あと、2016年初めぐらいから、友達のRYUさん(プロのフォトグラファー)に、定期的に写真を撮ってもらうようにしたことも大きい。とても大きい。
客観的に自分を見て、ここをこうしたらいい、ってわかるし、また綺麗に撮っていただけるのでモチベも上がります(もちろん少し前にアップした写真は、RYUさんに撮っていただいたもので、実物よりはるかに美人に撮れています。)

もちろんここに書いている以外もいろいろやって、だめだったり効果なかったりしたものもあります。
いろんな地道な努力や試行錯誤の末の、健康です。


↓ ランキングに参加しています。良かったらクリックしてください ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

拍手[13回]

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
さくらねこ
性別:
女性
自己紹介:
各種ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

最新コメント

[07/05 Cocco]
[07/03 なな。]
[06/28 なな。]
[05/25 Cocco]
[05/25 たまこ]

忍者カウンター

メールフォーム

PVランキング

アクセス解析

ブログ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 大都会の小さな家 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS /  /