大都会の小さな家

大都会の小さな中古マンションに住むおひとりさま女の日常をつづったブログです。 注意事項: 比較的、自分の好き嫌いをはっきり述べています。 それは、単なるさくらねこの好き嫌いであって、さくらねこが嫌いな場合であっても、そのこと・ものを否定しているのでも、そのこと・ものを好きな方を否定しているのでもないことを、あらかじめ申し上げます。1記事が長めなので閲覧はPC推奨です。 リンクはご自由に、相互リンクも募集中です!

2017/10    09« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »11
*スポンサードリンク*
ときどき、変な夢を見ます。
あまりにも鮮明で、その場にトリップしているのか、あるいは映画を見ているような夢です。



*スポンサーリンク*




アフリカのサバンナのようなところで、動物の死骸が落ちていました。
何か草食動物の死骸で、ほとんどは肉食動物に食べられた残骸です。

草むらから、類人猿が出てきました。
いえ、類人猿ではありません、私たちの祖先であり、類人猿よりはヒトに近い生き物です。
10匹弱の、家族と思われる一群で、他の肉食動物を警戒しつつも思わぬごちそうに喜んでいます。

彼らは石で骨を打ち割って髄を食べたり、地上に出ている岩に骨をこすり付けて肉をそぎ落とそうとしたりしていましたが、まだ彼ら自身の手によって割られ、エッジが作られた石器は持っていないようです。

食べ終わった彼らは、周りの草を折って、斜めに折れたその茎で、歯をせせりはじめました。
そう、昼休みのデスクでおやじ部長が爪楊枝でシーハーやっている、まさにあの姿です。

それは明らかに、彼らが猿ではなく人間だとわかる姿でした。

人類最古の道具は、石器ではなくて爪楊枝だったのです!!!(勝手な結論)。
ただ、石器のように残ることはなかっただけで・・・

 *


意味不明で脈絡のない夢から目覚めた私は、疲れ切っていました。

咳がひどく、ふらふらでしたが、会社に行きました。
もう、有給をほとんど使いきってしまったからです。
先日の出来事の前は、4日ほどあったのです。

いまはもう半日しか残っていないので、使えないです。
休んでもいいですが、その分給料は減ります。

兄から返事がきました。
私のことをふざけた名前で呼んだことに対しては、あれこれ言い訳ばかりでした。
そして、さらにお金が欲しいなどとぬかしやがりました。

面接にいくためのスーツがほしいけれど、デブすぎて特注になるからそのお金が欲しい、ということでした。

「もう予備費を使い切ったし、渡せるお金はない、それに今のあなたは就職活動より病院にかかること、それから生活保護を受けることが先決でしょ」と言いました(まだ申請出してやがらないようです。出せってんだ。)


昨日の記事に関して、コメントいただいたのですが、それは分かってますよ。
金銭的には、家の掃除費用など一度立て替えて、自分の手で売って、それで分けて、立て替えた分を余分に受け取ったほうが、お互い実入りはいいでしょう。

でも、大阪と東京を往復して、この兄と顔を合わせて、神経をすり減らすぐらいなら、「勝手に競売でも売られて?相場の半分以下でもいいよ。私はあきらめてるし兄が困るだけだから」としたほうが、私の精神衛生にいい、というだけのことです。


私の人生、兄がいなければもっといい人生だったでしょうけれども・・・
それは考えてもしかたがないことです。


↓ ランキングに参加しています。良かったらクリックしてください ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

拍手[10回]

プロフィール

HN:
さくらねこ
性別:
女性
自己紹介:
各種ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

最新コメント

[10/13 Zebra]
[09/23 mika]
[09/20 こけこっこ]
[09/19 こけこっこ]
[09/06 通りすがり]

忍者カウンター

メールフォーム

PVランキング

アクセス解析

ブログ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 大都会の小さな家 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS /  /