大都会の小さな家

大都会の小さな中古マンションに住むおひとりさま女の日常をつづったブログです。 注意事項: 比較的、自分の好き嫌いをはっきり述べています。 それは、単なるさくらねこの好き嫌いであって、さくらねこが嫌いな場合であっても、そのこと・ものを否定しているのでも、そのこと・ものを好きな方を否定しているのでもないことを、あらかじめ申し上げます。1記事が長めなので閲覧はPC推奨です。 リンクはご自由に、相互リンクも募集中です!

2017/08    07« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »09
*スポンサードリンク*

昨日は歌丸師匠に座布団を取り上げられてかたい床に座っていましたが、今日は大阪のホテルの柔らかなベッドの上です。

テンピュールと比べて腰は沈まないので、腰のためにはこちらのほうがいいのかもしれません。

大阪の実家は、ニート兄がごみ屋敷にしています。帰省のたびにごみがひどくなります。今日は5袋ぐらいごみを捨てて玄関だけ見えるようにしましたが、また次はもっとひどくなっていると思います。
帰省のたびに宿をとるのは非常にきっついです。

*スポンサードリンク*




ANA便を選んだのは、坂本九さんを意識したわけじゃなくて、おととし、札幌にいったとき、AirDoを使ったのですが、搭乗口近くに「ねんりん屋カフェ」を見ていたからです。(AirDoはANAと共同運航している。)
そのときはそんなのがあるとは知らず、ぎりぎりに搭乗口近くにいったので、次はと思っていました。

「今度はあそこで時間をつぶそう」と思ったのですが、今日の搭乗口は保安検査場のすぐそばでした。ねんりん屋カフェは一番遠くの搭乗口の近くだったので、そこまで行く時間がなかったです。

なので今回もあきらめです。

兄とは遺産はきっかり半分にしました(札幌のいいところに土地があったのです。そのためにおととしAirDoに乗って札幌にいって売ってきたんです。)
まったく兄は動かなかったうえ、登記識別情報を紛失するという失態のせいで5万円余計にかかるなど、足を引っ張られました。

兄が遺産を食いつぶしたら、最後の財産である大阪の実家を売り払って代金半分ですが、あの家の惨状なら、すごく安いだろうな。今は業者が、中の状態は問わずにすぐに買い取って、業者が内部リフォームして、売り出すことが多いですが、その際買いたたかれることは確定的に明らかです。
(リフォーム済みなら2500万円ぐらいでは売れるかなりいいマンションです。中が古びていてリフォーム前提で売るのなら2000万円ぐらいでしょうか。業者買いたたきなら1000万円いくかどうか・・・。)

もう私はあきらめてるので、その場合は家を二束三文で売って、それを等分に分けて(大阪のマンションは持分1/2の共有です)、それを兄が使い尽くしたら、どういうことを言われても兄の面倒は見ません。

兄が生活保護を受けるとしたら、私に連絡がくるけれど、兄は私をかなりいじめたので、それを述べて、絶対に拒否します。


法改正などでもし強制的になるようなら、どこか女性が国籍を取るのに楽な外国にでも逃げます。
たとえば「外聞が悪いから結婚歴だけでもつけたい」というようなゲイまたは独身主義のドイツ人男性を見つけて結婚だけでもしちゃいます。もちろん国籍取得したら離婚です。(ドイツは、ドイツ人男性と結婚した外国人女性のドイツ国籍取得が非常に甘いらしい。私は多少ドイツ語できるので一番いいような気がします。)

今、大阪の実家にかかる管理費と修繕費と固定資産税をあわせると月3万円ぐらいになる、言い方を変えれば月3万円の家賃で住めるので、兄がもし時給800円でもフルタイムで働けば、生活は可能です。
時給1000円程度で働けたら、住宅ローンを返している私より楽なのではないでしょうか。

なので、家を維持してくれるのならそれはそれでいいかなと思っています。

兄はもう50代半ばで、精神科の薬と酒を飲み、おそらく130-150kgぐらいありそうな体なので、おそらくそう長くは生きないでしょう。(いつも帰省するとき、死後○か月経った臭い人型の汚染になっていないかとびくびくしています。電話にもメールにも手紙にも反応しないので、唯一生存確認は実際に行くしかない。)

「精神科の薬と酒と一緒に飲むな」といえばいうほど飲むので、早く死んでくれ、できれば家を汚染せずに死んでくれと思ってます。(っていうか、無職のくせに酒など飲むなバカヤロウ。私は無職の時は飲まんかったです。)

本当は私が育った家なので、二束三文じゃ売りたくないのです。
売るとしても、中をきれいにして、思い出のものを処分してから売りたい(母は柿右衛門等集めていたのですが、兄がごみ屋敷にして取り出すことができません。そういうものも業者に任せてしまうと一斉処分となってしまいます。)
兄から相続となった場合は、リフォームローンを組んで、賃貸に出すことを考えています。
ローンは終わってるので、物件を担保にしたリフォームローンを組んで賃貸をすれば、5年ぐらいで返せると思うし、そうしたらそのあとは私の資産になります。

なので「死ぬなら早く死ね」「そうでないなら働いて維持しろ」と思っています。

でも、おそらく「働かないうちに財産を食いつぶして、ごみ屋敷として二束三文で売って、スズメの涙の金を二等分する」という結果になるだろうな、ってあきらめています。

ニート兄弟を持つ人は今後増えるでしょう。
そういう人がこの記事を読んだとき、「そう、そうなんです、わたしも同じ境遇です!」と膝を打ってくれればいいなと、思っています。


↓ ランキングに参加しています。良かったらクリックしてください ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

拍手[6回]

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
さくらねこ
性別:
女性
自己紹介:
各種ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

最新コメント

[07/05 Cocco]
[07/03 なな。]
[06/28 なな。]
[05/25 Cocco]
[05/25 たまこ]

忍者カウンター

メールフォーム

PVランキング

アクセス解析

ブログ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 大都会の小さな家 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS /  /