大都会の小さな家

大都会の小さな中古マンションに住むおひとりさま女の日常をつづったブログです。 注意事項: 比較的、自分の好き嫌いをはっきり述べています。 それは、単なるさくらねこの好き嫌いであって、さくらねこが嫌いな場合であっても、そのこと・ものを否定しているのでも、そのこと・ものを好きな方を否定しているのでもないことを、あらかじめ申し上げます。1記事が長めなので閲覧はPC推奨です。 リンクはご自由に、相互リンクも募集中です!

2017/08    07« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »09
*スポンサードリンク*
体調が悪いです。
今、もし大阪で何があっても、行くのは無理です。

少し歩くだけでも苦しいです。
会話するのも厳しいのに、お馬鹿のマイクロソフトのOffice365のサポートは「返事はメールでお願いします」と言ってるのにもかかわらず、「マイクロソフトテクニカルサポートの○○です」と電話かけてきやがります。



*スポンサーリンク*




大阪北区役所によると、兄が2/17に区の健康課が紹介した精神科にかかったということは残っています。
22日がメールの最後です。
社会福祉事務所の方が3/10に実家を訪ねてくれましたが、やはり返事がなかったそうです。

それから三週間、すでにお金は尽きているはずです。
何をしているのかは、わかりません。

去年もそうでしたが、大阪の家にいくと、体調がひどく悪くなります。
何か悪いものを吸い込んでしまうのでしょう。


このまえ大阪に行ったとき撮った写真です。
4LDK100平方メートル超を、こんな汚屋敷にしているのです。



正直いって、大阪の実家を「なかったこと」にしたいです。
これをいい状態に持っていくのは、非常に困難を極めます。

この汚屋敷のなかで、兄が孤独死して、120kgの体を腐敗させて、一面を腐海にしたりなんかしたら、フルリフォームしたところで売れるかどうかすらわからない。


生活保護を受けてくれて、生活保護で転居して、家を売ることに同意してもらえれば少しは楽なのに。
まず家を片づける費用は私がとりあえずたてかえて、半年や1年ぐらい、家をうるのは「兄の判断力が」「なかなか買い手が見つからない」等牛歩作戦をとって、精神的な調子がよくなって就職できたら家を売ってお金をわけられたら、その間はきつくても終わりは見えます。

それができないので、もう静観するしかないです。
考えると精神的にきますけれども。


 *


最近はまた変な夢を見ます。
いつもの、妙に細部までリアリティのある、何かを受信しているような夢です。

数日前はこんな夢でした。

韓国の美魔女キム・スギョンさんの提唱する「究極のデトックス!ダグラスマッサージ!」という本(DVDつき)を読んでいるのです(後で調べましたがそんな本はありませんでした。美魔女キム・スギョンなる人物もいませんでした。)

キム・スギョンさんはアラフィフで、数年前47歳で自然妊娠・出産をし、見た目は20代後半という美魔女さんで、その秘密の方法を初めて大公開!とかいうのです。

10年ほど前の、不妊に悩んでいた30代後半のスギョンさんは、ぶっといたくましい腕で家族のキムチを何樽も漬けそうな肝っ玉韓国オモニだったのですが、今や20代のオルチャン(美女)です。

その方法はというと、女性の体には「ダグラス窩」という「悪いものが一番たまりやすい場所」があり、そこにたまった老廃物をデトックスするということでした。
(「ダグラス窩」は実在します。子宮と直腸の間の狭い空間で、体の一番底になり、かつ前後が挟まれた狭いところなのでたしかに老廃物がたまりやすいそうです。そこに子宮内膜症が発生すると非常に重い症状となるそうです)。

腰湯か、もしできればよもぎ蒸しをして下半身を温めたあと、でんぐりがえりのように腰を上げて、手を伸ばして会陰をマッサージするのです。

「妊娠時の会陰マッサージとちがって指はいれなくていいですよー」とスギョンさんがピンクのレオタードで実演しています。
要するに、お尻の穴と女性器の穴の間を、腰を上げた状態で指でやさしく撫でて、ダグラス窩にたまった老廃物をデトックスするらしいのです。

「パンティの上からでもいいし、直接でもいいです」「直接の場合はオイルを使うと皮膚を痛めなくていいです」(実際は韓国語で言っていてDVDにこのような字幕が出ていた。私は韓国語は分からないけれど、「○○ハセヨ」とか、「××エヨ」とか言っているのです。)

そんなことをいわれても、腰をあげながらそんなところに手を回して撫でるのが非常に難しく、「こんなことできるかー!」って思ったところで目が覚めました。


・・・数年後本当にこんな本とかこんな美容法出たらどうしよう^^;

「ひょっとして本当にあるんじゃないか」と思うほどリアルな、こんな夢を、なぜ見てしまうのか、自分でもさっぱりわからないのです。



↓ ランキングに参加しています。良かったらクリックしてください ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

拍手[12回]

プロフィール

HN:
さくらねこ
性別:
女性
自己紹介:
各種ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

最新コメント

[07/05 Cocco]
[07/03 なな。]
[06/28 なな。]
[05/25 Cocco]
[05/25 たまこ]

忍者カウンター

メールフォーム

PVランキング

アクセス解析

ブログ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 大都会の小さな家 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS /  /