大都会の小さな家

大都会の小さな中古マンションに住むおひとりさま女の日常をつづったブログです。 注意事項: 比較的、自分の好き嫌いをはっきり述べています。 それは、単なるさくらねこの好き嫌いであって、さくらねこが嫌いな場合であっても、そのこと・ものを否定しているのでも、そのこと・ものを好きな方を否定しているのでもないことを、あらかじめ申し上げます。1記事が長めなので閲覧はPC推奨です。 リンクはご自由に、相互リンクも募集中です!

2017/06    05« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »07
*スポンサードリンク*
私はあまりオリンピックというものが好きではありません。
メダルメダルってそればかり。

「さーあ、メダルの期待がかかるニッポン(あるいは選手名)、ここでリードを広げたいところ!」
「これで勝てば決勝進出っ、金メダルか銀メダルが確定します!」
「メダルの期待がかかる○○(選手名)、もう後がないっ!!!」

なぜか話す調子もみんな同じ。
北○鮮のアナウンサーも全員同じ独特の調子でしゃべるけれど、オリンピック(あるいはそれに準じる国際スポーツ大会)の放送のアナウンサーも全員同じ独特の調子でしゃべる。
そしてかならず「メダル」と入れる。

メダルは選手のものです、日本のものではないと、私は思っています。
日本人が取ったからといって日本が偉いみたいに思うのは全然違うと思います。

メダルを逃して、選手自身が「悔しい」と言ってほしい。
「メダルをとれなくてごめんなさい」と言わないでほしい。

「日本の国威を上げるもの」「みんなの応援にこたえるもの」と思ってなければ「メダルをとれなくてごめんなさい」とは言わないと思います。

メダルは、がんばった選手自身のもの。
メダルをとった選手と同じ日本人で誇らしい、と思うのはいいけれど、だからといって「メダルの期待」なんて勝手にかけてはいけないと思っています。

思うに、日本は「メダルの期待」を選手にかけすぎ。
何も期待されていなかった選手があっさりメダルをとって、「メダルの期待がかかる」選手がとれないというのは毎度のこと。

何度でもいうけれど、メダルは選手のもの。
選手がのびのびとやって、メダルが取れなければ自分のために悔し涙を流したり、自分のベストを尽くしましたとすがすがしい笑いを見せたりしてほしい。
メダルをとれなくてごめんなさいと言わないでほしい。
他人のためのメダルではないです。

多分アメリカの選手はそんなこと言わないと思います。
(アメリカの選手は、きっとメダルを取れなかったことによる経済的な損失を悔しがるでしょう。この商業主義もまた困ったものですが、「メダルをとれなくてごめんなさい」というよりはましに思えます。)





だいたい、今の、ものものしくて、「国威発揚」なオリンピックの形式が始まったのは、1936年の、ベルリンオリンピックからです。
つまり、極めてナチス的と言わざるを得ないものです。

聖火リレーによってオリンピックへの期待を高め、自国の歴史などを紹介するショーを含んだ派手な開会式、メダルの数で国の偉さを誇示するやりかた等、すべてベルリンオリンピックから始まりました。

そんなものは今の時代に合わないです。
(しかも今のオリンピックは、アメリカの商業主義まではいりこんで、放映権や公式スポンサー権など多額の金が動きます。ナチスドイツの国家主義+アメリカの商業主義、これぐらい醜悪なものはありません。)

それからもっと自由になって、国ごとに競うとしても、もっと個人がのびのびと戦い、その結果としてのメダルであるべきだと、私は思っています。

勝てば喜び、負ければ悔し涙を流しながら「俺よりもっと強いやつがいる」と再認識する、そういうスポーツマン同士の戦いの場であればそれでよいのではないか、今の世の中に利権や金銭は動くのは仕方がないことだけれど、できるだけそういう場に近づけていくべきではないかと思っています。


 *


話は変わりますが、ヒトラーとナチス政府ほど、形式や規則を定め、儀式を制定することに長けた国家はないと、私は思っています。

たとえば、ドイツは、動物愛護先進国と言われていて、動物の殺処分はほぼないそうです。(悪性の伝染病にかかっているとか、よほど人に危害を加えるとかでないかぎり、殺処分はないそうです。)

ドイツにはほとんどペットショップというものがなく、全土に動物保護センター(Tierheim:直訳すると動物の家)があり、ドイツ人がペットを飼いたくなったらそこにもらいにいくのだそうです。
動物保護センターでは、ゆったりとしたケージで、寿命がくるか、きちんとした飼い主にもらわれていくまで、大切に飼われるそうです。

別に、ペットショップがないのは、法律で禁じられているわけではなく、ただ、動物愛護法で決められた基準でペットを飼育するととてもじゃないけれど商売としてなりたたないからだそうです。

19世紀末から20世紀初頭にかけて、ドイツ各地で動物保護センターが作られ、動物保護の法律が作られ始めましたが、それが形になったのは、ナチス時代でした。(いまのドイツの動物保護法も、ナチス時代に成立した法律がほぼそのまま踏襲されているそうです。)

・・・ペットショップも成り立たないほどのがちがちの法律など、ナチスドイツでもなければ作らない、ということでもあります。


ドイツ名物の、アウトバーン(全国無料の高速道路網)なども、強制的に土地を収用して、国家の計画のままがっつり押しすすめるような政府でないとできないでしょう。

労働法の整備も、ナチス時代に押しすすめられたものです。
もともとナチスというのは、正式名称を国家社会主義ドイツ労働者党といいます。(National Sozialistische Deutsche Arbeiter Partei)といいます。(だから正式な略称もNaziではなく、NSDAPです。)
もともとヒトラーの主張も、全ドイツの労働者の地位向上(労働者の権利を定める、所得増加、自家用車を所持させるなどの生活向上)といった目的を持っていた部分もあり、その意味では目を向けるべき点があるものと、私は思います。(ただし、その「ドイツやドイツ人の地位向上」が、他国の侵略や、弱者からの収奪という部分を非常に有していた、そちらのほうが本質になってしまったことが、ナチス政権の特徴であるのです。

労働法は、たとえば東欧の国々では、ナチス占領下において初めて施行された国が多いのです。
貴族や大地主の既得権を、強制的に取り上げて、労働階級に分配、というわけです。
これも、強権的な政権でなければできないことです。

もちろん、最初に述べたオリンピックも同様で、「ドイツ民族の優越を世界に示すため」「国家のため」のオリンピックでありました。
その目的のための、壮麗な聖火リレーであり、開会式であり、メダルの数を競うことでの国家の威信をたかめる、大掛かりな儀式として、オリンピックは構築されました。

「国家のため」のオリンピックは、もう時代遅れだと、思います。

ナチスドイツや、ソ連(ロシア)のように国家がそれを強制しないのに、なぜ日本では笑顔で、民主的に、「みんなの期待」という形でそれを強制するのかと思うのです。




↓ ランキングに参加しています。良かったらクリックしてください ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

拍手[19回]

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
さくらねこ
性別:
女性
自己紹介:
各種ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

最新コメント

[05/25 Cocco]
[05/25 たまこ]
[05/22 Cocco]
[04/20 ねこねこ]
[04/12 とりおた]

忍者カウンター

メールフォーム

PVランキング

アクセス解析

ブログ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 大都会の小さな家 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS /  /