大都会の小さな家

大都会の小さな中古マンションに住むおひとりさま女の日常をつづったブログです。 注意事項: 比較的、自分の好き嫌いをはっきり述べています。 それは、単なるさくらねこの好き嫌いであって、さくらねこが嫌いな場合であっても、そのこと・ものを否定しているのでも、そのこと・ものを好きな方を否定しているのでもないことを、あらかじめ申し上げます。1記事が長めなので閲覧はPC推奨です。 リンクはご自由に、相互リンクも募集中です!

2017/06    05« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »07
*スポンサードリンク*
19日に面接したところから、中間報告的なフィードバックが来たと、人材エージェントから連絡が来ました。

彼の英語はいまいちピンとこないところがあって(お名前的にイタリア人っぽい気がします)、なんとなく腑に落ちないのですが、まとめると以下のような内容でした。



*スポンサーリンク*




まず「Good news(よい知らせ)」と彼は言ってました。
K******aさん(先方の面接担当者)は、あなたに好印象を持っており、現時点であなたは二番目のポジションにいます。まだ数名面接を予定していて、そのあとに結果を報告します」とのことでした。

K******aさんは一次面接担当者で、二次、三次の面接があるようです。
なので「二次に行けそうなのでGood News」という意味なんだろうか、でもK******aさんの一存で決まるわけではないにしろ「二番目」なのがそんなにGood Newsなのかと考えています。

19日に面接をしたところは、いわゆる外資金融です。
日本法人は小さいのですが、ウォール街ではゴールドマンほどではないけれども非常に大きい外資金融のようです。(面接を担当したK******aさんももとはゴールドマンにいらっしゃったようです。)

15日に面接したところからの返事は「ナシ汁ブシャー」です。
YesにしろNoにしろ早く返事が欲しいところです。

これも「二番目」かなあって気がしています。

私はよく、そうなります。
面接してすぐにNGじゃない、むしろ面接の感触は良い、という場合、よく「二番目」になります。

つまり「一番さんが断った場合」のスペアということです。
そしてこの就職難時代、一番さんが断ることはめったにありません。

またされた挙句・・・すみませんということがよくあります。

あるいは別のパターンで、「とても気に入って採用したいけれど本国HQが採用に待ったをかけて」お流れになることもあります。

これもこの不景気時代よくある話で、特に「去年、世界的な不祥事を起こしたドイツの会社の系列会社」であるだけに、「ちょっと採用は待った!」がかかる可能性は非常に高いものがあります。


・・・転職、うまくいくといいなあ。

↓ ランキングに参加しています。良かったらクリックしてください ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

拍手[9回]

プロフィール

HN:
さくらねこ
性別:
女性
自己紹介:
各種ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

最新コメント

[05/25 Cocco]
[05/25 たまこ]
[05/22 Cocco]
[04/20 ねこねこ]
[04/12 とりおた]

忍者カウンター

メールフォーム

PVランキング

アクセス解析

ブログ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 大都会の小さな家 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS /  /