大都会の小さな家

大都会の小さな中古マンションに住むおひとりさま女の日常をつづったブログです。 注意事項: 比較的、自分の好き嫌いをはっきり述べています。 それは、単なるさくらねこの好き嫌いであって、さくらねこが嫌いな場合であっても、そのこと・ものを否定しているのでも、そのこと・ものを好きな方を否定しているのでもないことを、あらかじめ申し上げます。1記事が長めなので閲覧はPC推奨です。 リンクはご自由に、相互リンクも募集中です!

2017/08    07« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »09
*スポンサードリンク*
ひざは、シップの貼りすぎでかぶれてかゆいし、気分が落ち込んで何をする気持ちにもなれません。

連休明けに、なんと2.5日も休んでしまいました。

どれも本当に体調不良ではありますが、その底には「会社に行きたくない」が隠れています。


*スポンサードリンク*




7月か8月ぐらいには転職したい、と考えています。
ところがそう考えると、ぱたっと紹介が止まったり、誰か決まった人がでてその仕事がなくなっちゃったりというのが続いています。

3月に内定してくださったところに行けばよかったとか、4月の忙しい時期に面接がかぶった会社が惜しかったとか、いろんなことを考えちゃいます。

自分が何をしたいのかさえ見失った気分です。

今よりお給料が良くなる会社なら何でもいいとか、宝くじ当たらないかなとか、そんなんじゃだめだと思うのですが、そんなことしか考えられない。


部屋は徐々にきれいにしていて、ひとつボックスを捨てました。

最近、キッチンが、散らかそうとしても散らからなくなりました。
物の住所が決まると、片付けが楽です。
少なくとも、「おねだん○○ニトリ」の鍋ラックは、見た目安普請だけど、功を奏しています。

また後日、ビフォーアフターを載せます。


リビングは、まだ紙ごみがちらかります。
書類の整理がまだまだなのです。
これも、「書類はこっち」「本はあっち」の計画を立てているので、徐々にそうしていこうと思っています。

片付けはそれなりに進んでいるけれど、でもやっぱりスッキリはしていません。
そこを「ダンシャリ」とかするとその場ではスッキリするかもしれないけど、それって正しいのかな、自分の心の問題を外部にすり替えてるだけじゃないか、って思うのです。

少なくとも「幸せになる」ためにやるのは違うかなと。
掃除をして「いいことありそう」気分になるのはいいことだと思うけれど、「幸せじゃないから」ダンシャリというのは、他力本願だと感じています。



最近、「ロシア人の目からみた日本の99の真実」というのを読んで、「日本人は家に遊びに来てとよく言うけどそれは社交辞令だ」「身なりは綺麗にしているけれど家は散らかっている」という内容の項目があって吹き出しました。

私が思うに、日本人の家が狭すぎるんです。

私がいまちょっと片づけられているのは、45平方メートルの1LDKを一人で使っているから。
でも下の下の階には、夫婦と赤ん坊が住んでいます。
それが普通らしい。

45平方メートルに女ひとりなら「遊びに来てー」って言えるけど、45平方メートルに夫婦と赤ん坊といった生活をしていたら、社交辞令ですらいえない。

少なくとも、日本人の家の「片付かなさ」は、狭さからくると思っています。



↓ ランキングに参加しています。良かったらクリックしてください ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

拍手[8回]

プロフィール

HN:
さくらねこ
性別:
女性
自己紹介:
各種ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

最新コメント

[07/05 Cocco]
[07/03 なな。]
[06/28 なな。]
[05/25 Cocco]
[05/25 たまこ]

忍者カウンター

メールフォーム

PVランキング

アクセス解析

ブログ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 大都会の小さな家 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS /  /