大都会の小さな家

大都会の小さな中古マンションに住むおひとりさま女の日常をつづったブログです。 注意事項: 比較的、自分の好き嫌いをはっきり述べています。 それは、単なるさくらねこの好き嫌いであって、さくらねこが嫌いな場合であっても、そのこと・ものを否定しているのでも、そのこと・ものを好きな方を否定しているのでもないことを、あらかじめ申し上げます。1記事が長めなので閲覧はPC推奨です。 リンクはご自由に、相互リンクも募集中です!

2017/10    09« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »11
*スポンサードリンク*
金曜日にお休みをいただくため、木曜日は忙しかったのです。
月曜日に、2名、入社の人がいて、私は彼らのためにパソコンを用意しました。

1名は、去年数か月、うちの会社に勤めていた人が、出戻ってきたのです。

・・・せっかくの正社員を、数か月で辞めるのは最近珍しくもないけれど、辞めてからまだ1年も経っていないのに戻ってくるのは、戻ってくる側も、また戻らせる会社もアレだなあ、と思っていました。
ちなみに若い男性です。
女性で、たとえば「夫の転勤についていって辞めたけれど、数年後もどってきたので、また働かないかと言われる」みたいなのはわかるんですけどねえ。

で、せっかくセットアップしたPCですが・・・
今日になって、その方の入社が取り消されました・・・という連絡のメールをみちゃいました・・・

入社を辞退した、じゃなくて取り消された、というのもあれだし、なんだかなあ。
ぐったりしちゃいました。



*スポンサーリンク*




今日は、私ひとりだけで、区役所の兄担当の方とお話ししてきました。

兄は「転居して家を売りたい」ということを、担当者に話していました。

大阪の実家は、当初「売ることを指導される」というお話でしたが、「資産価値なし」として住みながら生活保護を受けることを認められていました。

なので、逆に、実家を出て賃貸を借りると「住む家以外に資産を持っている」ということになり、売ることを指導されるうえ、売れて資産ができたら、賃貸を借りてから受けた扶助は返還しなければならなくなるそうです。

ただ、全額8万円の補助をもらえても、管理費2万円を払えば残り6万円なので、やはり厳しいことに変わりはありません。

兄が「売りたい」という気持ちは変わらないようです。



で、ここでいくつか問題が。
実家は、前に写真をお見せしたように、かなりの汚屋敷です。
おそらく片づけるのに100万円近くかかります。
あの汚屋敷の状態では、売ることはできません。

で、私は、売ってそこからもらえるのであれば、建て替えることはOKです。

しかし。

汚部屋片づけ代が、建て替えることが「親族からの援助」にあたる可能性がでてきました。
そうなると、兄への生活保護はうちきられてしまいます。

また、通常、生活保護であると、転居に伴う費用は生活保護から出ますが、今回は「住んでていい」と認めた持家からわざわざ出るということで、おそらく転居の費用は出ないということになります。
私が建て替えてもいいのですが、それも「親族からの援助」にあたる可能性がある、とのことです。

「生活保護を受けるケースで、持家をお持ちのケースは珍しく、またこういう事情があるのは初めてですので」ということで、「会議に諮って、妹さんから片づけ代や転居代を建て替えてもらっても『親族からの援助』扱いにならないように話をしてみます」ということになりました。

ちなみに、今、4月と5月の管理費も滞納しています。
これも、家を売るのであれば建て替えてもいいのですが、建て替えると『親族からの援助』扱いになってしまいかねないので、この件についても相談中です。

もちろん、「体を悪くしかねない汚屋敷に住んだまま、ずっと生活保護を受け続ける」より、「いったん少しの期間生活保護を受けて、転居して、生活環境を変えて、働ける可能性を増やして、家をうってまとまったお金を得る」ほうが、兄にとっても、私にとっても、大阪市にとってもいいのです。

「できるだけさくらねこ兄さんに良いように図りたいと思います」とおっしゃってくださいました。ありがたいお話です。

非常にレアケースだそうですが・・・今後、このようなケースは増えるのではないかと、私は思っています。

似たような事例、いわゆる高齢ニートが、親の残した持家に、汚屋敷のまま住み続ける・・・現金はまったくないので生活保護・・・なんて今後大量発生しそうな気がします。

ほかの兄弟にも持分があってややこしかったり、あるいは当人単独でも近所迷惑になってトラブルが発生しているとか、あるいは売って再生のきっかけにしたいと思うとか、こういうのは今後絶対でてきます。

今回はまだ、兄弟が協力的かつお金を建て替える意志があるだけ、まだ救いようがある事例かもしれないなと、思っています。
たとえば「ニート兄さんがどうなろうとしらん、近所の人から放火でもされて死ねばいい」と見放すとか、「自分にも持分があるから売って兄貴は放り出したい」と主張するとか、あるいは近所から苦情のくる汚屋敷だけど当人には金もなく建て替えてくれる親族もいないとか、今回の兄のケースよりはるかに悪い「同様のケース」が、今後きっと多くなると思っています。






↓ ランキングに参加しています。良かったらクリックしてください ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

拍手[7回]

プロフィール

HN:
さくらねこ
性別:
女性
自己紹介:
各種ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

最新コメント

[10/13 Zebra]
[09/23 mika]
[09/20 こけこっこ]
[09/19 こけこっこ]
[09/06 通りすがり]

忍者カウンター

メールフォーム

PVランキング

アクセス解析

ブログ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 大都会の小さな家 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS /  /