大都会の小さな家

大都会の小さな中古マンションに住むおひとりさま女の日常をつづったブログです。 注意事項: 比較的、自分の好き嫌いをはっきり述べています。 それは、単なるさくらねこの好き嫌いであって、さくらねこが嫌いな場合であっても、そのこと・ものを否定しているのでも、そのこと・ものを好きな方を否定しているのでもないことを、あらかじめ申し上げます。1記事が長めなので閲覧はPC推奨です。 リンクはご自由に、相互リンクも募集中です!

2017/06    05« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »07
*スポンサードリンク*
先週、薬の副作用で、おそろしい下痢になったと書きました。

今日、病院で医師にそのことを言うと、主成分で下痢になるとは考えにくいけれど、コーティング剤には人工甘味料が使われているのでそれかもしれません、とのこと。


*スポンサードリンク*



なるほど。
私は人工甘味料に弱く、ならない人工甘味料もあるけれど、「カロリーオフ」などと書いている食べ物を食べると、かなりの確率でお腹を壊してしまう。
特に最近多い、スクラロースとアセスルファムKは本当にひどい状態になるから、何かお菓子とか食品を買うときは入ってないかとても気になります。

昔は、人工甘味料って、「カロリーオフ」を強調しているものか、安いものに入っている確率が高く、高級そうな見た目・価格が高いものには入っていないことが多かったのですが、最近はそうでもないです。
「味が濃い」「甘い」と書いているものの多くにスクラロースが入っている。おそらく添加すると味が濃く感じられるのでしょう。おいしそうな「あまおういちごキャンディ」「濃くて甘いオレンジゼリー」といったものに、昔は人工甘味料が入ってなかったのに、今は入っているのです。

まず「アルコール+人工甘味料」はほぼ100%、おなかを壊します。
「ヨーグルト+人工甘味料」もほぼ100%、おなかを壊します。
意外にキャンディ、焼き菓子も、この手の甘味料が入っているとおなかを壊します。
(スクラロースが、意外と焼き菓子や、菓子でない普通の食品に良く入っています!)
ジュースなどの飲料は、水が多いせいか、うっかり買っても350ml程度の分量ではおなかを壊すことは少ないです。

ステビア、アスパルテームはほぼおなかを壊しません。
キシリトールなどの糖アルコールや還元麦芽糖などは多くとるとおなかを壊します。
スクラロースとアセスルファムKはこの世から撲滅したいです。

リマルモンのコーティングにどんな人工甘味料が使われてるのかわからないのですが、とにかく私の腸が大変なことになるので、やめました。
(薬を徐々に放出するために必要らしいです、そのコーティング。)

なので、ジェネリックではない、処方されたオパルモンにしてもらいました。
これで下痢にならなきゃいんだけど・・・。

正直いうと、人工甘味料を使った食品は、個包装にも何を使ってるか明記してほしい、と思っています。(お土産の焼き菓子とかでもありえるからね!)


↓ ランキングに参加しています。良かったらクリックしてください ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

拍手[0回]

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
さくらねこ
性別:
女性
自己紹介:
各種ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

最新コメント

[05/25 Cocco]
[05/25 たまこ]
[05/22 Cocco]
[04/20 ねこねこ]
[04/12 とりおた]

忍者カウンター

メールフォーム

PVランキング

アクセス解析

ブログ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 大都会の小さな家 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS /  /