大都会の小さな家

大都会の小さな中古マンションに住むおひとりさま女の日常をつづったブログです。 注意事項: 比較的、自分の好き嫌いをはっきり述べています。 それは、単なるさくらねこの好き嫌いであって、さくらねこが嫌いな場合であっても、そのこと・ものを否定しているのでも、そのこと・ものを好きな方を否定しているのでもないことを、あらかじめ申し上げます。1記事が長めなので閲覧はPC推奨です。 リンクはご自由に、相互リンクも募集中です!

2017/08    07« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »09
*スポンサードリンク*
数日前、メル友に、書こうとしている作品のあらすじを話して、割と好評でした。
(以前、冒頭を書いてみた(そして消しtた)作品ではありません。)
 
今年中に、とある賞に送ろうと思っています。


*スポンサードリンク*




「人工呼吸器がなければ生きられない、意思表示もできない、寝たきりの娘を無理やり普通の中学校にねじこむモンスター母親」が出てきます。(不愉快になった人がいたらごめんなさい。)

「市が入学を許可するのが遅れたから入学式に出られなかった、だから入学式をもう一度やれ」
「娘専用の看護師をつけろ、女の子だから男性の看護師は不可」
「娘を手伝うことで弱者に優しくなれるんだ、だからクラスメートは手伝いをしろ」
(でも手伝うのはかわいい女子生徒か、成績のいい男子生徒に限る!)
「通知表が斜線なのはおかしい、やれさえすればできるはずだから全部5にしろ」

問題作すぎてどういう評価を受けるかはわかりませんが、モンペ母がどう暴れるか、いろいろ浮かんできて楽しいです。

書きたいことはそれ自体ではなくて、もうちょっと別のテーマなのですが、そのテーマを浮き彫りにするために少し別の角度をつけようとして、こういうことになりました。


 
 
今の私は、家を捨てて新しいことはできません。
健康状態を考えると、家を維持できたとしても、今の比較的余裕のある仕事よりきつい仕事もできないです。(昨日書いたように、かなりハードな監査の仕事、もしやらせてもらえたとしても、毎日午前様とかは無理です。)

本当に、40歳とか50歳で、新しい道を歩みたいというのは、それまでに得たものがあるだけに難しいのです。

でも、小説を書くことは、今の人生を捨てなくてもできるはず。

しばらくやってみたいと思っています。


↓ ランキングに参加しています。良かったらクリックしてください ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

拍手[6回]

プロフィール

HN:
さくらねこ
性別:
女性
自己紹介:
各種ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

最新コメント

[07/05 Cocco]
[07/03 なな。]
[06/28 なな。]
[05/25 Cocco]
[05/25 たまこ]

忍者カウンター

メールフォーム

PVランキング

アクセス解析

ブログ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 大都会の小さな家 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS /  /