大都会の小さな家

大都会の小さな中古マンションに住むおひとりさま女の日常をつづったブログです。 注意事項: 比較的、自分の好き嫌いをはっきり述べています。 それは、単なるさくらねこの好き嫌いであって、さくらねこが嫌いな場合であっても、そのこと・ものを否定しているのでも、そのこと・ものを好きな方を否定しているのでもないことを、あらかじめ申し上げます。1記事が長めなので閲覧はPC推奨です。 リンクはご自由に、相互リンクも募集中です!

2017/10    09« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »11
*スポンサードリンク*
平日夜はぐったりしてるとしても、土日位は、なんとか更新しようかなと、考えています。

今日は、書き溜めておいた記事を、アップします。


*スポンサードリンク*




去年買った今の中古マンション、ほぼ同じ条件で700-900万円上がっています。
去年買っておいて正解でした。
今後とも正解であるかどうかはわかりませんが(ローンを払いきれるかどうか等)、少なくとも今だったら買えなかったので、その意味では正解でした。
当初、大森に住みたかったのです。
京浜東北線大森駅と、京急大森海岸駅の間のエリアを狙っていました。
ただ、大森の人気が高く、おととし土地が売れて買えるようになった段階で、私が買えそうな物件はなくなっていました。
あるとしたら、大森海岸駅からさらに海岸沿いしかなく、そちらは嫌だったのです。
それで、条件を替えて、かえって都心近くに安い場所があったので滑り込んで買いました。
銀座に歩いて行けるロケーションで大森より安いって、普通は考えませんよね。
ここらへんはあまり「住む」に適した場所とは考えられていなかったのだろうと思います。確かに大きなスーパーなどもなく、築地市場はあるものの専業主婦でもなければ午前中に買い物に行くことも難しく、また売る量も、場外は一般人むけではあるものの「一家4人」ぐらいでなければ使い切れない量なのです。
しかし最近になってミニスーパーが増え、子供をつれた家族がいることも増えました。
私の住むマンションも、入居当時は、とても静かなマンションで、たまに古くからの住人であろう70歳以上の高齢の方を見かけるだけだったのが、今は子連れ家族が少なくとも2世帯入っています。
同じフロアの別の部屋には、若い男性が(おそらくルームシェアなのでしょう)二人入居しています。
都心の住宅街として生まれ変わろうとしているのかもしれません。
私の住んでいるあたりから少し歩いたところに、湊二丁目というところがあって、そこは長い間空き地だらけだったそうです。
東京大空襲で焼け残ったあたりらしく、古びた家が並んでいたところに、バブル期に地上げ屋が買いあさり、古い家を取り壊して空き地にして・・・バブル崩壊後そのままになっていたところが、ようやく、再開発されようとしています。
そこに、来年、あるいは再来年にタワーマンションができるそうです。
思った通り、大きなスーパーも入りそうで、楽しみにしています(平成30年開業予定だそうだけど・・・。)
ひとつだけ気がかりなのが、そこに入るスーパーの質です。
「高級タワーマンションなので入居者は金持ちだろうから、高級路線のスーパーに人気が集まるだろう」なんてことをしたら絶対に失敗する。
「高級タワーマンションなので入居者はローンで苦しくて、高級スーパーの高級食材に手が出ない」というのが正解です。
昔、実家から少し歩いたところに、タワーマンションができたのです。
1992年にできたそのマンションは、おそらくバブル期に建設が計画されたもので、テナントとして高級フィットネスクラブと高級スーパーが入っていました。
フィットネスクラブは、入会金15万円・保証金15万円・月会費3万円だったと記憶しています。(当初その倍ぐらいだったがすぐに安くなった。)
いっぱいビラが入るのですが、行けるわけない。
一度「1500円で体験できます」とあったので、母と二人でいってきたら、確かに素敵だったけれど、がらーんとしていました。
平日昼間だったこともあるけれど、正会員らしいおばさんが一人だけしかいなくて、寂しかったです。
高級スーパーは、開店一週間ぐらいは物珍しさでにぎわいましたが、あとは閑散としていました。
・・・国産○○豆をつかった手作り豆腐300円とか、100g1000円の輸入チーズだとか、100g500円の××鶏のもも肉とか、買わんでしょ。
そいういうのが欲しければ、最寄りの桜の宮駅から2駅で大阪、阪急か阪神の地下食品売り場にいけばもっといいものがもっと豊富に手にはいる。
欲しいのは普通の食材、値段と見合った品質の、日常のものであって、すぐにそういうものを扱うスーパーに転換したけれど、いつみてもにぎわっていませんでした。
割高なのです。
おそらくテナント料が高いのでしょう。
今、マンション名でぐぐると、スポーツクラブもスーパーもないようです。
Googleの口コミで4年前の口コミで「もう閉店してます」ということでした。
そのマンションの賃貸や中古の情報でも、スーパーはないようです。
(あれば「スーパー至近」って書きますよね。)
だから、新しくできるタワーマンションに入るスーパーさんには、声を大にして言いたい。
「このスーパー不毛の地で必要なのは普段使いの食材や日用品だ!」と。
高級で珍しい食材なんて、そのロケーションならみんな東京大丸か銀座三越にいって買ってくる。
あるいはネットで買えてしまう。
ここで買えないものは、たとえばお買い得な鶏モモ肉。
近くのミニスーパーで、冷凍1kg998円の鶏モモ肉と、同じく冷凍で1kgで498円の鶏ムネ肉があります。でも、解凍してすぐつかえるものは、鶏ムネ肉はあってもモモ肉はない。
1枚うりで割高のものはあっても、その「冷凍1kg998円のやつを解凍して売って」ほしいのにそれはない。
築地場外に土曜日にいけば、2kg2000円の鶏モモ肉は(冷凍していない状態で)売ってるんだけど、1kgでは売ってくれない。
冷凍状態ではない鶏モモ肉1kgを、たとえば半分は野菜といっしょに煮込んで食べる、残りは1枚ずつ冷凍しておいて、必要な時に食べる、をしたいのです。
でも、冷凍状態だと、解凍して、半分食べて、残り半分は再冷凍になってしまう。
その、小さなストレスを解消できるような品ぞろえが欲しいのです。
あるいはさんま。トレイに入って1匹、あるいは2匹入ってるようなさんま。
これも築地市場にいけば買えますが、勤め人が買えるのは土曜日の朝だけ。そこまで新鮮じゃなくていいから、買いやすい魚が欲しい。
ミニスーパーには置いてないか、売れなくて鮮度が下がりすぎたのしかないから。
最近揚げ物をするようになって、廃油処理に「固めるテンプル」みたいなものを探したんです。でもどこのミニスーパーにも、もちろんコンビニにもない。
結局、ロハコで注文。
きんぴらミックスみたいなのも、冷凍も冷蔵パックのものもないです。
こういう小さなものはネットスーパーで買いにくい。
ネットスーパーの配達は5000円からとかが多いので、「きんぴらが食べたい」ようなときにさっと買うようなわけにいかないから、困ります。


こういったものの品ぞろえのよい、いいスーパーができてくれることを期待しています。





↓ ランキングに参加しています。良かったらクリックしてください ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

拍手[10回]

プロフィール

HN:
さくらねこ
性別:
女性
自己紹介:
各種ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

最新コメント

[10/13 Zebra]
[09/23 mika]
[09/20 こけこっこ]
[09/19 こけこっこ]
[09/06 通りすがり]

忍者カウンター

メールフォーム

PVランキング

アクセス解析

ブログ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 大都会の小さな家 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS /  /