大都会の小さな家

大都会の小さな中古マンションに住むおひとりさま女の日常をつづったブログです。 注意事項: 比較的、自分の好き嫌いをはっきり述べています。 それは、単なるさくらねこの好き嫌いであって、さくらねこが嫌いな場合であっても、そのこと・ものを否定しているのでも、そのこと・ものを好きな方を否定しているのでもないことを、あらかじめ申し上げます。1記事が長めなので閲覧はPC推奨です。 リンクはご自由に、相互リンクも募集中です!

2017/08    07« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »09
*スポンサードリンク*
先日、ニュースで、USJの清掃係の男性が、女性客に「写真を撮ってあげましょう」とか言って写真をとってあげたあと、太ももなど触りまくって、そのあと連絡先を書いた紙を渡して去って行って、もちろん痴漢行為で逮捕されたというニュースがありました。

2/25のニュース:USJ清掃係「太ももに触れて興奮した。スケベ心で」

思うのだけど、最近は、女性に対する好意の伝え方を知らない男性が多すぎるのかもしれないな、と感じます。



*スポンサーリンク*




ネット婚活していて、女性だと私みたいな年齢のデブスおばさんでも、お声はかかるんですよ。

こんなデブスおばさんを気に入ってくれるのなら、それ相応に大事にしてあげようとこちらは思っている、あまり条件をうるさく言わずに、こちらの中身を見る姿勢があって、あんまりガツガツしないでくれる男性だったら、ゆっくりと関係を作っていって交際したい・・・と思っているのですが・・・それが全くダメなのです。

まず、写真1枚で「写真が気に入りました!」みたいなことを言ってくる。
写真1枚でテンションを上げてるのがわかるのです。
で「会おう」「会えませんか」「会いたいですね」等、言ってくる。

もう少しお話ししたいといったら、良くて「僕は会って話をしながらわかりあいたい」と言い、悪いと「どのぐらい待てばいいのですか」と聞いてきて「1-2週間はお話ししたい」というと「そんなの待てない!」と怒り出す、もっと悪いと「女と違って男は暇じゃないんだ!俺はメル友がほしいんじゃないんだ!」と怒鳴りだす、さらに悪いと返事がなくなります。

そういった男性に拝み倒されてしぶしぶ会ったこともありますが、そうすると今度は「ようし、このチャンスを活かして一秒でも早く俺を振り向かせてやるっ!」といわんばかりのことをします。
たとえば「世の中カップルいっぱいですねぇ、焦りませんか」「こうやって歩いていると彼氏彼女みたいですねー」みたいなことを言い続ける。
電車の中で「僕にもたれかかってください」、すきあらば手を握ろうとする、こちらの顔を至福みたいな表情で見つめてくる・・・初対面の、むしろ警戒してる相手に逆効果以上の最悪のことを繰り返します。

やんわりとかわしたり、優しく断ったりしてるうちは絶対あきらめない、むしろ「それを押さえつけて俺の思うとおりにしてやるっ!」と言わんばかりに敵愾心を燃やしてきます。
「嫌だって言ってるでしょっ!」と声を荒げるまでやめないんです。

男性の思う「デート」って、好みの、あるいは許容以上の容姿の女性と、いちゃいちゃべたべたすることのようです。手を握ったり抱きしめたりして女性の柔らかいからだに触れるだけでも彼らにとっては至福なようです。
相手の女性が好きというよりは、好みの女性を自分の至近距離においてからめとりたい、相手の中身とか考え方なんてどうでもいい、相手の体を抱きしめたい、頬ずりしたい、甘い髪や体の匂いをクンカクンカしたいが優先なのです。

「エッチだなんてとんでもない、僕はまじめです」という男性の「まじめなおつきあい」は、上記のようなものです。
ある意味、エッチ目的よりたちがわるいです。エッチ目的だったら股間を蹴り上げて「キャー」って叫べんで逃げればいいだけですからね。

「相手の女性と何かをして過ごす」ことが楽しくないらしいんです。
相手の女性を引きずって自分のやりたいことにつき合わせたり、趣味のウンチクを垂れることは大好きですが。

「相手の女性の人柄を知る」ことは全く楽しくないらしいんです。
人柄なんかどうでもいい、相手の女性のやりたいことなんてそんなの知らん、大事なのは相手の女が俺の好みの見た目かどうかだけだ。
好みの見た目だったら俺のやりたいことに突き合わせるだけだ、好みの女を助手席に乗せたドライブを俺がやりたいんだからそれでいい、俺の行きたい音楽のライブに連れて行っていかにすごいかウンチクを語れば女だって世界が広がるんだからいいだろうetc


メール数通で「会いたい」「会えませんか」って言ってくる男性って、それがほぼ確実に予測できるから嫌なんですよね。
もちろん、相手にとって気に入らない容姿だったら、今までの高いテンションはどこへやら、手のひら返すんですけれど、それも嫌だけど、気に入られたほうがもっと気分の悪いことになります。

もちろん体目的という危険性も高いのですが、体目的の人だと「お会いしてもいいですが最初のデートでエッチはしません」といえば手を引くからまだいいのです。

「純粋な」男性ほど、彼らの思う「純粋な」デートを思ってるから、たちが悪い。
彼らが理想としているのは、たぶん、電車の中で「二人の世界」に入っちゃってるラブラブカップルなんだろうけれど、そうなるのは体の関係よりさらに遠くにあります。
(体の関係を持ち始めた最初のころだとまだ二人の関係ってぎこちないと思います。それより先の、もう相手が存在するのが当たり前、相手と寄り添ってることが至福、みたいな状態って、よほど進んだ関係なのですよ。)

それを、ネット上で知り合ってメールを数通交しただけの相手に求めるのが、彼らなのです。

彼らは「好みの容姿で、男性を探している女性と会いさえすれば、そういう理想のデートができる」と思ってるフシがあります。


なんで「会おう」「会いたい」「会えませんか」なんだろうなと、いつも思います。
ハンで押したように同じことを彼らは言ってきます。

そんなに会いたいなら、少し話をして、たとえば相手の女性が好きな食べ物とかを聞いて、たとえば相手の女性が「オムライスが好き」といったら、返事の前に食べログでも調べて、相手の女性の行きやすいようなところにあるおいしいオムライスの店を探して、「どこそこに、おいしいオムライスの店があるんだって、行きませんか」って言えばいいのに。
そう言ってくれたら、こちらも彼氏探しているのだもの、「いいですね、行きます」って言えるのに。

趣味でもいいです。
少し話をして、その趣味に関連したところに、「一緒に行きませんか」と誘ってみたらいいのに、と思います。
たとえば、相手の女性が絵を見るのが好きだったら、「○○展にご一緒しませんか」って言えばいいだけなのに。
そういってくれたら、こちらも彼氏探しているのだもの、「いいですね、行きます」って言えるのに。

そういう、相手の女性の意思とか好みとかを知ろうとする努力も知恵もなく、ただひたすら自分の「会いたい」をぶつけてごり押しするしか知らない男性がほとんど100%なんですよ。



会いたがる理由が、「容姿が好み」ということだけなことも、嫌な点です。
「会いたい」と言ってくる男性に、「じゃあ、私のどこに惹かれてますか?」と聞くと、たいてい怒り出します。
良くて「見た目がばっちりタイプだから」です。
「見た目が好きなのはうれしいけど、じゃあ、見た目以外で何か惹かれるところはありますか、知り合ったばかりでわかるところは少ないけれどその範囲でいいですから」と聞くと、怒るか、腹を立てて音信普通になります。

「見た目が好み」って怖いんですよ。
それって、男性はどうしてわからないのかな。
プロフィールに書いてあるようなことでもいいんですよ、「お料理上手というのに惹かれた」でもいいし、ちょっとメールをやり取りした範囲で「一行じゃない、きちんとメールの返事を書いてくれるのがいいと思った」でもいいんですよ。

でもそういうことを答えてくれる男性って「会いたい会いたい」する男性にいないんです。

・・・「見た目」以外で会いたくなる理由、ないらしいんです。
それって、女性が相手の男性に「年収1500万円の医者だから会いたい」とかいうのと変わらないです。怖いです。
年収1500万円の医者が、会いたい会いたいといってくる婚活女に「じゃあ僕の、年収と医者という肩書以外で惹かれているところって何?今までのメールのやり取りでわかる範囲でいいから教えてよ」って言って、それを聞かれた婚活女は答えられなくて怒り出すようなものです。

つまり、そこしか見てないってことです。

そんな人と会いたくないですよね。


少し話をして、相手の人柄的なところを指して「あなたを気に入りました」といえば相手は安心するのに、そして相手の趣味的なところを指して「ご一緒にしませんか」といえば相手もOKしやすいのに、それをする知恵がない男性が、ネット婚活には集まっています。

容姿が好みの女に写真1枚で鼻息を荒くして、「会おう会おう会おう会おう」としつこく言い、会えなかったら「なぜ会えないんだ!」と怒り出し、女性に嫌われ続けるとプロフィールに「すぐ会える人、長々メールをしない人」とか書き始めます。


話がそれてきましたが、冒頭に書いたUSJの掃除の男性も、おそらく女性の容姿が「ばっちり好み、どストライク!」だったのだと思います。
だから「写真をとってあげましょう」と近づいて、そこまではよかったけれど、そこで男性のやりたい「好みの女性の体に抱き着いたりなでまわしたり」をやっちゃったんだろうなと思います。

女性は恐怖で動けなかったんだと思いますが、男性はそれを「怒らないからこれは脈がある」と勝手に思って「連絡先を渡し」たりしたんだと思うのです。


相手がお客さんだと難しいものはありますが、もっと、「女性に対してどう距離を縮めるか」を教える必要があるのかなと、男性一般見ていて思います。

↓ ランキングに参加しています。良かったらクリックしてください ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

拍手[21回]

プロフィール

HN:
さくらねこ
性別:
女性
自己紹介:
各種ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

最新コメント

[07/05 Cocco]
[07/03 なな。]
[06/28 なな。]
[05/25 Cocco]
[05/25 たまこ]

忍者カウンター

メールフォーム

PVランキング

アクセス解析

ブログ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 大都会の小さな家 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS /  /