大都会の小さな家

大都会の小さな中古マンションに住むおひとりさま女の日常をつづったブログです。 注意事項: 比較的、自分の好き嫌いをはっきり述べています。 それは、単なるさくらねこの好き嫌いであって、さくらねこが嫌いな場合であっても、そのこと・ものを否定しているのでも、そのこと・ものを好きな方を否定しているのでもないことを、あらかじめ申し上げます。1記事が長めなので閲覧はPC推奨です。 リンクはご自由に、相互リンクも募集中です!

2018/12    11« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »01
*スポンサードリンク*
それにしても、それまではいい友達だった、常識をわきまえた人だったのに、突然、何が変わったのでしょうか。
ブッフェを「取ってきてあげる」もおかしいし、「私の寝室がエアコンあるからそこで寝ればいい」とあくまでも家に泊めることを強要するのもおかしいです。

それまで彼女とブッフェをご一緒したことはそういえばなかったけれど、そんな非常識な相手ではなく、いつも一緒にお食事して楽しかったのです。

申し訳ないけどホテルに泊まると言ったときも、「エアコンさえあればいいんでしょう」と言い張る、気を遣うからウツが悪くなりそうと言おうとしても「いいからいいから」と聞く耳を持ってくれなかったのは本当にびっくりしました。

そういえば昔、最初はすごくいい人だったのに、突然態度が豹変した人がいました。

昔、20年ぐらい前、つまり前世紀の終わりごろ・そしてインターネット普及初期のことですが、ネット上の趣味の集まりで、とある男性と知り合いました。
その趣味の集まりで東京に行った歳知り合ったのです。

私より8歳ぐらい年上で、そのとき35歳ぐらいだったと記憶しています。
早稲田大学をご卒業で、大手商社の本社に勤めておられました。すごい経歴の方です。
大人の男性の余裕があり、話も面白かったのです。 メールでときたまやり取りをしていました。

あるときその男性が、関西にいくのでお茶でも、とおっしゃったのでお茶をしました。
お茶をしながら聞いたことには、関西にきたのは、別れた奥様の元にいる息子さんに会いに行くついでだ、ということでした。
奥様と別れた理由は、奥様が心を病まれたからだ、と言っていました。

・・・ここで、軽く、ひっかかりました。 別れた奥様との間の子供に会いに行く途中に、女性と、恋愛を含ませたような会いかたをするかなあ・・・ということと、奥様が心を病んだということを平気で話すことに、ちょっとだけ違和感を感じたのです。
ただ、東京から大阪にくるのはなかなかないからついでだったのか、また別に私とも恋愛関係ではない、本当にお茶を飲んだだけ、手をつないだりすらしていない、知り合いの関係なので、とやかく言うことでもないなぁと思いなおしました。

その時はやっぱり大人で紳士の男性でした。

ところが。

そのあと、それまでと同様に、近況を書いたメールを送ったところ、人が変わったようなダメ出しの嵐になりました。

なんでお茶を飲んだだけの相手に、こうしろとかこれはしてはいけないとか言われなければならないのかと、思うようなことです。
あなたにアドバイスを求めていません、と返事をしたところ、「はあ、じゃあ独り言ですか、暇なんですねー」といった返事がきました。

私と仲良くなりたかったんじゃないのか、と悩みました。

具体的にいえば、その当時公務員を受けることを考えていたのですが、国家二種と地方上級と、念のため国家一種も受けます、といった話をしたところ、国家一種を受けることは許さんみたいなことを言われたのです。
「あはは、君なんか受かるわけないだろ」程度のことを言われると思っていました。
そんな「もし万一そんなのに受かって俺より上になったら困る」としか思えないようなことを言い出すとは思わなかったです。

英語ができるんだから英語を活かした事務でもやればいいじゃないか、といういい方もされました。
その当時のTOEICのスコアはその男性より低かったのですが、「ああ、もし私のTOEICのスコアがこの男性より高くなったりしたら、ナマイキになっただとか、どうせ実務で使ってないテストだけの結果だとかなじられたり、場合によっては英語を学ぶことを力づくで妨害してきたりするだろうな」と感じさせられるような言い方で言われました。

まだ「モラハラ」などという言葉のなかった時代です。
それどころか、男性のそういう、気になっている女性を「俺より下に置きたい」という態度を是とし、「そういう男性にはハイハイとしたがって手のひらで転がしたらいいのよ」なんて言う女性すらいたような時代です。

でも、奥様が「心を病んだ」という原因がこの男性にあることは間違いない、と思いました。
怒涛の長文の怒りメールを返して、着信拒否をしました。

その男性にとっては、お茶をして私が「この人私に気があるのかな?」と彼に気を向けたとたん、「俺の射程に入った」と思ったのでしょう。


沖縄の元友人の豹変は、昔のこの経験を思い出させました。

私が沖縄に来て「自分の射程に入った」と思ったのでしょう。 それまでは普通にこちらを認めてくれていたのに、突然、マウントを取りに来るというか、自分の言うことやることに従わせようとするのは、本当に怖いです。
(私はけっこうこういうことをされることが多いです。そこで人間関係が壊れてしまいます。私にはそういうのを誘発する何かがあるんでしょうか。)

これも、お茶しただけの男性が「その試験を受けるな」などと命令してきたなら「なんでお茶しただけのあなたに進路を指示されなきゃならないの!」とつっぱねることはできますが、それまでいい友人だと思っていた人間が、それも「ブッフェを取ってあげる」的な真綿でじわじわと首を絞めてくるような「親切を装った」強制をされたら、なかなか拒否しにくいです。

でも、自分の支配下に置きたい・自分の言う通り動かしたいというのはどちらも同じなのです。

そういう、「親切を装った強制」は、相手を傷つけまい、とつい受け入れてしまいます。 ただ、それを我慢すると、こちらがひどく壊れてしまうし、向こうにも手間をかけさせてしまうので、そういうことをされたら次から、即、断れるようになりたいです。

↓ ランキングに参加しています。良かったらクリックしてください ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

拍手[10回]

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
さくらねこ
性別:
女性
自己紹介:
各種ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

最新コメント

[10/22 やまこ]
[10/20 通りがかかり]
[09/18 するめ]
[09/04 もっさん]
[07/07 通りすがり]

忍者カウンター

メールフォーム

PVランキング

アクセス解析

ブログ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 大都会の小さな家 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS /  /