大都会の小さな家

大都会の小さな中古マンションに住むおひとりさま女の日常をつづったブログです。 注意事項: 比較的、自分の好き嫌いをはっきり述べています。 それは、単なるさくらねこの好き嫌いであって、さくらねこが嫌いな場合であっても、そのこと・ものを否定しているのでも、そのこと・ものを好きな方を否定しているのでもないことを、あらかじめ申し上げます。1記事が長めなので閲覧はPC推奨です。 リンクはご自由に、相互リンクも募集中です!

2019/04    03« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »05
*スポンサードリンク*
最近は、お酒が飲めなくなりました。
お酒は好きなのですが、飲むとおなかが痛くなるようになりました。
多分あの泡盛事件が引き金になったと思います。
私は甘みのないチューハイまたはハイボールが大好きで、「本搾り」シリーズが特に好きだったりします。
昔は350mlの缶を2本飲んでも大丈夫だったのに、今は1缶を半分ぐらいで苦しくなってしまいます。

お酒を飲まないと、甘いものが食べたくなります。
築地にある千疋屋で、たまにケーキを買って食べています。



収納補完計画は、終盤にさしかかっています。
衣類と寝具がこの中に納まるようになって、寝室が散らからなくなりました。
まだまだ引き出しがぎっしりなので、もう少し捨てる&収納ケース買い足しで、ゆったりと入れて分類わけできるようにしたいです。
無印の商品シールを貼ったままなのは、分類分けを下書きすることを計画しているためです(はがしやすいので)。
まずはペンで「スカート(夏)」とか「カットソー(冬)」といったような分類をそこにざっと書いて、それに合わせて納めていって、完全に決まったらきちんとしたステッカーを貼ってこれははがす予定です。



古いものはどんどん捨てています。
東京に出たころ購入した、フライパン用のフタ、つまみが壊れて、全体が歪んでしまってもまだ使っていましたが、さすがに12年使ったらいいだろうと思って捨てました。



今は、床に何も落ちてない状態を維持できているので(棚はごちゃごちゃですが)、再就職できたらルンバのようなロボット掃除機を買おうかなと思ったりもします。


***スポンサーリンク***



ちょっとブログを書く間隔があいたのは、いろいろ考えさせられることがあって、でもどう書いたらいいのかわからない出来事があったり、過去のことを思いだしたりしているからです。

書こう書こうと思ってもうまく書けなくて、今もうまく書けるかどうかはわからないのですが。

ひとつは、20年近く昔の、ネット上の知人について今知ったことについてです。
知人、というのも嫌なほど、正直いってキ××イといったほうがいいような方なのですが、最近になってその方のいわゆる「専スレ」を知りました。
つまり、2ちゃんねる(今は5ちゃんねるというのでしょうか?)に、その人を話題にする専用のスレッドがあるということです。
仮にLさんとします。

Lさんは小説家志望で、私もそのころは小説を書いていたので、ネット上で知り合ったのですが、正直いってLさんは日本語自体がおかしいし、ストーリーも「これがこうなってどうしてこういう結果になるの?」みたいな感じなのです。
そのころはLさんはまだ高校生だったのですが、それを差し引いても「うーん・・・」というような感じの文章なのです。
次々に新人賞に応募するのはすごいのですが、どれも一次選考も通っていませんでした。
(当人の昔のブログでいちいち結果を報告していた。)

それなのになぜか自信満々で自分には才能があると思い込んでいて、まあそれは高校生だからしかたがないとはいえるのですが、人の指摘を聞かないのです。
厳しい感想をいえば「まだ子供なのに」、子供だからと軽くあしらえば「子ども扱いするな」、文書がおかしいというと「私の才能に嫉妬してる」・・・

こんな人なので、正直いって大嫌いだったし、絶対成功しないよって思っていました。

2ちゃんねるのスレッドは、2000年ちょっとすぎぐらいのスレッドは知っていました。
「Lさん応援スレッド」という名前で、Lさん自身が立てたというもっぱらの噂でした。またまったくきちんと出版された作品もないのに小説家としてWikipediaに自分の項目を立てたという噂もありました(いまはその項目は削除されています。)

最近、Lさんのその後を知りました。
商業作家はあきらめて、コミケで二次創作小説を出すようになったようです。
上に書いた、クソガキというべき精神そのままに20年近く経って、周囲に非常に迷惑をかけているようです。
それら書かれていることは、Lさんならやりかねないと私も思うようなことです。
中には、弁護士の名前を騙って相手を恫喝するなど、法律違反なことさえ含まれています。

それで、数年にわたって専スレでいろいろ言われているのです。

かわいそうだなんて思ったりはしません。
でも、いい気味だとも思いませんでした。
Lさんは「私は何も悪いことをしていないのに嫌われるのは2ちゃんねるで悪く書かれているからだ」と言っているようですが、Lさんの行いが悪いと思います。

でも、いちいちあげつらうのはなぁ・・・とも思うのです。
私はLさんが不愉快な人間だから関わりたくない、と思います。
正直いうと、鉄格子のついた病院に押し込めてほしい、と思うような人です。

関わるといろいろ被害があるので、注意喚起はわかります。
たとえば「未完成な本を売りつけるから買わないように」とか、コミケで周囲のサークルの荷物ラベルを見て住所を知りあとで「家賃〇万円のアパートに住んでるんですね」といった気持ち悪いメールを寄こしたりするから近くのサークルは自分の住所を知られないように注意したほうがいいとか、怒らせると深夜にDMを数百通送ってくるので注意とか、それはわかるんです。

でも、いわゆる「ヲチ」、つまりニヤニヤしながら「こいつバカじゃねーの?」と面白がって言動をみて「うわーきもーい」っていうのは違うかなと、思います。
(決してLさんの味方をしているわけじゃないです。)

嫌いで、軽蔑したいような人間の話をそんなにもしたいものでしょうか?

決してLさんに同情しているのではない、むしろ言われて当然レベルと思うのですが、それと同時に人間の悪意に対する恐れというか、なんとも言い難い不快感というか、人間に対しての信頼が揺らいでしまうというか・・・うまくいえないけど、私を落ち込ませてしまうようなものでした。

他にもいろいろ、私を迷わせてしまうようなことはあったのですが、また次回で。
↓ ランキングに参加しています。良かったらクリックしてください ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

拍手[11回]

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
さくらねこ
性別:
女性
自己紹介:
各種ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

最新コメント

[03/06 kana]
[01/17 こけこつこ]
[12/20 やまこ]
[10/22 やまこ]
[10/20 通りがかかり]

忍者カウンター

メールフォーム

PVランキング

アクセス解析

ブログ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 大都会の小さな家 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS /  /