大都会の小さな家

大都会の小さな中古マンションに住むおひとりさま女の日常をつづったブログです。 注意事項: 比較的、自分の好き嫌いをはっきり述べています。 それは、単なるさくらねこの好き嫌いであって、さくらねこが嫌いな場合であっても、そのこと・ものを否定しているのでも、そのこと・ものを好きな方を否定しているのでもないことを、あらかじめ申し上げます。1記事が長めなので閲覧はPC推奨です。 リンクはご自由に、相互リンクも募集中です!

2017/10    09« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »11
*スポンサードリンク*
ここ数日、帰宅してはぐったり寝てしまうことが続いています。
仕事は、むしろセーブして楽にやっているのですが、ぐったり疲れてしまいます。
精神的なものでしょう。

今日も、軽く食べて、少し横に・・・と思ったら午前1時ぐらいになってしまいました。

数日前に、拍手コメントで質問があって、それに対して答えを書いていたのですが、なかなか掲載できずにいました。



*スポンサーリンク*






質問は「なぜ兄にお金を渡すのか」ということです。

ご心配なさらずとも、ほとんどのお金は後で返してもらいます。
多少は「返さなくてよい」と渡した分はありますが、多くは返してもらいます。

固定資産税も、管理費も、これから払う掃除代も、家が売れた段階で、返してもらいます。


母が亡くなった時も、家に現金というものがほとんどなかったので、相続が終わって株を分けられるまでの間の生活費を貸して、それを株を分けた段階で返してもらいました。

また札幌の土地が売れるまでにけっこう時間がかかったので、売れる前に生活費が枯渇したので、そのときも兄に貸して、それも土地が売れた段階で返してもらいました。

そこは、兄はきちんと返してくれます。
なお、いずれの場合も、私はまず決められた持ち分を分けてから、あとで兄に返してもらっています。

今回も、大阪の実家が売れたあと、まず等分に分けてから、兄に、立て替えた分は返してもらいます。

私が手続きしているので、私が、今までかかった手間の分差し引いて兄に渡す、という手段をとっても良いのですが、「私が兄に不公平なことをしていない」ということを証明するために、そういう手段をとっています。

少なくとも今まで2回、兄はその点では、約束を違えたことはないです。
正直いって最低な兄ですが、その点は、間違ったことは今までやっていません。


 *


また今の段階では、兄の生活を守ることが、私の生活を守ることにもつながります。

兄を見捨てた場合、少なくとも大阪の実家が共有である限り、私に何らかの責任追及があり得ます。

一応、遺産分割協議書に、「大阪のマンションは共有、しかし利用は兄、私は兄に使用料は取らないが、兄が固定資産税・管理費を払うこと」と盛り込んではいますが、兄が払えない場合は私にきてしまいます。
(それをタテに裁判をしても、兄に払う金がなければ結局は無駄になってしまいます。)

また管理費や固定資産税以外にも問題があります。
たとえば兄を見捨てて、兄が汚部屋の中で倒れて死んで腐敗し、その腐敗した液体がしみて階下に被害を及ぼした場合、賠償を払うのは私です。


なぜこんな面倒な大阪の実家マンションが共有なのかというと、相続が発生したとき、大阪のマンションにはまだ570万円ほどのローンが残っていました。
ローンを引き継ぐのは「収入のある方」だったので、私が引き継がざるを得ず、ローンを引き継いで「家は兄が全部所有権がある」というのはあんまりなので、共有にしました。
(もちろん、ローンの分、株は私のほうが多くもらいました。)

今回、兄が大阪のマンションを売ることにむしろ乗り気であるというのは、私にとってかなり良いことです。

売って、分けたら、あとは縁切りです。

手間はかかるものの、面倒事の元がなくなりますし、かけた以上のお金が入ってきます(もともと私の所有分だとはいえ、使えなかった財産だったのでそこそこまとまった現金になるだけ、状況はかなり良いです。)

今まで2回のことを考えると、兄がお金を返してくれるだろうとは考えています。
また、もし返さなかったとしたら、それはそれで、今後「お金を貸して」系のことは「まず金を返してから言え!」と断ることができます。


 *


また、今の状態で見捨てると、何かあったときに私の責任が問われてしまいます。

たとえば、生活に困って錯乱して犯罪を犯す、それが新聞の関西版の隅っこに小さく載るほどの事件だとしても、私が全く支援しない状態で犯したものであれば、私に何らかの責任がくる可能性はあります。責任はこなくても非難は来るでしょう。

もっと大事件、たとえば「新幹線の中でガソリンをかぶって焼身自殺」だとか、「トラックで歩行者天国につっこみ人を何人も轢き殺す」といった耳目を集める犯罪などしでかされた場合、考えてみてください。

「親族である妹ができるかぎりの生活支援をしたにもかかわらず、そのような犯罪をおこした」のと、
「親族である妹がなんら支援をせず、そのような犯罪をおこした」のと、だいぶ違いが出てきます。

兄は、基本的には小心者なので、お金が無くなってもそのような犯罪を犯すとは考えにくいですが、少なくとも生活に困らなければ犯罪を犯す可能性はほぼないと思います。
ある意味、前回書いたように「難民の生活をある程度は保証しないと、暴動や犯罪を起こすなどがあり、問題が発生する」というのと、似ています。


また、見捨てた場合、犯罪より可能性が高く、私にとって非常にダメージが高いのが「失踪」です。
この場合、7年たたないと売ることもなにもできず、管理費と固定資産税を払うことになります。近所迷惑にならないように、ごみ処理もしなければなりません。

全部私のものであれば売ることも、マンションそれ自体を担保にリフォームローンを借りることもできますが、共有なのでそれもかなり難しいです。
使えないゴミ屋敷を、管理費+固定資産税で40万円払いながら、7年保持するという罰ゲームが待っています。


別の可能性として「自殺」もありえます。
鉄道自殺など、他人様に迷惑をかけるかたちでの自殺をされると、やはりこれも非常にダメージをこうむります。
もちろん、多額の賠償を払えるわけもなく、相続放棄ということになります。
ただ、相続放棄をすると、兄の財産はマンションの半分。
私の財産はマンションの半分。
・・・半分を放棄して半分もつという、大変面倒なことになります。
(ほとんど使えない財産と化します。)
こうなったらおそらく、この分を手放して損害賠償に充て、残りは勘弁してもらう、というかたちになるのではないかと思います。


室内で自殺、あるいは心筋梗塞やぜんそくで倒れて死んで、そのまま腐乱死体に・・・というのも、上記のケースよりはややマシですが、それでも「片づけの費用」と、「その後の家の価値の減少」を考えると、かなり損です。



・・・そう考えると、兄が、大阪のマンションを手放すのに前向きであるのなら、「少なくともマンションを売ってその代金を分けるまでは」兄には生きていてもらうのが一番だということになります。

少なくとも私の立場から考えると、いい順番から考えて

1.兄の故意や重過失でなく、兄が事故にあって死ぬ。
(たとえば信号無視の自動車に轢かれて死ぬ)

2.兄が外に出ているときに心筋梗塞などで倒れて死ぬ。
(身分証明書を持った状態ですぐ発見される状態で、外で死んでくれる)

3.兄が家の中で死ぬがすぐ発見される
(家をひどく汚損しない程度で、自殺以外の方法で死んでくれる)

4.マンションの売却に前向きなのだから、生きてもらって、マンションの売却手続きを協力して行い、売却代金を分ける

5.兄が失踪して、7年間、年40万円になる管理費と固定資産税を払ってようやく自分のものになる
または
兄が、自殺や失火など家の価値をひどく損なう方法で死ぬ・家をひどく汚損して死ぬ

6.兄が、列車飛び込みなど他人に迷惑をかけるかたちで自殺をする

7.兄が重犯罪を犯す


1-3番になると非常に楽ですが、それは望んでできる結果でもなく、また人間として「この結果を待ち望む」というのはあまりにもまずいと思います。
(正直な話、今もし「居眠り運転のトラックに兄が轢かれて死んだ」という連絡がきたら、非常にほっとします。でも、「そうなってくれたらいい」と望んではいません。)

ということは、今は持ち出しになっても4番を推し進めるのが、一番いいということになります。
見放せば、5-6の結果がでることはまず間違いないですから・・・。


大阪の実家の共有が解消されれば、兄を切り離しても、こちらへの被害はあまりないものと思います。

遺産も公平に分け、むしろ若干こちらの持ち出しが多いぐらいに、兄の生活がなりたつように計らったのです。
それで、何年か後、兄が金を使い果たし、何かを起こしても、「私には何も責任はありません」ということができます。



何よりも、これは、私の人間性の証明にもなるのではないかと、考えています。
家族から否定されつづけてきた私です。
だからこそ「私はあなたたちと違って公平に扱う」ということが、私の内部的には重要です。



↓ ランキングに参加しています。良かったらクリックしてください ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

拍手[19回]

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
さくらねこ
性別:
女性
自己紹介:
各種ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

最新コメント

[10/13 Zebra]
[09/23 mika]
[09/20 こけこっこ]
[09/19 こけこっこ]
[09/06 通りすがり]

忍者カウンター

メールフォーム

PVランキング

アクセス解析

ブログ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 大都会の小さな家 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS /  /