大都会の小さな家

大都会の小さな中古マンションに住むおひとりさま女の日常をつづったブログです。 注意事項: 比較的、自分の好き嫌いをはっきり述べています。 それは、単なるさくらねこの好き嫌いであって、さくらねこが嫌いな場合であっても、そのこと・ものを否定しているのでも、そのこと・ものを好きな方を否定しているのでもないことを、あらかじめ申し上げます。1記事が長めなので閲覧はPC推奨です。 リンクはご自由に、相互リンクも募集中です!

2017/07    06« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »08
*スポンサードリンク*
ふるさと納税のカボスハイボールが届きました。

国東市から発送のメールがあったあとにあの豪雨だったので、心配していました。

ヤマト運輸の人が「すみません、箱が壊れてしまったので詰め替えました」ときれいな段ボールに詰め替えて渡してくれました。

嬉しかったです。



遠くからこんな荷物が、まったく安全に届けられることは、普段あたりまえのようなことだけれど、奇跡のようなことだなと思います。

日本にもいろいろ問題はあるけれど、豊かで、平和に暮らせることに感謝です。


***スポンサーリンク***



日本が、いろいろ紆余曲折はありながら、先進国として存在できるのは、欧米の植民地にならなかったということが非常に大きいと思います。

欧米諸国から収奪された歴史が長ければ長いほど、国として貧しい段階にあるのは間違いないことです。

アフリカはヨーロッパに近く、日本は最も遠かった、しかも海に囲まれた島国だった、という地の利の違いもあったと思います。

でもそれだけではない、もっと決定的な理由は別のところにあると思います。


奴隷貿易というと、銃を持った白人が逃げ惑う黒人たちを捕まえて奴隷市でセリにかけて船に乗せて無理やり運び出す、といったイメージだけれど、実際は黒人たちを奴隷として捕まえたのは白人ではないのです。

奴隷海岸と呼ばれたアフリカ西海岸には、いろいろな部族が小国家として乱立していました。
白人はそういう国家に武器を売りつけ、その対価として奴隷を受け取っていました。
アフリカの国々は、隣の国に攻め込んで捕虜を捕まえて白人に売って武器を買い、さらに戦争をしていたのです
あるいは自国民を売ったこともあったかもしれません。

どこの国もそうやって周りの国に攻め込み、あるいは攻め込まれ、そのたびに国民を減らしていった末に、働き手・文化の担い手がいなくなり、国として崩壊していったのです。
あとは、白人に支配されるだけです。

日本を見ると、そのころ白人たちは日本にもやってきて、日本人を奴隷として売りさばいていたのです。
戦国時代に、難民として戦乱を逃れていた日本人を捕まえて売りさばいていたのです。

しかしそれを見た秀吉は激怒し、伴天連追放令を出します。
さらに豊臣政権を継いだ徳川政権は、それをさらに推し進めて鎖国をします。

もし秀吉が、アフリカの国々のように、白人が提供する金品などに目がくらんで自国民を売りさばくような人であったら、そこから白人につけこまれていただろう、日本の運命は変わっていたということです。


鎖国は、日本の近代化を妨げたかのようにいわれているけれど、私はむしろ「どこの国にも攻め込まれない、どこの国にも攻め込まない」という、積極的な意味を見出したいと思っています。

もし家康が、信長のような対外政策を考えていたなら、二度の秀吉の侵攻で荒廃した朝鮮半島に再度攻め込み、そこを足掛かりに弱体化した明を滅ぼし中国大陸を支配していたかもしれない。
あるいはイギリスに敗れて急速に海外への覇権を失っていったスペインに代わって、スペインの領土だったフィリピンを奪い、インドネシアをオランダと争い、イギリスやフランスが手を伸ばす前に東南アジアを支配し、イギリスが到達する前にオーストラリアやニュージーランドを領土にしていたかもしれない。

そうなったら、その後の世界は変わっていたでしょう。
日本語が多くの世界で使われ、日本はヨーロッパの国々と同じように植民地を持つ大国となったでしょう。あるいはその過程でヨーロッパの国々と交戦し、被害を受けたかもしれない。

でも、私は、そんな世界でなくてよかった、と思っています。
つまり日本人が、銃をもって、旧石器時代の生活をするアボリジニを追い散らすようなそんなことをしなくてよかった、ということです。

多少の例外はあっても、日本人は他国から奪わず、奪われず、その歴史を紡いでいったと思っています。

この状態がいつまでも続きますように。






↓ ランキングに参加しています。良かったらクリックしてください ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

拍手[25回]

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
さくらねこ
性別:
女性
自己紹介:
各種ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

最新コメント

[07/05 Cocco]
[07/03 なな。]
[06/28 なな。]
[05/25 Cocco]
[05/25 たまこ]

忍者カウンター

メールフォーム

PVランキング

アクセス解析

ブログ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 大都会の小さな家 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS /  /