大都会の小さな家

大都会の小さな中古マンションに住むおひとりさま女の日常をつづったブログです。 注意事項: 比較的、自分の好き嫌いをはっきり述べています。 それは、単なるさくらねこの好き嫌いであって、さくらねこが嫌いな場合であっても、そのこと・ものを否定しているのでも、そのこと・ものを好きな方を否定しているのでもないことを、あらかじめ申し上げます。1記事が長めなので閲覧はPC推奨です。 リンクはご自由に、相互リンクも募集中です!

2017/04    03« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »05
*スポンサードリンク*

ブログ村「おひとり様」カテゴリーの、50代女性の話を、かたずをのんで読んでいます。

昔は「モラル・ハラスメント」(モラハラ)なんて便利な言葉、無かったです。

そもそも、「男ならそのぐらいあっても」「男をそこまで怒らせる方が悪い」みたいな言い方すらされたりしました。

苦労されたろうな、と思いながら読んでいます。


*スポンサードリンク*





昔々、27歳ぐらいのころだったかな。いまからもう20年近く前の話です。

パソコンをもちはじめて、趣味のサイトで交流してお友達ができたりして、楽しかったです。

その、趣味のサークルで、35歳の男性が私に興味を持ってきました。
時々メールをしたりしました。

なんと、M井物産本社のエリート社員ですよ!
ただしバツイチで、別れた奥様と5歳の息子さんが、神戸に住んでいるということでした。

その男性が「子供と面会に関西にいくから、その途中でお茶でも」と言ってきたんです。
(その頃私は大阪に住んでいました。)

そのお茶の席では、和やかにお話をしました。
離婚の理由を聞くと、「奥様が心を病まれた」とのことでした。

私に興味あるのかな?と思いました。

数日後「お茶ありがとうございました」みたいにメールして、近況みたいなことをさらっと書いたらですね、いちいちそれにダメだしやアドバイスをしてくるんですよ。

お茶しただけなのにものすごく偉そうで「あなた私の何が判ってるの?」と思いました。
「ただ近況書いただけで、それしか知らない私に対してなんでそんなことを言うの?」とメールすると、
「じゃああなたは独り言を書いただけか!忙しい私に対して!この私がアドバイスしてやったのに!」といった内容が書かれてきたので、
「わたし、お茶を一緒した程度の人にアドバイスしてもらいたいと思いません。こんなことを言ってもうしわけないですがあなたの奥様が心を病まれたのは、あなたが原因でしょう?だいたい別れた奥様の元のお子さんに面会しにいく道中に女性とお茶とか頭沸いてる!」といった内容を投げ返して着信拒否しました。

それっきりです。

でも、そのサークルの主催の男性に、この人がこういうことをしてきた、といったら、私が悪いことにされました。

今でも男性だったら理解しない人も多いだろうし、その頃だったらなおさら「それは君を心配してくれていたんだ」とか、「腹が立っても男を立てて」だとか思われるようなことだろうな、と思います。


何で男は、何も知らないくせに「アドバイス」したり、女に対して「お前を強化薫陶してやる」的な態度をとるんでしょうかね?
そんなによくしてやりたいのなら、男より勝るところがあったら喜べばいいのに、そうじゃない。
女の方が知っていることや勝ってることがあると、ぶすっとふくれたり、そのことを避けたり、ナマイキだと怒ったり、別のところで卑しめてきたり、あまつさえ暴力をふるうことさえあります。

「あくまで俺が上、お前は下だ」って言いたいんです。
「お前が下だから守ってやる」じゃなくて、「お前が下だから言うことを聞け、俺に逆らうな」なんです。

どんなに素敵な男性でも、それをされた瞬間、大嫌いになるんですが・・・。

それを「かわいい」と思ったり、「男のそういうところを立てて、手のひらに転がして」とかクソクラエと思います。


たとえば、その男性とメールのやりとりをしていたとき(お茶の約束をする前)、その頃の私のTOECのスコアは、700点代で、その男性は800点代あったので、その男性はご満悦だったのですが、和やかだったそのときから「ああ、この人、もし私のTOEICの点数が上回ったら不機嫌になるな」と感じていました。
 
もし上回りでもすれば、たとえば「俺の英語は商社で鍛えた本物で君のは問題集でとった偽物」というとか、あるいは「女は英語だけはうまくなるが視野が狭い」と皮肉るとか、それ以降英語を勉強しようとするたびに妨害してくるとか、ありとあらゆることが考えられます。

もし、そんな男性と交際したり、結婚をしたりしたら、どうなるでしょう。

私は「英語をあきらめる」か、「その男性に隠れてこっそり英語を学ぶ」か、どちらかしかありません。
こっそりと学んだとしても、うっかり郵便受けに届いたTOEICのスコアなど見られたら、不機嫌になられたりするでしょう。嫌味をいわれたり、あるいは殴られたりするかもしれません。

たとえば「英語」みたいな、ひとつだけなら「商社マンで英語にプライドあるのねー、そこさえ私がガマンすれば、あとは優しいし実入りもいいし」とガマンすることは、できなくもないです。(私は不器用なのでむりですが・・・)。

でもそれが、すべての面で「お前は俺より劣ってるんだ、口答えするな、俺様の劣等感を刺激する一切をやったらぶんなぐるぞ!俺様が劣ったお前を指導してやるんだ!」的な態度をされるとすれば、数年そんなのと暮らしたら、心を病んでしまうのは確定的に明らかです。


なんで、世の中は、そんな男性の、ちっちゃい、くっだらない「男のプライド」を傷つけたらだめだ、と女にいうんでしょうか?
そういう男に「相手の良さを認められる方が偉いんだよ」「自分の間違いを認められる方が強いんだよ」って子供の時から教えないんでしょう?
(弱い女を我慢させるほうが楽だからですよね!)

「男は子供だから」とか「男のプライドだから」とか周りがいって、そういう悪いところを矯正されずに野放しにされてる人が多いんです。


私の兄もそうだけれど、だいたい高齢引きこもりニートになってるのって、長男教だとか男は偉いとかで、特別に扱われて甘やかされた男なんです。

自分の間違いが認められない、誰かを下にみていないと気が済まない、そんな人間なんて、男だろうが女だろうがうまくいくわけない。


三井物産男だって、優秀なんだろうけれど、もし私の「先日はお茶ありがとうございました、最近私は○○試験を受けようと思っていて・・・」といった近況のメールに、普通に近況をかえせる男だったら、あるいはつい「いいところを見せよう」として余計なアドバイスやおせっかいをしてしまったとしても、それに対して不満を伝えた私に、「ごめんごめん、つい要らないお世話しちゃって」と軽く謝れるような男だったら、お付き合いに至った・・・ではなくて奥さんと別れることもかわいい盛りの息子さんと離れて暮らすこともなかったんです。


私が、40ン年生きてきて、ひとつだけ言えることは「男のプライド傷つけやがって!」的に怒る男からはお逃げなさい、ということです。
「男のプライド」って言葉がでる男は「女は男より下で当然」って思っているからです。
また、そういう場面で「男のプライド傷つけるあなたが悪いのよ」という周りからもお逃げなさい。男でも女でもそういうバカ者どもはいます。

(また、「男が」と書いてますが、最近はそういう、モラハラ女もいて、男女逆のこともあります。そういう相手からは、男女問わず、同性異性問わず、お逃げなさい。)


結婚できないかもしれないけれど、そういう男と結婚する地獄をみるよりは、ひとりのほうがいいです。




↓ ランキングに参加しています。良かったらクリックしてください ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

拍手[17回]

そう思います。

初めまして。
男が上の教育世代も高齢化していますが、何割かは流れを受け継いだ子孫が…
男、女、全く違う生物?なんだから良いトコどり出来たらいいのにね~
私も疲れて×が付きました。
by P子 2015/04/28(Tue)20:06:36 編集

Re:そう思います。

コメントありがとうございます!

全くそうですね。
尊敬できない人を尊敬するふりをしろってどうして女だけに強要されるんでしょうか?
不思議です。
「男は、下げたくもない頭を会社では下げてるんだ!」ってよく言うけど、男は定年までですよね。
定年までそういう夫に頭を下げて、定年からは一日中下げ続けると考えると、熟年で夫の退職金を持って逃げ出す女が多いのはわかります。
2015/04/29 17:37
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
さくらねこ
性別:
女性
自己紹介:
各種ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

最新コメント

[04/12 とりおた]
[03/09 いがぐり]
[03/03 通りすがり]
[02/15 いがぐり]
[02/15 tensiroque]

忍者カウンター

メールフォーム

PVランキング

アクセス解析

ブログ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 大都会の小さな家 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS /  /