大都会の小さな家

大都会の小さな中古マンションに住むおひとりさま女の日常をつづったブログです。 注意事項: 比較的、自分の好き嫌いをはっきり述べています。 それは、単なるさくらねこの好き嫌いであって、さくらねこが嫌いな場合であっても、そのこと・ものを否定しているのでも、そのこと・ものを好きな方を否定しているのでもないことを、あらかじめ申し上げます。1記事が長めなので閲覧はPC推奨です。 リンクはご自由に、相互リンクも募集中です!

2017/08    07« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »09
*スポンサードリンク*
結局、ほぼ寝たきりの三日間・・・

最後のほうでようやく少し楽になって、牛肉とゴボウの炒め煮を作りました。
ふるさと納税の牛肉が届いたためです。

7月半ばから体調がわるかったり、旅行にいったりで、いろいろ買った食材で冷凍庫が破裂しそうです。
少しずつ食べます・・・。


***スポンサーリンク***



やっぱり、今の自分の症状を考えると、内臓が冷えている状態にあてはまることが多すぎます。

手足は冷えないのに、太ももがいつもすごく冷たいです。
また特に今年は冷房のかかっているところに入るのが非常にきついです。

コンビニも、スーパーマーケットも、なぜあんなに寒いのでしょうか。
1-2分居ただけでブルブルふるえてくるほど寒いです。

東京の夏はエアコンがないと過ごせないけれど、なんとかならないものでしょうか。

沖縄とか、あるいは東南アジアの人も、東京の夏は暑い・過ごしにくいと言います。

私は沖縄に行ったことはないけれど、なんとなく「暑いけれど、ゴーヤのすだれの日陰をつくった室内に、海からの風を通し、冷たく冷えたオリオンビールでも飲んでいればやりすごせる」暑さのような気がします。

東京の夏は・・・
昔読んだフィリップ・K・ディックのSF小説で、どんなストーリーだったのかも結末も覚えてないけれど、近未来の、地球温暖化が進んだ世界を描いた作品で、こんな描写がありました。
男が、近未来のアパートに住んでいて、そのアパートは完全断熱でエアコンがかかっているのだけど、外は宇宙服のようなものを着ないと出歩けないほど暑いのです。
妻が陶芸をしているのですが、粘土を練って整形した作品を、リュックにいれて、背中に担いで歩くと、陶芸作品が焼きあがるのです。

・・・今の東京はそこまでではないけれど、しばしばそれを思い出すことがあるレベルなことは間違いないです。

だから、ガンガンとエアコンをかけなければならないけれど、外にでるとまるで電子レンジの中にいるようで、その温度差で体を壊してしまいます。

・・・私の仕事は地方にはほとんどないので、東京で体を壊しながら生きるしかなさそうですが・・・。







↓ ランキングに参加しています。良かったらクリックしてください ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

拍手[11回]

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
さくらねこ
性別:
女性
自己紹介:
各種ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

最新コメント

[07/05 Cocco]
[07/03 なな。]
[06/28 なな。]
[05/25 Cocco]
[05/25 たまこ]

忍者カウンター

メールフォーム

PVランキング

アクセス解析

ブログ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 大都会の小さな家 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS /  /