大都会の小さな家

大都会の小さな中古マンションに住むおひとりさま女の日常をつづったブログです。 注意事項: 比較的、自分の好き嫌いをはっきり述べています。 それは、単なるさくらねこの好き嫌いであって、さくらねこが嫌いな場合であっても、そのこと・ものを否定しているのでも、そのこと・ものを好きな方を否定しているのでもないことを、あらかじめ申し上げます。1記事が長めなので閲覧はPC推奨です。 リンクはご自由に、相互リンクも募集中です!

2017/10    09« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »11
*スポンサードリンク*
今朝の記事は分からない人がきっと多かったと思います。

要するに、ネトゲ、楽しかったけど、今思い出すと楽しかったことも多いんだけど、果てしない苦行だったなと思うのです。
(そしてひょっとしたら自分はまたその苦行に喜んで巻き込まれちゃうかもしれないと思って怖いのです・・・復帰の道筋を具体的に考えられちゃうので、怖いのです。)

私だと、昔もたぶん仕事を辞めたりしなかったし、今もしまたもどってまたはまっちゃってゲーム中心の生活をしてしまったとしても仕事を辞めるまでは至らないとは思います。

でも、ネトゲやってると、細かいところをおろそかにしてしまうのです。
たとえば、お風呂にはいるとしても、ゆっくりと温まって、お風呂上りにボディクリーム塗ってマッサージする、なんて入り方はしなくなります。
ゴミ出しや皿洗いはやるけれど、ガスレンジを磨くとか、カーテンを洗うとかいったような手間のかかることはやらなくなります。

そういったものが短期間なら全然影響ないけれど、長期にわたると、やはり何かが劣化していきます。
なによりも、日常の小さな喜びを締め出してしまうことになります。


***スポンサーリンク***



ネトゲにはまってる人を「リアルよりゲームが楽しくなっている」と思うのは間違いで、「リアルがゲームよりつまらない」からゲームにはまるんです。

見ていると、ゲームにはまっちゃう人は、例えば「失業した」「受験に失敗した」「進学したけど友達もできないし学校についていけない」「恋人にフラれた」「職場でうまくいかない」といったときに悪いはまりかたをするように思えます。

たとえば私が見た例では、それまで普通の人だったのが、仕事(美容師さんでした)をクビになった・・・と言った直後から、強い装備を集めるようになりいかに自分がスゴいかを自慢するようになりとてもウザい人になりました(そのあとどうなったかは、フレやめしたのでわかりません。)

逆に、はまっちゃってた人が抜けるきっかけは、「恋人ができた」「結婚した」「子供ができた」「就職した」「目指す学校に進学した」「会社やバイト先で評価された」「リアルで新しくはじめた趣味のほうが楽しくなった」といったものが多いです。

私の見た例では、かなりやりこんでいた人が、「テニスを始めた」と言い出し、そのあと「そこで彼氏ができた」といってそれっきり見なくなったことがあります。

ゲームが現実より楽しいからじゃない、ゲームより現実に失望が多いと人は容易にゲームにはまりこんじゃうし、現実がゲームより楽しく貴重なものであればどんなに堕落したネトゲ廃人でも現実に戻っていきます。

私がぬけるきっかけは、この家を買ったことで、現実に大事なものができちゃうと、ゲームの世界が本当に色あせて見えたし、それを一生懸命やってる仲間たちを「なにやってんだこいつら」という目で見てしまうようになったし、あれだけ楽しかったのが全然楽しくなくなったんです。

ただ、これも「大事な現実」でゲームの世界から戻ってきたのにもかかわらず、何かのきっかけでまた引き戻されちゃう人もいるので、安心はできません。
これも私が見た例で、私より若干年上の男性で、昔はけっこうやりこんでいたけれど、「年齢いってるし自営業だし年収も低いからローン組むの大変だったけどようやく家が買えた」「子供も生まれて生活しんどいけど毎日充実してる」といっていた人が・・・最強武器をとるためのアイテムを求めて毎日どっぷりとインするように・・・(家は?お子さんは?)
どうなったかは知りません。そういうのを取るための集団にはいって、私を無視しだしたので、あとは知らないです。

こんなこと書いてるけど、私だって危ないかもしれないです。

朝に書いたのですが、止めてから2年半経つけれど、「こうすればまた最先端のエンドコンテンツに戻れるなあ」という道筋はなんとなくわかるからです。

だから、現実に失望したとき、そっちに行っちゃう可能性は全くないとは言えないです。

FF11に戻るということだけじゃない、他のネットゲームで同じようなことをする可能性はけっこう高い気がします。
実際、止めたあと、たとえばTERAなどやってみたんですよ。今は最大レベルまでソロでいけるようなんだけど、一人でやるのがつまらなすぎてやめました。一緒にコンテンツいけるようなプレイヤー集団(ギルドとか)に入れば楽しくなると思いますが、そうしたらまたFF11と同じことをすることは分かっていたので・・・「みんなに追いつくためにがんばる」「みんなの足をひっぱらないような装備やスキルにするためにがんばる」「みんなの助けになるようないい装備を集めるためにがんばる」・・・のエンドレスになるので・・・そういうのには入らず、数日で辞めました・・・。

幸い、今は、現実生活のほうがはるかに楽しいです。

6月は、友達からのお誘いがいっぱいあります。
今週の土曜日は夜に新橋の焼き鳥屋に友達と飲みに行きます。
来週の金曜日は有給とってRYUさん夫妻とバーベキューします。
そのまた次の金曜日は、半休とって友達とランチです。

このようであるかぎり、大丈夫と思います。





↓ ランキングに参加しています。良かったらクリックしてください ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

拍手[13回]

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
さくらねこ
性別:
女性
自己紹介:
各種ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

最新コメント

[10/13 Zebra]
[09/23 mika]
[09/20 こけこっこ]
[09/19 こけこっこ]
[09/06 通りすがり]

忍者カウンター

メールフォーム

PVランキング

アクセス解析

ブログ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 大都会の小さな家 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS /  /