大都会の小さな家

大都会の小さな中古マンションに住むおひとりさま女の日常をつづったブログです。 注意事項: 比較的、自分の好き嫌いをはっきり述べています。 それは、単なるさくらねこの好き嫌いであって、さくらねこが嫌いな場合であっても、そのこと・ものを否定しているのでも、そのこと・ものを好きな方を否定しているのでもないことを、あらかじめ申し上げます。1記事が長めなので閲覧はPC推奨です。 リンクはご自由に、相互リンクも募集中です!

2017/06    05« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »07
*スポンサードリンク*
毎回、大阪の家に行くたびに、そのあとどっと疲れます。

いいホテルを選んで、たとえば温泉や大浴場がついているホテルを選んだり、それに加えてマッサージのメニューを加えたりと、できるだけ体に負担をかけないことを心掛けたのですが、それでも体調がおかしくなります。

今回は金曜泊を三井ガーデンホテル大阪プレミア、土曜泊をリッツカールトン大阪にしました。
月曜日には、私と大阪をつなぐ「大阪のマンションの権利」を売りとばして、大阪とは関係のない人間になるので、最後に贅沢をしようと考えてのことです。

もともと、母が亡くなったとき、ちょうど春のお彼岸と甲子園が重なっていて大阪に宿がとれず、残ってるのは帝国ホテルやリッツカールトンやヒルトンのスイートみたいな部屋しかなかったのですが、それを兄に言うと「帝国ホテルに泊まったら?思い出になるよ」などとのたもうたことがあります。
母親が亡くなったときに「思い出になるよ」とは常人の神経ではありません。
それ以来、私は、兄に対し「てめえが死んだら帝国ホテル大阪のスイートルームに泊まってシャンパンで祝杯して思い出にしてやるよ」と思っています。

それをふまえて、今回は兄と縁切り記念に、リッツカールトン大阪のクラブフロアで、飲み放題スパークリングで祝杯・・・というつもりで泊まったのです。






今回は、半日で、前回よりははるかに片付いていて、前回片づけられなかったリビングの奥を片づけてピアノを出せる道を作るということだけだったのですが、それでも脚がかゆくなりました。

清掃業者のOさんにいうと、「前回は、慣れている私たちでも、後で手足が真っ赤に腫れ上がりました」とのこと。
ダニなど何かいっぱいいると思われます。

また、家全体が、なにか獣のねぐらみたいな臭いがします。

前回、兄に金をやって風呂に入らせると、その臭いが薄らいだので、兄から臭っているのでしょう。
もちろん兄が寝ているときに使っている真っ黒な毛布や薄い夏掛けも臭うのですが・・・。

兄は「そんなに臭うか」「水風呂に入って洗っている」というのだけど、臭うものは臭うのです。 風呂に入ってきたら臭いがかなり薄らぎますので・・・。

そしてすごく暑いです。 だらだらと変な汗をかきます。
窓をあけると風は通るのですが、嫌なものにつつまれている気がします。

兄は「そんなに暑いか?」というけれど、私だけではない、Oさんも暑いといい、「お兄さん、熱中症には気を付けてくださいね、むしろ暑さを感じなくなっているほうが危ないですからね」と声をかけてくださったほどです。

家の外、階と階の間に踊り場があってベンチがあるのですが、そこに座っていると、日陰になっていい風が通るんです。
そこにいると涼しいので、ピアノ業者や、宅配便を待つ間はそこに座っていました。



大阪の家には、人も物も壊してしまう、何か悪い気がたちこめています。

前回6/25に大阪に行ったときなのですが、大阪の家にノートPCを持っていきました。
いつも持ち歩いているソニーのVAIOです。

その朝まで、ホテルで全然問題なく動いていたPCが、大阪の家でスイッチをいれても、軌道しなくなったのです。
正確にいえば起動するのですが、ログイン後デスクトップが出ずに落ちて、再起動がかかり、「ウィンドウズが正常に起動しませんでした」と出て、セーフモード等を選ぶ画面になってしまうのです。

通常起動してダメ、セーフモードでダメ、次にセーフモードからチェックディスクかけようかと思ったら、起動しなくなりました・・・ 室内での作業が終わって、持って帰りたいものを箱詰めして宅配便を呼び、宅配便ドライバーが来るまで、踊り場のベンチで待っていたのですが、その間にパソコンがどうにかできないか、立ち上げてみました。

・・・すると、さっきまで電源が入らなくなっていたのに、今度は立ち上がって「ウィンドウズの修復」画面が出ました!
そしてしばらく修復させると・・・6/3時点の構成ですが無事に使えるようになりました!!!


・・・あの大阪の家には、何か、人も物ももダメにする悪いものが立ち込めていると思います。

洗面所やキッチンの排水パイプだって腐るなんてそうそうありえない。
給湯装置だって、父の死後一度交換しているはずです。母が亡くなった時風呂に入っていたので、母が亡くなったときは使えていたはずです。
それがいつの間にか壊れる、ガスレンジも壊れる、何もかも壊れていくんです。

 *

話がそれましたけれど、あの家に行くたびに、どっと疲れて、体調を崩します。

今回も、8時から14時までの滞在で、しかもあの家にずっと居たわけではなく、12時からは例の踊り場のベンチに座っていたのですけれども、それでもそのあとえらい目にあいました。

終わった後、タクシーを捕まえて、リッツカールトンまでいって、アフタヌーンティーをいただきながらチェックインしました。
リッツカールトンのクラブフロアに泊まると、1日5回のフードプレゼンテーションというのがあって、1日5回、料理食べ放題なのです。 朝から何も食べてなかったので、とてもおいしかったです。

しかし疲れていたので、そのあと部屋に入って、風呂に入ったあとぐったりしてしまいました。
小さなフルートグラスに入ったスパークリングワイン2杯程度では、酔っ払って気分が悪くなるということはありません。

横になって休んでいると、突然、右の親指の付け根に激痛が走りました。
まるでこのまえ元生徒に指を切断された渋谷のバレエ教師にでもなったかと思ったぐらいです。
でも、切断されてるわけではなかったです。 どうも攣ったらしいのです。

どうしようかと思って左手を右手の親指のつけねに添えたとき、今度は左肩から左肋骨にかけて同じように攣った痛みが・・・ そして連鎖反応で今度は右のおしりから太もも、左のふくらはぎ、右の足の裏と、全身攣ったのです・・・地獄でした。

リッツカールトンのお姫様ベッドの上でのたうちまわること2時間・・・なんとかおさまりました。
しかしながら、せっかくのフードプレゼンテーション、体調が悪くあまり食べられず。 おいしそう、もっと食べたい、もっと飲みたい、って思うのですが、体がついていきません。

17時から19時半のプレゼンテーションは「夕食前の前菜」らしいのですが、普通に夕食として十分な量があります。(あちらの人って、これを「前菜」にしてさらにディナー食べるんでしょうか???)
オリーブ、プロシュート、サラミ、チーズが非常においしく、ワインやスパークリングとよく合います。ビールももちろん頼めますので、男の人だと、こうしたものをつまみながらたくさん飲めると思います。

本当は、宿泊者はフィットネス無料なので、プールいこうとおもったのですが、全身攣ったあとでプールは怖すぎて行かず、またぐったり横に。

20時から22時のプレゼンテーションは「ナイトキャップ」で、スイーツやおつまみに飲み物のタイム。これももちろんアルコールが出ます。 たくさん飲みまくりたかったのですが、パイナップルを食べ緑茶をすする私・・・。

お部屋で小説を書いて「有名作家ごっこ」するぞと思ったけれど、23時前にまぶたが重くなりダウン。

朝6時すぎに目を覚まし、体が攣ってないことを確認して、プールへ。
人がほとんどいないプールです。
私の前に夫婦二人で来てた人がいましたが、ほぼいれちがいでした。
しかも監視員もいないプール^^; 溺れたらどうするんだろう。

段差があって、日本のホテルチェーンなら「段差があります、お足もとにお気を付けください」なんて書かれていると思うのだけど、ないんです。 さすがアメちゃんホテルチェーンです。

プールで水中ウォーキングと、屋外ジャグージを楽しんで朝食。
さすがにおなかがすいてけっこう食べました。アルコールはなし。(頼めば提供してくれると思いますが朝から飲みたくない。)

そのあとまたぐったりと横に。 気が付くとチェックアウト時刻30分前。
11時からのフードプレゼンテーションをいただきながらチェックアウト、なのですが、まだおなかも空いていないし、今度は吐き気がします。

おいしそうなものが並んでいるのですが・・・ようやくお蕎麦だけいただきました(お椀にちょっとだけお蕎麦が入っている。おいしかったです。)
おいしそうなショートケーキがあったのですが・・・脂っこいものを食べたら吐くなあと思ってやめました。

まだ時間があるので、国際美術館での兵馬俑展と、科学館のプラネタリウムを見ようと思いました。
しかし兵馬俑展で力尽きました。
プラネタリウムを見たらきっと吐く、上映中にゲロ吐いたらやばいと思ってやめました。

帰りはグリーン車とりました。 普通車は、どこも混雑していて、ゲロ吐きたくなっても「すみませんすみません」と人をかきわけてトイレに向かうことになると考えると怖くて・・・。

さすがにグリーン車だと、横に人がいないので、少し楽に座っています。
(でもグリーン車でも50%ぐらいの乗車率・・・JR東海儲かってますな。)

いまは社内でこれ書いてますけれど、あとすこしで新横浜なんですけど、早く家に帰って横になりたいです。
来週から一週間か二週間、体調不良が続くかと思うと、うんざりします。
気分はすっきりしてるけれど、ぐったり。

でももう、二度と大阪の家にいくことはないはずです。 ・・・「大阪の○○○コーポの管理人ですけれどお兄さんの家から、とんでもない異臭が・・・」なんて呼びつけられたら・・・「嫌です、もう関係ないから行きません」って言えるかな。

たぶんそうなったら行かざるを得ないけれど、でも家には入らないつもり。

大阪にはいつか、こんな嫌なことではなく、楽しみのためだけに行きたいです。 リッツカールトンのクラブフロアのフードプレゼンテーションもリベンジしたいです。


↓ ランキングに参加しています。良かったらクリックしてください ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

拍手[36回]

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
さくらねこ
性別:
女性
自己紹介:
各種ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

最新コメント

[05/25 Cocco]
[05/25 たまこ]
[05/22 Cocco]
[04/20 ねこねこ]
[04/12 とりおた]

忍者カウンター

メールフォーム

PVランキング

アクセス解析

ブログ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 大都会の小さな家 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS /  /