大都会の小さな家

大都会の小さな中古マンションに住むおひとりさま女の日常をつづったブログです。 注意事項: 比較的、自分の好き嫌いをはっきり述べています。 それは、単なるさくらねこの好き嫌いであって、さくらねこが嫌いな場合であっても、そのこと・ものを否定しているのでも、そのこと・ものを好きな方を否定しているのでもないことを、あらかじめ申し上げます。1記事が長めなので閲覧はPC推奨です。 リンクはご自由に、相互リンクも募集中です!

2017/11    10« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »12
*スポンサードリンク*
最近、変な時間に眠くなって寝てしまい、変な時間に目が覚めてしまいます。
そしてまた寝るので朝がぎりぎり。

体重だけ、なんとか測ってます。86.3kgとかその辺をうろうろしています。



*スポンサードリンク*





朝が遅いと、どこかでパンなど買ってしまいます。
糖質のものを食べると、頭で「これだけ食べている」とわかるのに、恐ろしい空腹感が襲ってきます。食べずにはいられないような恐ろしい空腹なのです。

一番ひどかったとき(2年ぐらい前)は、
「朝がっつりとごはん2膳」
「10時ごろにおなかがすくのでおやつ」
「お昼は新橋のおやぢ系定食屋で大盛ガッツリ」
「15時ごろにおなかがすくので100円とかで売っているバターココナツだとかあたり前田のクラッカーだとかそんなのを全部食べる」
「ひどい眠気が襲ってくる」
「18時ぐらいにおなかがすくのでうどんなんか食べちゃう」
「21時ぐらいに晩御飯を食べる」
・・・我ながら「あれ?」というレベルの食べ方をしていたのです。
どうしてこんなにおなかが減るのかわからなかった。

日本人は通常、インスリンの出が悪いので、デブでなくてもすぐに糖尿病になります。だからアメリカ人のような巨デブになりにくい。
逆にアメリカ人は、インスリンの出が良いので、食べたものをどんどん脂肪にしてしまいます。糖尿病の発病は遅いですが、巨デブになります。

どうも私は、アメリカ型のようなのです。

で、インスリンが出すぎると・・・あっというまに血液中の糖質を脂肪に変換するものの、どどーんと血糖を下げてしまう。
血糖が下がると、飢餓感に襲われる。血糖を上げる糖質をとるとほんの一瞬は満足するものの、また血糖があっというまに下がる・・・という悪のスパイラル。

糖質制限の話を聞いた時はすぐにはわからなかったけれど、ある日曜日の昼下がり、レンジでチンするスパゲッティを食べたあと、強烈な眠気と、頭痛に襲われて、そのあとに強烈な空腹感が襲ってきて「ひょっとして」と思い始めました。

で、まったく糖質をとらないようにすると、眠気と頭痛がない!
体重もするすると減っていく!
これはすごい!

と思いました。

ただ、私の場合、3-4kgするすると減って、そのあと減らなくなってしまいます。
今回もそのパターンです。
今回はもうちょっとがんばりたいな。
現時点の目標は、79kg、たぶん東京にでた初めのころの体重です。
次は74kg、大学生のころの体重。
その次は68kg、大学生時代一番痩せたころの体重。

痩せなくても、糖質制限はやります。
ちょっと食べ過ぎたなと思ったら、どこかを糖質抜きにしたら増えない、痩せるのでその意味では楽ですし、体重が減らなくても強烈な眠気と頭痛がなくなるだけでもかなり体が楽です。

ちなみに、私はどうもかなり筋肉が多いようです。
筋肉量が41.3kg、骨量が2.7kg。
フィットネスクラブで体の組成を計ると、体脂肪率も多いかわりに、筋肉量も骨量もかなり多いです。体脂肪率を減らせばむしろスポーツ選手体型になる可能性があります。

41.3kg+2.7kg=44kg、私が体脂肪率0%になっても、44kg以下になりません。
体脂肪率20%で55kg、25%で59kgなのです。
一番長生きするという体脂肪率28%で63kgという計算になるので、最終目標はそこです。

長生きはしたくないけれど、日本人女性に生まれて「長生きする可能性が最も高い」ので、健康には気を付けます。
筋肉量と骨量が多いという長所を生かして健康維持に努めます。
おひとりさまの敵は病気・入院・寝たきりです。


そうだちなみに先日からの腰から脚にかけての痛みですが・・・おそらく原因はやはりテンピュールのようです。
ベッド、頭を反対にして寝たら、うそのように右脚の痛みが引いて・・・今度はかすかに左側に痛みが走るように・・・。

・・・つまりあれだ、毎日交互に、頭の方向を替えて寝たらよいと言うことだ!

今は「鼻血ブー薬」オパルモンは飲んでいません。
先週まで飲んでいましたが、おそらく排卵日あたりだと思われるあたりでまた軽く出血したので、うんざりしてもう飲みたくないと思っています。

私って血の気が多いのかも・・・。
(赤血球数もヘモグロビン値も、女性の正常値上限を超えちゃってるのできっとそうです。)
↓ ランキングに参加しています。良かったらクリックしてください ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

拍手[3回]

こんにちは

こんにちは。お邪魔します。前から拝見していました。宜しくお願いします。

私もダイエット頑張ってますがなかなか・・・
で、今回の記事の中の2年前の食事内容、「私なのか?」と思うくらいですw

血糖値も関係あるのでしょうが、私は
「冬季うつ」と診断された事があります。
症状として寒い時期に炭水化物を沢山食べたくなる、眠い。プラス普通の(?)鬱の症状だとか。太りやすくもなるそうです。

そりゃそうですけどw

対処法としてはやはり日光を浴びる(セロトニンを増やす)とかですが・・・

早く暖かくなって欲しいですね。
でもダイエットはほどほどに、お体お大事にしてくださいね!

猫テンプレ、可愛いです♪
by みお URL 2015/02/27(Fri)16:30:37 編集

みおさんコメントありがとうございます!

なるほど、鬱も原因として大いにありそうですね。
昔、母が亡くなったあと、鬱状態になり、サインバルタという薬を処方していただいたことがあります。脳内のセロトニンを増やす薬で、これを飲むと食欲減退して痩せました。

が・・・これを飲み続けていると、頭の中で衝撃が走るようになるんですね。
音が聞こえるわけじゃないのに、頭の中で「ドカーン」「バキューン」って振動が走る。飲むのを止めたらしばらくしたらそういうのなくなりましたが。
そういう副作用なくて痩せられたらいいんですけどね。

2015/02/28 01:42
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
さくらねこ
性別:
女性
自己紹介:
各種ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

最新コメント

[11/24 NONAME]
[11/06 彩]
[10/16 読者]
[10/13 Zebra]
[09/23 mika]

忍者カウンター

メールフォーム

PVランキング

アクセス解析

ブログ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 大都会の小さな家 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS /  /