大都会の小さな家

大都会の小さな中古マンションに住むおひとりさま女の日常をつづったブログです。 注意事項: 比較的、自分の好き嫌いをはっきり述べています。 それは、単なるさくらねこの好き嫌いであって、さくらねこが嫌いな場合であっても、そのこと・ものを否定しているのでも、そのこと・ものを好きな方を否定しているのでもないことを、あらかじめ申し上げます。1記事が長めなので閲覧はPC推奨です。 リンクはご自由に、相互リンクも募集中です!

2017/08    07« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »09
*スポンサードリンク*
朝はおなかが痛くて、何も食べられなくて、それでも食べないともたないので、朝会社でコンビニサンドイッチ(ハムとキュウリ)食べたけど、ことごとくもどしてしまいました。

昼に、フジパンの黒コッペとリンゴジュース。
こういうものは大丈夫です。
ただ、一度には食べられないです。

夜は寿司(8カン)と茶碗蒸しとマンゴー。

糖質は大丈夫で、脂質もあまり多くなければ大丈夫(堂島ロールも大丈夫だし太刀魚のてんぷらとかも大丈夫)、卵も大丈夫、柔らかい魚ならあまり量が多くなければ大丈夫(寿司とか、アジのフライとか、調子が良ければうなぎも)、でも獣肉がかなりきついです。

調子が良いときは、ヒレカツが1-2切れとか、ローストビーフ2-3切れれなら大丈夫だと思いますけれど、調子が悪いとコンビニのサンドイッチのハムすら厳しいです。

特に鶏肉は見るだけでウッときます。

どうも、たんぱく質の塊を溶かそうとすると、胃までダメージがくるようです。

数日前から、会社の隣のナチュロ(顔を覚えられている)の店員さんに、ウナギ予約してといわれましたが、こんな体調じゃなかったら買ってもよかったんだけど、ここ数日ウナギはきつい気がしてやめときました。
先々週にウナギ食べておいてよかった。

食べてる量は少ないですが、糖質過剰で甘いものも食べてるので一向に痩せません。

このままお肉が食べられなくなるとしたら悲しいです。
ふるさと納税でいっぱいお肉を頼んだのに・・・(4件中、1件がカボスハイボール、2件が肉、1件がお米です)。
福岡県久留米市の黒毛和牛1kgとか、茨城県古河市の常陸牛極上肉700gとか、食べられなかったら悲しいです・・・。

お年が原因なのか、それともストレスや夏負けのせいなのかはわかりません。

とにかくお肉が届くまでにおなかを治したいです・・・。
お年だとは思いたくない。


***スポンサーリンク***



久しぶりに、ネットの上のお友達とお話をしました。
高校二年生ですよ、野球少年ですよ、まぶしい。

いろいろ書いたのだけど、その高校の関係者に見られるとまずいかもしれないので高校がわかる部分は大幅カットしました。

去年、甲子園出場した高校の生徒なのですが、去年は一年生で出場できずベンチを温めていただけ、今年は二年生でひょっとしたらレギュラー?と聞いたら、レギュラーどころか、監督から一方的に「君は記録係」といわれて、試合にも出してもらえなくなった・・・ということでした。

かわいそうな話です。
理由も言ってもらえないし、試合に出してもらえないならうまくなれないし、試合に出してもらえないなら練習するモチベも下がるし、かわいそうなことです。

私も似たような目にあってるけど(今日もA氏は、社内のサーバの変更に関して関わるエンジニアを集めて説明したけれど、エンドユーザーにかかわる部分を説明したら「さくらねこさんはここまで」といって私を追い出しました^^;私にはどうあっても技術的な部分を教えたくないようです)、でも、わずか16-17歳でそんな目に遇うなんて悲しすぎます。

そんな監督、ダメな監督だと思います。
誰かひとりを記録係にして試合にも出さないみたいな扱いをするなんて、まともなチームなら士気が下がるでしょう。

私には、彼が自分の納得できるような参加ができるようになるように祈ることしかできないです。
自分よりうまいメンバーがたくさんいて参加できないというのなら納得できても、理由も言われず記録係にされて試合にも出してもらえないというのは絶対違いますから・・・。


 *


ショスタコーヴィチの交響曲第7番「レニングラード」ですっかりハイになって、他のショスタコーヴィチの楽曲も聞いてみようとしています。

ショスタコーヴィチは、有名な交響曲第5番と第7番しか聞いたことがなくて、どちらも重い音楽なのですが、今回は第9番を聞いてみました。

これは第二次世界大戦終結の祝賀の音楽なのですが・・・ソ連当局には全然ウケず、前衛的で退廃的な音楽だと批判される結果に終わりました。

聞いてみると・・・むしろ「レニングラード」よりはるかに「ロシア的」な気がしました。
戦争が終わって、すべてのロシアの民衆が踊りだしているような第一楽章は、聞いていて楽しいです。洗練されたロシアバレエの踊り子も、泥臭いコサック騎兵も、みんな解放的な気分で踊っているのです。
すべての人がてんでんばらばらに踊っているけれど、みんながこの楽しい気分を共有しているということだけは確かなのです。
第5番や第7番のような重くて壮大な音楽ではなく、軽妙洒脱で、ショスタコーヴィチってこんな音楽も作曲するのねと思うような音楽でした。

・・・これは、ファシズムに勝利した今、ソビエト共産主義のもと人民が一丸となって戦勝を祝い、ソビエト共産主義の勝利を高らかにほめたたえよう、みたいな音楽を期待していたソ連当局には嬉しくはなかったでしょう。
(彼らが期待していたのは、第5番や第7番のような、重厚で、感動的なものだったはずです。)

本当は「レニングラード」のほうがはるかに、ロシア的じゃないです。
それはレニングラードそのもので、ロシアの一番西にあって一番西欧化されている都市レニングラードを描く音楽は全然ロシア的じゃなかったです。もちろん泥臭い「ソビエト共産主義的」でもなかったです。

敵も、ナチスドイツなんだけれど、それは「ファシズム」という観念的なものではない、レニングラード市民が対峙している直接的な敵軍、敵兵の一体一体が識別できるぐらい間近に迫った敵を描いたものでした。

だから、あの音楽は「レニングラード市民の、ナチスドイツ軍に対する勝利」であって、決して「ソビエト共産主義の、ファシズムへの勝利」ではないのですが、そう解釈しやすい題材だっただけに、実際はそういうイデオロギー的なものではないことが見えにくかった。
(本来、あの音楽は、そんなイデオロギー的なものではない、むしろ、沖縄のおばあさんが戦争体験を語るというのと同位置にあるべきだと思います。)

第7番も、ソビエト共産党の思想のために作曲したわけではないと私には思われるのですが、それを聞いた同時代の作曲家バルトークは「国家の奴隷にまでなって作曲するものは、馬鹿」といい、あの有名な「ちーんちーんブイブイ」のメロディをおちょくった作品を作曲しています。

そんなことを言われて「いや本当はもっと違う音楽を書きたいんだ」と第9番を世に出したのでしょうか?
ショスタコーヴィチは、初期の作品を前衛的だとソ連当局から批判されて、リハーサルまでしていた交響曲第4番を慌てて取り下げた経緯があります。
そのあと作曲したのが、ソ連当局好みの第5番で、だから、前衛的で洒脱な作品があぶないということは分かっていたはずなのに、それでもなぜ敢えてこれを出したのかなあと思います。

この作品のロシア的な部分が、大目にみてもらえるかもしれない、と思っていたのかもしれません。
しかし結局、第9番は、ショスタコーヴィチへの攻撃材料になってしまいました。

ショスタコーヴィチは、スターリン時代にあって、常に当局の顔色を伺いながら作曲をしなければならなかっため、多く誤解されるところがあると思います。

しかしその制限は、彼の天才をひとつも損なっていないと思います。
困難な制限の下で、なおも、精神は自由でありつづけられることを証明しているかのようです。

ソ連という国がなくなってもう四半世紀ほど経っていますが、ようやくショスタコーヴィチをイデオロギー的な意味、あるいはその反動としての意味でなく聞ける時代になったのかもしれません。




↓ ランキングに参加しています。良かったらクリックしてください ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

拍手[10回]

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
さくらねこ
性別:
女性
自己紹介:
各種ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

最新コメント

[07/05 Cocco]
[07/03 なな。]
[06/28 なな。]
[05/25 Cocco]
[05/25 たまこ]

忍者カウンター

メールフォーム

PVランキング

アクセス解析

ブログ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 大都会の小さな家 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS /  /