大都会の小さな家

大都会の小さな中古マンションに住むおひとりさま女の日常をつづったブログです。 注意事項: 比較的、自分の好き嫌いをはっきり述べています。 それは、単なるさくらねこの好き嫌いであって、さくらねこが嫌いな場合であっても、そのこと・ものを否定しているのでも、そのこと・ものを好きな方を否定しているのでもないことを、あらかじめ申し上げます。1記事が長めなので閲覧はPC推奨です。 リンクはご自由に、相互リンクも募集中です!

2017/09    08« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »10
*スポンサードリンク*
昔、テレビ番組で「よい子、悪い子、普通の子」ってのがあったと思います。

よい子は成績優秀そうな高校生、悪い子はリーゼントの不良、普通の子は普通の高校生、そんな感じだったと思います。
(あまりテレビを見ない子だったので、詳しい内容は不明。流行ったのでけっこうそれにちなんだ派生商品などがあった気がします。)

おひとりさま女性が、たまに、あるいは切実に夢見る「結婚」は、よい夫を想定してのものであって、現実はそうでないから、結婚できないのです。

よい夫、というのは、年収が高くてイケメンで、会社が激務でなければ家事や育児を分担してくれて・・・というのではないです。
少なくとも私の場合は違います。

また悪い夫というのは、酒やギャンブルにはまって、家庭にお金を入れず、外に女を作り、家庭を顧みず、女性の話をきかないというのでもないです。
それは「論外の夫」であって、私の言う「悪い夫」ではないです。

私が「きっと自分が結婚したら、厳しいだろうな」と思うのはもっと違うところです。


***スポンサーリンク***



私はひとりの生活を自分の好きなように生きていて、たとえば今日はポテトサラダを作り、TOEICの出願をして英語の勉強をし、聞く音楽はワーグナーやブルックナーのような分厚いオーケストラがあるものが好きで、最近ショスタコーヴィチにはまってたりします。

こういうのが、おそらく、男性と生活する上で衝突する部分だろうな・・・と思うのです。

たとえば私はポテトサラダに玉ねぎをいれません。玉ねぎをいれると生臭くてへんにシャリシャリしておいしくないと思います。

反対にもし夫がいたとして、その人が「ポテトサラダには玉ねぎは必須」だったとします。

そこで、

「良い夫」
取り分けて半分は僕用に玉ねぎいれて、半分は君用に玉ねぎいれないで作ってくれたらいいよ、と言ってくれる。

「普通の夫」
取り分けて半分夫用に、半分自分用に作ること自体には文句は言わないが、「玉ねぎのないポテサラ食べるなんて変わってるー変だー」と言う

「悪い夫」
ポテトサラダは玉ねぎを入れるものだ、入れないなんて田舎な食べ方をする君をしつけるためにも玉ねぎをいれないバージョンを作るのは認めない!さあ玉ねぎいりポテサラを食べろ、君をしつけるためだ!!!俺が正しいことを言ってるのになぜ聞けない。

TOEIC出願と英語の勉強だって、

「良い夫」
うちの嫁さんすごい、TOEIC875点もあるんだって、今度の海外旅行で通訳してもらおう
俺も仕事で英語いるしがんばろう

「普通の夫」
英語をやりはじめると微妙にこそこそ逃げ出す、英語の話題をしたがらない、「英語の勉強なんかよりイチャイチャしよう」と邪魔をしてくる

「悪い夫」
英語をやりはじめると不機嫌になる、何かあれば「英語のできる才女でござるからな」などと皮肉を言う、「英語なんかできたって俺より稼げないくせに」などと言う、
なんやかんやといって英語の教材を買うことやTOEICの出願をさせないようにする、
英語がよりできる場合は「俺はTOEIC950点だ、お前より偉い」と言ってくる(この場合は危険で、もし逆転したりした場合は暴力などがありえる)

クラシック音楽だって、

「良い夫」
妻が自分の趣味をしてるときは俺も自分の趣味ができて邪魔されなくてよい、と自分の趣味をやりだす
あるいは「今回の公演のオルトルート役はすごい迫力だったねえ、ローエングリンを圧倒してた」などと一緒に楽しめる

「普通の夫」
クラシック音楽を聴いているとつまらなさそうな顔をする、「そんなの聞いてるよりイチャイチャしよう」と邪魔をしてくる

「悪い夫」
高尚ぶりやがってと怒り出す、ワーグナーはナチスの音楽、ショスタコーヴィチはスターリンのごますり音楽などと否定してくる、最悪なのは変にクラシックを知ってる場合でこちらが楽しくないようにウンチクをたれだす、たとえば「マゼールのワーグナーなんてワーグナーじゃない、やっぱりクナッパーツブッシュじゃなきゃ」だとか聞いてもいないのに自分の趣味をおしつける。


こういうのって、ほとんどの場合、男性が女性にすることだと思います。
男性は「俺は妻より勝っているべき、男の俺は女の妻よりも見識が広く俺の常識が正しいはずだ」というものをアプリオリ(先見的)に持っていることが非常に多いです。

・・・つまり、どんなに年収が高くてイケメンで、会社が激務でなければ家事や育児を分担してくれて・・・であったとしても、上記「悪い夫」のようなことをする、つまりこちらの好みや価値観や能力を否定したり変えようとしたりするような人とはやっていけないです。

こういうことを言うと、男性からだけではない、女性からも時には「それぐらい男を立てて」だとか、「そういう男を掌でころがして、表面はウンウンと従って」なんていうことを言われたりします。

・・・それって、自分以外の女にそういう男を押し付ける、自分以外の女にそういう男を我慢させる女の陰謀だから。
半世紀近く生きてきてこれは真実です。
男性は自分の都合いいようにいうだろうけど、女性でそういうことをいう奴の言うことを聞いちゃいけません。

余ってる男性や、奥さんに捨てられた男性をみると、たいていこの種の「俺様偉い、女は俺より下で劣ってる」というものが根底にあるタイプです。
(暴力をふるう男性、外で女を作る男性とかも、内部にこれがあるんだろうなと思います。)

もちろんひとつぐらいそういうのがあってもいい、たとえば英語だけにはコンプレックスがあって、妻が自分よりTOEICの点数が高いことをとても傷ついちゃうとしたら、それだけ回避したらよいのであれば回避します。

勉強はカフェか図書館でして、受験票は実家住所にしておくなど、いくらでもやりすごせます。

でも、やることなすこと全部これがあったら、一緒に暮らせません。

ネットで見かけた話ですが、ある人が母親の実家にいったら、母の名前で何冊か本があったので聞いてみると、昔若い頃に文学賞で賞をとって2-3冊本を出版したのだそうです。
「もう作家からは足を洗ったから父さんにだけはいわないで」
そう、母から言われたのだけど、何の気なしに父親に言ったら、それから父が母に「さすが作家先生は違うな」とか嫌味を言い出して、母が「言わないで」と言った意味が分かった、という話です。

もちろんそうじゃない、「母さんすごいだろ?」なんて言える男性だっていることはわかっている、でもそういう男性は少ないし、売れ残りません。
性別が逆なら、昔、夫が本を出版していた、なんてのだったら「父さんすごいのよー」「もっと売れる作品だったらねえ、今頃印税で豪邸にすんでたかもー(笑)」がほとんどだろうに、男性は心が狭いのです。

私の書いた「良い夫」みたいな男性は、すぐに売れるし、たとえ無職になっても病気になっても妻が手放すことはないでしょう。
「普通の夫」レベルでも、まずまず普通の人柄なで普通の稼ぎがあって普通の家庭人なら、やはりそれなりに売れるし、妻が手放すこともあまりないでしょう。
「普通の夫」より下、いくつか「コンプレックスを刺激するとやばい」がある場合でも、それが簡単に回避できることで、それなりに年収があり、仕事はするしなかなか家事まではしないけど子供の面倒はみてくれるよなーなんて場合なら、はいはいと女は従ったりする、このレベルまでで「男に養ってもらっている」のなら「男を手の上で転がして、そのぐらい男をたてて」というのも成り立つかもしれない。

でももう、残っているのは、「悪い夫」候補生ばかり、細かいところで「あ、この人ともし一緒に暮らしたりしたらしんどいだろうな」と思う人ばかりです。

私の言う「良い夫」のような男性と暮らせたら、それはそれは結婚生活はハッピーでしょうし、あこがれますが、「悪い夫」のような男性と暮らすことをかんがえると地獄なので、一人のほうがいいのです。




↓ ランキングに参加しています。良かったらクリックしてください ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

拍手[22回]

夫婦は共同生活、愛は理解を超えれるか

大変、興味深くて楽しいお話しだと思います。また確かに…と頷いてしまうことも多いですが…。小生は還暦間近の初老男性ですが22歳で結婚し、前妻とは17年間一緒でした。前妻とは35歳の長男とは33歳の長女をもうけ、その後スグ現在の嫁(入籍はしてないですが…)と19年間一緒に生活をしています。現在の嫁との子供は4人、延べ36年間の結婚生活と、その間にお付き合い(不倫や出会い系を含め1年間以上お付き合い)した方が4人。私の場合はと言うか…私自身を含めて世の中の多くの男性は、基本かまってちゃんの、子供が単に大きくなった様なモノだと思っています。だから(外見とは裏腹に心の中は)いつも寂しくて…そんな風な人が多いのも事実だと思っています。だから、良い夫悪い夫の前に…夫婦の間で上手く旦那をいかにコントロールしていくかが、夫婦円満、夫婦生活を長くやって行く為に必要な事だと、あえて申し上げたいです。もちろん、やってられんわ…って思うこともあるでしょうが…時には小さな子供を諭す様な器が、相手の女性にも望まれることだと思います。お互いに相手の良いところも、悪いところもを許しあい、認め合える関係が長くやっていける秘訣の様なモノではないでしょうか?
by クレージーブルドッグ 2017/09/03(Sun)00:56:00 編集

先のコメントに、元のコメントの文字列が変に残っていたので再投稿

男は子供だから・・・とか、男を手のひらで転がしてうまく操縦、とか結構です。
その理屈はもう耳にタコができるほど聞きました。
それをしつづけていると、女性は離婚したくなるでしょう。男性は「定年退職をしてこれからは妻と二人仲良く」なんて思っていても、女性は「うわー会社に行ってる間だけはホッとできたのに、こちらが定年退職させてもらうわ」というのが、熟年離婚です。

男は子供だから女が我慢してうまく操縦?バカな。
特に、浮気をしていたあなたのようなような男性が言う権利などないことです。
奥様に「わーごめんすまん」って言うべきことで、他の女性に対して「男のそういう子供なところを我慢しなさい」なんて言える立場でないことをご理解ください。

まだ、「男のワガママと子供さかげんを我慢してくれてるから妻ひとすじ」ならわからないでもないですが、ワガママでバカで子供なのをがまんちてー、我慢ちてもらったうえに出会系で遊んでるよーなんて汚チン野郎の意見などいりません。
2017/09/03 11:36

無題

申し訳ありませんが、…貴女はちょっと人生観を卑屈に捉えられている様な気が致します。人間には皆誰でもがそうですが、この生き方が正しいや間違っているという様な固定的な観念を押し付ける様な概念はありませんし、通用致しません。私は、少なくとも自分の人生に於いて、(他)人様から何を申し上げられても全く構わないと思っていますが、現実的には何人かの女性とも縁をし、その中には子供をもうけ養い、お互いの協力の中で親として子供を大きくなる(少なくとも成人する)迄育んで来たからこそ、申し上げているのですが…夫婦関係でも、それ以外での人間関係でもそうですが…お互いを認めお互いを尊重し、お互いの中で理解協力していかなければ、その関係を良好に維持継続していくことは難しい事です。相手に対する思いやり感謝があってこそ、成り立っていけるものなのです。私は少なくとも前妻にも、今の嫁にも、これまでにも感謝の気持ちを抱かなかった事はありません。…だからといってその感謝の気持ちがあれば…その全てが解決してくれるほど簡単なものでも無い事が、それが事実です。物理的に無理なモノは無理なのです。相手にこちら側の気持ち(要求)を望んでも、相手にその要求を満足させてあげるだけの時間的や精神的な余裕(器)が無ければ
これは解決するには至らない事なのです。…でも、それが要因でただこちら側のストレスの原因やフラストレーションを抱えるだけに終わってしまうことは、自身の崩壊にも繋がる要因にもなり得ますし、ただ単なる一方的な我慢は、そのお互いの関係をも良好な関係を無くしてしまうことにも繋がるからです。だから…やっていることを肯定したり正しいとは申し上げるつもりはありませんが…自身の中で完了解決する一つの方策とて、男性は嫁以外の女性(異性)に、その欲求(要求)を求めるのです。…もちろん、これはその嫁以外の女性の了解と理解があって成り立つ事ですが…。ストレス(欲求)は、目に見えないモノです。結局、人間は一人一人自分の中で、それと向き合い解決解消していかなければなりませんから。
by クレージーブルドッグ 2017/09/03(Sun)10:27:47 編集

一方的なワガママを女性に我慢させてるのはどちら?

>私は少なくとも前妻にも、今の嫁にも、これまでにも感謝の気持ちを抱かなかった事はありません。

浮気してるやつが「前妻にも今の嫁にも感謝の気持ちを抱かなかったことはない」だってさ。
それってヒトラーが「自分は人道的な人間だ」と言ってるぐらいのお笑いだよー。

浮気って、奥さんに対する最大の裏切りですよ。

奥さんのほうが、ワガママでダラ嫁で悪い嫁ならまだいいわけが成り立つっていったって、「男は子供なんだから」とわがままをのませたうえでそれかい。

そんなワガママで不利益しかない「大きな長男」、まだ実の子供なら言うことを聞かせられるったって言うことは「俺は女より偉い」そんな産業廃棄物要らないよ。

だからさ、夫の定年退職を機に、「今まで妻という就職してましたが、この際私も定年退職をします」とばかりに離婚届け突き付ける女が多いんだよ。

>ただ単なる一方的な我慢は、そのお互いの関係をも良好な関係を無くしてしまうことにも繋がるからです。

だから、あなたの言ってることは、「男のワガママを一方的に女が飲め、それが夫婦円満だ」って言ってることですよね?
嫌です。
男が100%全員そういうものだとおっしゃるなら、結婚しません。

あなたの言ってることは徹頭徹尾「男は子供だから我慢しない」、「女が我慢しろ」。
ばかじゃね?
それを言っててもいいけど、そういう男なら要らない、という選択肢はあるのですよ。


2017/09/03 10:56

クレージーブルドック様

思ったんだけど、
>前妻とは17年間一緒でした。前妻とは35歳の長男とは33歳の長女をもうけ、その後スグ現在の嫁(入籍はしてないですが…)と19年間一緒に生活をしています。

ということですが、前の奥さんは死別なのかもしれませんがそれだったら「すぐに」次の女性というのは薄情だし、離婚であるのならば「すぐに」ってことは奥さんと別れた理由はほぼ浮気ってことですよね?
(別れてから数日後に出会った、というのも考えられないわけでもないですが・・・。)
もし、浮気で前の奥様と別れて、すぐに浮気相手と暮らし始める・・・とかなら、本当に見下げ果てた人だと思いますよ。
そんな男性に夫婦円満のヒケツなんて聞きたくもない。
by さくらねこ 2017/09/03(Sun)18:40:48 編集
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
さくらねこ
性別:
女性
自己紹介:
各種ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

最新コメント

[09/20 こけこっこ]
[09/19 こけこっこ]
[09/06 通りすがり]
[09/03 さくらねこ]
[09/03 クレージーブルドッグ]

忍者カウンター

メールフォーム

PVランキング

アクセス解析

ブログ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 大都会の小さな家 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS /  /