大都会の小さな家

大都会の小さな中古マンションに住むおひとりさま女の日常をつづったブログです。 注意事項: 比較的、自分の好き嫌いをはっきり述べています。 それは、単なるさくらねこの好き嫌いであって、さくらねこが嫌いな場合であっても、そのこと・ものを否定しているのでも、そのこと・ものを好きな方を否定しているのでもないことを、あらかじめ申し上げます。1記事が長めなので閲覧はPC推奨です。 リンクはご自由に、相互リンクも募集中です!

2017/06    05« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »07
*スポンサードリンク*
タレントに疎い私は初めて知った人だけど、最近、学歴詐称したために番組降板になったタレントがいるようですね。

なんで詐称なんかするんでしょうね。

「テンプル大学入学後、諸国を遊学」でいいと思うのに。
半分ガイジンさんなんだから「外人にはそういう人いるよねー」「そういう人だから型にはまってない見方ができる」「そういう人のわりにいいこというねー」って言われるかもしれないのに。(実は外人っぽいのも嘘らしいようですね・・・。)




*スポンサーリンク*




ネット婚活していると、メールのやりとりが始まった殿方の年収欄(たまに学歴欄もです)が、いつのまにか下方修正されていることがあります。
よくある、とはいいませんが、まれにある、ではないです。
いうなれば「まれによくある」という感じです。

その奇妙な現象は「そろそろ会いましょうか」みたいな話がでたあたりで、発生します。

「気に入ってくれたみたいだし、本当のこと知っても気にしないでくれるよね、ね、ね?」って言われてるようで本当に腹が立ちます。


こういうことを言うと、殿方は「ほら女は年収が」って言い出すと思うけど違うんです。

年収そのものより、「だます」ほうが腹が立ちます。

男性だって、メールのやり取りをして「では会いましょうか」といった相手の女性のプロフィールをもう一回見ると、「29歳」だったはずが「34歳」になってたり、「未婚」が「離婚歴あり」になってたりしたら、それでも「僕は君が気に入った」と言えますか。

たとえ34歳は許容範囲であったり、離婚歴があっても子なしならOK、と思っていても、最初から言ってくれたら許容できても、あとから「本当は34歳です」「本当はバツイチです」っていわれたら、「それは許容できてもウソツキは嫌だ」と思うでしょう。

 *

昔々、とある男性とやり取りをして、「では会いましょうか」という話になって、私もその男性を気に入っていたので、喜んで承知して、もう一度プロフィールを見ると・・・「あれ、年収600-800万円だったはずが、年収400-600万円になってる・・・?」
そのことを、相手の男性に言いました。
「年収400-600万円稼ぐのも相当なものだと思います、だから年収が低いと言ってるんじゃなくて、でも、最初年収600-800万円って書かれていたと思いますが、どうされたのでしょうか」

そうすると相手の男性から、「すみません、本当は年収は500万円です」と答えが返ってきました。

「年収500万円でもそれだけ稼ぐのは大変だとわかっています。最初からそう書いてくれたらよかったのに、プロフィールをごまかしていたということをどうお考えになりますか」というと、「すみません、もう少しお時間ください」と返事がきて・・・1日経ったあと、その男性のプロフィールは消えていました。

「すみません、年収400-600万円だと女性の反応が悪く、つい、ひとめもり上げてしまいました、ごまかすことになってしまって本当に申し訳なかったです」って言ってくれたら、お付き合いを考えないでもなかったのに。

あるいはずっと年収600-800万円を変えずにいて(だいたい年収500万円と600万円と、その違いわかる人あまりいないでしょう)、最終的にそうなればよいだけのこと。
あるいはバレたときに、「いやあきみとあったときは600あったんだけど、今は残業禁止令がでて500になっちゃって」とでもいえばいい。

ウソをついてひきつけておいて、でもウソをつくのは心苦しいから「だまって見逃して、ね、ね?」って態度は本当に嫌です。



また別の男性とやりとりをしていたときも、そういうことがありました。
男性のプロフィールは、年収900-1200万円。バツイチ子なし。大卒。

最初のうちはお話してよかったのですが、いくつかひっかかることが。
まず、この男性は「別れた奥さんへの恨みをまだ消化しきっていない」ということが感じられました。

離婚原因を(こちらが聞いてないのに)「妻に裏切られた」と、言っていました。
その文言に、怨念が噴き出している気がしました。
彼の中では、離婚は「100%元妻が悪い!」のです。
普通なら、たとえ相手の浮気であっても「性格の不一致でした」「お互い幼かった」ぐらいのあたりさわりのないことを(本当はそうは思ってなくても)いうと思います。

また、ボランティアに熱心すぎる気がしました。
だいたいボランティアというのは女性のほうが参加率は高いように思えます。
その男性に見合った年齢の女性で夫を亡くした、あるいはバツイチになった、あるいは親の介護やキャリア追求などで独身のままきた女性がいそうです。
あるいは直接結婚相手になりそうな女性がいなくても、世話好きの既婚オバサンなんかが居そうです。

それだけ年収があって、女性を探していて、性格のいい男性が売れ残ることはまずないでしょう。

そして、「実は理由があって大学を中退したのだけど、来年4月から通信制の大学に通うことにしました」と言い出しました。

それはそれで偉いのだけど・・・

プロフィールにはしっかり「大卒」と書いています。
プロフィール欄が「高卒」で、でも、自己PR欄に「わけがあって若いころは大学を中退せざるをえませんでした。今、余裕ができたので、来年度から通信制の大学に行きます」などと書いていれば「努力家で素敵な男性」って思えるのに、プロフィールに「大卒」と書いていてこれだと「偉いけど・・・気持ちはわかるけど・・・なんだかなあ」って思えます。

そしてとどめに、年収が「900-1200万円」から、「700-900万円」に、いつのまにか、音もなく変わっていました。

そういうことがあって、メール7-8往復めぐらいで、「この男性はNGだなあ」と思うようになって、フェイドアウトしようかと思いました。
私の方からは言葉少なになったためか、男性側が「どうですか、会ってみませんか」といわれました。

なので、正直に、年収欄や学歴欄がいつのまにか変化していたことで、何を信じていいのかわからなくなった、と書きました。

年収は、変動があって変えたのかもしれないけれどそれだったら一言言ってくれたらいいのに、学歴も気持ちはわかるしいまから大学を目指すのは偉いけれども、やっぱりプロフィールと違っているといい気持ちはしない、と。
別に年収にこだわっているのではない、全く無職とかだと困るけれども、年収700万円なら十分以上だし、正直にプロフィールに書いてくれたらよかったのに、とも言いました。

そうしたら、どんな返事が返ってきたと思います?

「やっぱり女は年収にこだわるんだ、前の妻と同じだ!」
「なんでお前なんかに年収を具体的に教えなきゃならん(いやそんなこと言ってないって。変動があったのなら嘘にならないように正直に「下がりました」と言ってほしかった、といっただけ。)」
「ヒーッヒッヒ、俺の年収は本当は1000万円だぜざーんねんでしたー!」

それで着信拒否です。
その子供っぽい反応には、学歴については「ヒーッヒッヒ、残念でしたぁ俺は本当は東大大学院卒でーす」といったようなことは一言もなかったです。
(そりゃ自分から「高卒だけど来年度から大学に」って言っちゃったからねえ。もし言いつくろえる余地があったら言ったでしょうねぇ。)


普通、ネット婚活していて、メールでじっくり話してくれる男性にはだんだん好意を持ちます。
メール数通で「会おう」「会いたい」「会えませんか」とそればかり連呼する男性が多すぎるので、じっくり話し合おうとする姿勢があることだけで感じがいいと思うのですが、その男性はメールすればするほど「この人嫌だなあ」と感じました。

年収900-1200万円が嘘だったからではなく・・・年収1000億円でもこの人いやですわ・・・。

だいたいメール10往復してなかったのに、こちらから聞いてもいないのに、「妻に裏切られた」って自分から言い出すのは・・・^^;
そういって相手の女性がどう感じるのかをおもんばかることもできない男性なのです。
(わたしはバツイチの相手に、メールの段階では「なぜ離婚したか」は聞きません。聞いても本当のことは返ってこないと思うからです。2回会って、次あったら交際になるな、と思う段階で聞くと思います・・・2回お会いするまで至ったことは残念ながら今までありませんが・・・。)


いずれにしても、詐称して人を引き付けても、後が続かないのにね。
そういうことをする人が多すぎます。



↓ ランキングに参加しています。良かったらクリックしてください ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

拍手[10回]

プロフィール

HN:
さくらねこ
性別:
女性
自己紹介:
各種ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

最新コメント

[05/25 Cocco]
[05/25 たまこ]
[05/22 Cocco]
[04/20 ねこねこ]
[04/12 とりおた]

忍者カウンター

メールフォーム

PVランキング

アクセス解析

ブログ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 大都会の小さな家 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS /  /