大都会の小さな家

大都会の小さな中古マンションに住むおひとりさま女の日常をつづったブログです。 注意事項: 比較的、自分の好き嫌いをはっきり述べています。 それは、単なるさくらねこの好き嫌いであって、さくらねこが嫌いな場合であっても、そのこと・ものを否定しているのでも、そのこと・ものを好きな方を否定しているのでもないことを、あらかじめ申し上げます。1記事が長めなので閲覧はPC推奨です。 リンクはご自由に、相互リンクも募集中です!

2017/06    05« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »07
*スポンサードリンク*
今朝の体重は85.5kg、記録をつけはじめてから最低ですよ!
たった0.1kgですが!

・・・昨日、映画見ながらハイボール飲んで、フライドチキン食べてたけど、それがなかったらもう少し減ってたかも・・・



*スポンサードリンク*




昨日までに達成したことは・・・

・2つ、美術展にいきました。
・2本、映画を観ました。
・2冊本を読んで、1冊途中です。
・1kg痩せました。(4/29からみて。)
・ラグを洗いました。
・キッチンの脂汚れを落としました。
・毎日「田中宥久子の体整形マッサージ」しました。
・夏服と冬服入れ替え中です。
・ブルックナーの交響曲4番と5番と9番を改めて聞き直しました。


身に行った美術展は「ルドゥーテ展」と「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展」。
国立新美術館の「ルーブル美術館展」も行きたいし、行くとしたら比較的混雑の少ない大型連休中なのですが、連休最終日、どうすべきか悩んでいます。
(たいてい、美術展は、大型連休中は比較的空いています。美術展より、遠くの、宿泊を伴う行楽を選ぶ人が多いので・・・。)

観た映画は、友達から勧められた「バタフライ・エフェクト 」と、「ストーカー 」(ロビン・ウィリアムズ主演)でした。

バタフライ・エフェクトは純粋に面白かったです。

「過去、ああすればよかった」ということを日記を通じて改変できる主人公、でも改変するたびに周りの人に嫌なことが起こるのです。

たとえば、父親から性的虐待を受けていた、主人公の幼馴染の少女、本来はそれを克服できずにしがない場末のウェイトレスとして働いていて、主人公に過去のことを聞かれて自殺してしまうのですが、その過去を変えたら、女の子は輝くばかりに美しい女子大生になったけれど、その兄が少女の分まで虐待されるようになって少年院に送られるようなごろつきになってしまい、主人公は彼を殺してしまうことに・・・!

どんどん変えるごとに、運命がおかしくなっていきます。たとえば幼馴染の少女の兄をもうひとりの友達が殺してしまって、殺してしまった友達が廃人になったり、主人公が手脚を失う身体障碍者になったりします。

・・・最後に主人公が選んだ道は・・・(ネタバレになるので書きません。)

というお話なのです。

主人公が愛する幼馴染の女の子の、運命の違いが面白かったです。

疲れた場末のウェイトレスだったり、場末のストリッパーだったりする運命の彼女は、とても汚らしく、擦り切れてしまった人間をとてもうまく表現していました。

逆に、主人公の恋人だったり、主人公の親友の恋人だったりする女子大生の彼女は、知的で、美しくて、輝いていました。

同じ女優が演じていても、こんなにも違うのだなあと思いました。

「ストーカー」についても書きたいけれど、長くなるので割愛。


 *


書籍は、「ロシア紅茶の謎 」と「タンパク質の一生―生命活動の舞台裏 」です。

有栖川有栖は、初めて読んだけれど、なかなか面白かったです。
舞台が関西なのが、親近感がわきました。

今まで、軽い時間潰しとしてのミステリーは、宮部みゆきを選んでいたのですが、ほとんど読み終えてしまったことと、最近の宮部作品がつまらないので、今度から有栖川有栖もいいかもしれない。

「タンパク質の一生」のほうは、人間の体の中でのタンパク質の代謝を、一般の人にわかりやすく書いた本です。著者は、iPS細胞の山中教授の隣の研究室の教授だそうです。

体の中でタンパク質が働くためには、摂取した(あるいは体の細胞を代謝してできた)アミノ酸を、必要な部位の必要なかたちのタンパク質としてかたちづくる作用があって、著者はその研究をしています。
つまり、コラーゲン食べてもそれがそのままお肌のコラーゲンにはならないそうです。

著者の研究が進めば、たとえば、異常プリオンが脳に蓄積して発生する、BSEなどが克服されると思うので、ぜひがんばってほしいと思いました。


 *


洗濯機でラグを洗いましたが、8kgだとラグが回らず、洗えることは洗えますが、思ったようにきれいになりません。

次は、風呂場で踏み洗いして、すすぎと脱水を洗濯機でやってみます。



以上、私の大型連休、途中経過でした。



↓ ランキングに参加しています。良かったらクリックしてください ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

拍手[3回]

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
さくらねこ
性別:
女性
自己紹介:
各種ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

最新コメント

[05/25 Cocco]
[05/25 たまこ]
[05/22 Cocco]
[04/20 ねこねこ]
[04/12 とりおた]

忍者カウンター

メールフォーム

PVランキング

アクセス解析

ブログ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 大都会の小さな家 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS /  /