大都会の小さな家

大都会の小さな中古マンションに住むおひとりさま女の日常をつづったブログです。 注意事項: 比較的、自分の好き嫌いをはっきり述べています。 それは、単なるさくらねこの好き嫌いであって、さくらねこが嫌いな場合であっても、そのこと・ものを否定しているのでも、そのこと・ものを好きな方を否定しているのでもないことを、あらかじめ申し上げます。1記事が長めなので閲覧はPC推奨です。 リンクはご自由に、相互リンクも募集中です!

2017/06    05« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »07
*スポンサードリンク*
いろいろコメントでの励まし、ありがとうございます。

布ナプキン、吸収はよさげですね。
ただ・・・わたしはずぼらさんなんです。
汚れたナプキンを、夜中に小人さんが洗ってくれるわけでなし、あとで自分で洗って干して・・・を考えると、やらなくなってしまうことは確定的に明らかです。

最近、私は濡れマスクをしているのですが、これも、最初濡れマスクの存在を知ったとき、市販品は1枚100円するので、フェリシモで売ってるガーゼで内ポケットがついて自分で小さく切ったガーゼを濡らして絞ってれるマスクを買ったんですよ。1枚1200円ぐらい。

・・・2-3回しか使わなかったな・・・。




*スポンサーリンク*





励ましのコメントのかなりが、あえて過去の記事の「いいね」ボタンで押されていたので、前の記事が不評だったということです。

まあ、デブのくせに人をデブって言ってるんじゃねーよってことなんでしょうね。

それはそうですよね。

でもね・・・
「前職は銀行員だったことが納得できる、きちんとした40歳ぐらいに見える知性的なイケメン」が、「知性の低いジャバザハット」になっていたんですから、驚きます。
(その姿で「九州からきた女性は、僕に結婚を申し込んだけど、デブだったから断った」とかいうんですよ?)

高校大学とラグビーをやっていて、一流私大の大学院を出て、一流銀行に勤めて、税理士として独立したその男性に、何が起こったのだろう、と思います。

イケメンと思った写真は、きっとそのころの写真。

今の、女をだましてタダエッチしているその男性は、ジャバザハット。
表情が悪辣で、ぶよぶよとたるんで太っています。
ジャバザハットよりは若干痩せてますが、ジャバザハットより頭が悪そうに見えるのでなんのとりえもありません。

あの男性が現れたら、かなりの確率で女性が逃げると思うんだけどな。
本当に、「まだよく知らない男性とドライブになどいけません」と断って正解でした。


たぶん、年収1500万円は、嘘だろうな・・・って思います。
きっと、うまくいってないんだろうなって、思います。

もし、うまくいっていて稼げていたら、安っぽい意地汚い女をだましてやり捨てするようなことはしないと思うのです。
女がかわいそうとかではなく、そういう女をまさぐることで、自分まで卑しくなると、わかるはずです。

稼げているのなら、女遊びをするにしても、もっとスマートな方法をとると思うのです。
高級クラブなどできれいなホステスさんを相手に恋愛気分を楽しむのもよし、きれい目でそこそこわきまえた女性と愛人契約をしてマンションの一室でも与えて大事にするもよし、エッチのみを考えるなら今時1回10万円も出せばモデル級美女と一晩楽しく過ごせるはずです。


40歳や50歳という年齢になったら、それまで積み重ねてきたことをごまかせなくなるんだな、と思いました。
そしてその積み重ねは、乱れた生活などしていたら、かなり積み重ねていたものがあったとしても、あっというまに失われてしまうものなのだなと、思いました。


兄も、きっと今の兄を採用する企業などどこにもないだろうなと、思います。
人相風体からしておかしいですもの。
あの人には積み上げてきたものなどないし、母が際限なく甘やかしたせいで、おかしくなってしまいました。
生活保護を申請したのかどうかも、連絡してきません。
でも最終的にはそうなるかな。
そうだとしたらある意味恵まれているかも。
最初から最後まで、人様に泣きついて人様に食わせてもらえる人生ですからね。


大阪に滞在した最後の日、天王寺で飛び込み自殺があって、だいぶ環状線や大和路線が遅れました。
赤ん坊をつれた若い母親だったようで、赤ん坊は助かったけれど母親は死んだようです。

兄になんかお金を渡すぐらいだったら、どうしてこの女性に出会わなかったのかな、その場でそのお金渡して、必要なら生活保護の申請なども手伝って、夫のDVとかならシェルターを探してと、動いたのにな。

兄のために動くよりははるかに社会にとって有意だったのにと、思います。




↓ ランキングに参加しています。良かったらクリックしてください ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

拍手[25回]

プロフィール

HN:
さくらねこ
性別:
女性
自己紹介:
各種ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

最新コメント

[05/25 Cocco]
[05/25 たまこ]
[05/22 Cocco]
[04/20 ねこねこ]
[04/12 とりおた]

忍者カウンター

メールフォーム

PVランキング

アクセス解析

ブログ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 大都会の小さな家 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS /  /