大都会の小さな家

大都会の小さな中古マンションに住むおひとりさま女の日常をつづったブログです。 注意事項: 比較的、自分の好き嫌いをはっきり述べています。 それは、単なるさくらねこの好き嫌いであって、さくらねこが嫌いな場合であっても、そのこと・ものを否定しているのでも、そのこと・ものを好きな方を否定しているのでもないことを、あらかじめ申し上げます。1記事が長めなので閲覧はPC推奨です。 リンクはご自由に、相互リンクも募集中です!

2019/05    04«2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »06
*スポンサードリンク*

最近になって旅行が楽しいとおもうようになりました。
昔は旅行が嫌いだったのです。

なぜかというと家族との旅行が不愉快すぎたからですが、そのことについていろいろ書いていましたがうっかりページを閉じてしまって、もう書く気力がなくなったので触れません。

とりあえず、自分が見たいところに行き、泊まりたいところに泊まり、疲れたらホテルに戻って休んだりスタバで休憩をとったりマッサージを呼んだりして体を休め、小間使いにされたり席取り要員にされたりせずそれでいて感謝どころか嫌味を言われるような辛い思いもしない、しみじみ旅行って楽しいなぁと思っています。

***スポンサーリンク***




小倉で泊まったホテルは、西鉄イン小倉というホテルでした。
連泊限定で、新館の女性限定フロア確定プランでした。2泊で17000円弱は連休中としては破格の安値です。
おそらく小倉は観光都市というよりはビジネス都市で、むしろ連休中は利用者が少なめなのでしょう。

女性用の大浴場にはポーラのアロマエッセゴールドのボディソープ、シャンプー、コンディショナーが置いてありました。部屋のアメニティもよく、女性客を呼び込みたいのだなぁと思いました。

500円で朝食バイキングがありました。
品数は少ないのですが、500円なら十分だと思える内容でした。
人気があって、遅い時間は非常に混みあいますとのことで、納得でした。
特にカレーが美味しく、二日目はカレーのみ食べました。醤油の隠し味がする日本のカレーで、二日目は遅い時間にいったので、底の方でどろどろに煮えたルーが非常に美味しかったです。




4/29は、雨がひどく、あいにくの天気でした。
ホテルをチェックアウトし、小倉駅のコインロッカーで荷物を預け(そこで韓国人らしい男の子二人に両替をした)、タクシーで小倉城にいきました。
小倉城庭園では「ねこづくし」という展示をしているということを聞いて見に行こうと思ったのです。

あいにくのお天気でしたが小倉城。



展示はいまいちでした。
数点、浮世絵や竹久夢二などいいものがありましたが、ねこのおもちゃを展示しているような部分のほうが多かったです。



天気がよければ小倉城庭園よかったでしょうが、かなり雨がきつかったです。



小倉城庭園のあと、ぶらぶら歩いて小倉駅まで行きました。

小倉城と小倉駅の間ぐらいに、おいしい天ぷら屋さんがあると聞いていたからです。
天ぷらふそう」お昼の定食がなんと840円。

天ぷらは口の中がやけどするぐらいの揚げたてを2回に分けてだしてくれます。
これは1回目のいんげん、豚、鶏。

 

これは2回目のなす、いも、えび、いか。
いも天おいしかった~。ほっくりほくほく。



あまりにも美味しかったのでごはんお代わりと単品追加。
えび、あなご、魚です。
これだけ食べても1500円いかなかったです!!!
また小倉いくことがあったらまたここに寄りたいです。



そのあと、湖月堂という和菓子屋で栗まんじゅうなどお菓子をいくつか買い、シロヤベーカリーというパン屋でもいくつかパンを買い求めました。

このあと小倉から別府に向かったのですが、別府で晩御飯としてこのパンと和菓子を食べたのですが本当に美味しかったです。特にシロヤベーカリーのカレーパン・ソーセージパンは本当に美味しかった。しかも安い。行列でしたが理由がわかりました。

小倉は、あまり何も考えず調べずただイベントの開催地ということだけできたのですが、予想外に食べ物がおいしく、また行きたいと思いました。


↓ ランキングに参加しています。良かったらクリックしてください ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

拍手[10回]

今回の旅行は突然決めたので、なかなか移動手段や宿の手配が難しかったです。

小倉で行われるゲームのフェスのチケットが取れたので、そのゲーム内の友達で九州に住んでる人と会いがてら、せっかくお金をかけてそこまでいくので、もう少し足を延ばそうと考えたのです。
なにげに九州にいくのは初めてで、お金をかけてでも見て回りたいと思いました。

行きの飛行機はほぼ満席で、費用も5-6万円かかるので、4時間かかりますが新幹線にしました(グリーン車しか空いておらず3万円・・・)。
小倉は観光都市というよりビジネス都市のせいか、安くホテルが見つかりました。
そのまま戻ろうかなぁ・・・でもせっかく往復交通費6万円かけてそのまま戻るのかなぁ、と思って、かねてから行きたかった湯布院で宿泊を探しました・・・が・・・1泊10万円のオーベルージュしか残ってないではありませんか!
これはさしも無理なので、別府で探すと、これも超繁忙期ですごく高かったですが、2泊で5万円で泊まれる宿を確保しました。
帰りは、5/1はまだ連休の中日で、東京方面に戻る人が少なめなので、飛行機が取れました。
大分空港から羽田です。

昨年12月には関東でフェスがあって、それにも行ったのですが、回れなかったコンテンツもあり、チケットに応募していたのです。

VR(バーチャルリアリティ)で、人気キャラを再現したコンテンツがあり、それが人気でなかなかチケットがとれないのですが、それが当たったので行ってきました。
キャラは4人いて、そのうち選んだひとりが、実際に目の前にいて話しかけてくれるようなそんなコンテンツです。
去年12月のフェスでは推し君のを見て感動したので、別のキャラのも見たいと思ったのです。

最近の技術はすごくて、遠目から見ると本当に生きている人間のようです。
下の動画は、去年のフェスの、彼ら4人が舞台で歌って踊るコンテンツです(私が撮ったものではありません)。



遠目から見ると、何かジャニーズ系アイドルのグループにしか見えませんね。
推しは、黒髪で青系の服装の子ですが、彼には去年12月にお会いしているので、今回VRでお会いしてきたのは金髪の子です。

VRコンテンツは、専用の部屋に行ってゴーグルをかけて椅子に座って待ってると、入ってきて話しかけてくれます。
これは自分の網膜にしか映ってないので、動画等はありません。

いやほんと、最近の技術はすごいです、としか言いようがありません。


***スポンサーリンク***



また別のことで、この旅行でしみじみ「最近」を感じました。

行きの新幹線に並んでいると、たどたどしい日本語で「この列車は広島に行きますか」と聞かれました。浅黒い外国人の男性でした。
「行きますよ、でも座れないと思いますよ」と答えると、切符を見せてきました。小岩駅発行で、広島までの新幹線の自由席の切符でした。小岩あたりはインド人やイスラム系の人が多いのです。
「自由席は前の方ですよ」と答えましたが、無事に乗れたでしょうか・・・。

新幹線の席は通路側で、東京で乗ったときは窓側が空いていましたが、品川で女性が乗ってきました。
女性はタブレットで映画を見ていましたが、字幕がハングルです。
きっと新神戸で降りるだろう、と思いました。
もちろん大阪や博多もコリアンは多いですが、大阪なら新大阪終点の新幹線にのる可能性が高く、博多であれば飛行機を使う可能性が高いと考えたからです。
そして私の想像にたがわず、女性は新神戸で降りました。
おそらく旅行ではなく、神戸周辺が実家で、東京で働いているんだろうと思います。

日本に旅行に来たのではない、日本に住んでいる外国人がこんなにも多いのです。

もちろん旅行にきた外国人も多く、小倉のコインロッカーで韓国人だと思われる若い男の子ふたり連れが、100円がなくて困っていました。周辺に両替機がなかったので、ちょうど手持ちに5枚の100円硬貨があったので、彼らの500円と交換しました。
(日本語をしゃべったので、どこの国の人かは確定じゃないけれど、アジア系ですっきりと綺麗すぎる若い男性はたいてい韓国人だと思います。)

 *

出発した日(4/27)は東京は寒かったのですが、九州ならもうちょっと温かいだろう・・・と思っていました。
しかし到着した小倉は非常に寒かったです。
普通のストッキングをはいてきましたが、足が凍るほど寒く、厚手のストッキングが欲しくなりました。
ホテルにチェックインして荷物を置いたあと、井筒屋という、小倉地元のデパートに行きましたが、厚手のストッキングもなく、私のサイズもなかったです。
駅前の、アイムという商業施設にある、大きなサイズのお店にいくと、厚手ストッキングがあったのでそれを1枚購入しました。
結局4泊5日の間それを履きつづけたので、もう1枚買っておけばよかった。
40デニールと80デニールのがあって、40デニールのほうを買ったのですが、80デニールでも全然よかったなと思ったぐらいの寒さでした。
令和じゃなくて冷和だなぁと思うほどの寒さ。

小倉で、ラーメンを食べました。
麺屋まるいち、というお店でした。すっきりと食べやすいとんこつで、とても美味しかったです。



翌日はフェスで友達と合流し、夕食は一緒にもつ鍋をいただきました。



なにげにもつ鍋は初めてでした。
とても美味しかったです!
もっとゲテモノかと思っていたのですが、むしろふわふわの脂肪がみそベースのスープにとけて口当たりやわらかな、とても美味しい鍋でした。
非常に寒かったので、鍋はぴったりでした。

お店は、田しゅうというもつ鍋専門店の、小倉店でした。



↓ ランキングに参加しています。良かったらクリックしてください ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

拍手[9回]

プロフィール

HN:
さくらねこ
性別:
女性
自己紹介:
各種ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

最新コメント

[03/06 kana]
[01/17 こけこつこ]
[12/20 やまこ]
[10/22 やまこ]
[10/20 通りがかかり]

忍者カウンター

メールフォーム

PVランキング

アクセス解析

ブログ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 大都会の小さな家 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS /  /