大都会の小さな家

大都会の小さな中古マンションに住むおひとりさま女の日常をつづったブログです。 注意事項: 比較的、自分の好き嫌いをはっきり述べています。 それは、単なるさくらねこの好き嫌いであって、さくらねこが嫌いな場合であっても、そのこと・ものを否定しているのでも、そのこと・ものを好きな方を否定しているのでもないことを、あらかじめ申し上げます。1記事が長めなので閲覧はPC推奨です。 リンクはご自由に、相互リンクも募集中です!

2017/03    02« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »04
*スポンサードリンク*
そういえば、3/20は、地下鉄サリン事件の日でした。

地下鉄サリン事件のあった1995年は、私はまだ大阪にいました。
それから11年後の2006年の12月に東京に出て、秋葉原に住んで神谷町の会社に通う生活を始めました。

通勤は日比谷線でした。

ある会社帰りの日、小伝馬町駅で「あと一駅でおうちだーなどと思ったとき、変なものが見えました。
会社帰りとは思えないほどホームに人がぎっしり立っているのです。
でも、こちらに乗り込んでくるわけではなく、バタバタ倒れ始めたんです。
ぎょっとしましたが、その光景は一瞬で消えて、いつもの夕方のホームの風景になって、ドアが閉まりました。

あとになって、地下鉄サリン事件で一番被害者が出たのは、小伝馬町駅だったと知りました。
大阪にいた私は、霞が関を狙ったテロということで霞が関駅で被害が出たとばかり思っていました。(霞が関駅の駅員さんが目をシカシカさせながらインタビューに答えていたことを思い出します。)
WikiPediaによると、日比谷線では、異常を検知して小伝馬町駅で乗客を降ろして待機させてしまったので、狭いホームで充満したサリンを吸ってしまった人が多く、一番被害が出て、全体の死者8名のうち4名がこの小伝馬町駅に居た方だということです。

小伝馬町駅でみたあれは、残留思念だったのかもしれません。


***スポンサーリンク***



これもまだ大阪にいたころ、地下鉄サリン事件の被害者を取材した番組をみたことがあります。

亡くなった方ではなく、重傷を負った方です。

事件に遭ったとき30代後半だったその女性は、寝たきりで話すこともできなくなり、実家で介護を受けていました。
その女性の弟だという方がインタビューに答えていて「姉が好きだったスマップの音楽をかけると喜ぶんです」と言っていました。
「もうこれ以上戻ることはないと言われました」とも言っていました。

寝たきりで、スマップの音楽を聞いて喜んでアーアーというだけになってしまうなんて、オウムはこの人も殺したのと同じです。

おひとりさまの私としては、死ぬより、こういう状態になることのほうが怖いです。
テロはさしも日本国内ではきわめてまれでしょうけれど、交通事故などはありえます。現代は医療が高度すぎて、昔はすんなりと死ねたものが、今は高度障害状態でずっと生きるということも多いです。

私には介護してくれる人もいませんし、それは施設にはいるとしても、手続きをしてくれる人も私にはいないのです。
金銭的には、そんな状態になれば団信が降りて住宅ローンがなくなるので、家を売ってまとまったお金を手にし、施設に入って、障害者年金をもらえば生きられるはずです。
私は運転しないので、交通事故の加害者になることはまずないので、もし交通事故でそのような状態になった場合は、相手側からの慰謝料も見込めます。もちろん都民共済ですが生命保険もあるのでそれもおります。

・・・でも手続きしてくれる人がいないのです。

任意後見契約を、行政書士と契約を結ぶことはできますが、公正証書を作って契約しなければならないので、面倒です。

こういった場合に、もう少し手軽に、いろいろ手配してくれる人を頼めたら、と思います。
それがおひとりさまの難点です。

私なら、たとえば下半身不随なら不便でも働けるなと思います。
もしそうなったら、コールセンターなどあまり動かずに働ける仕事を探します。IT系の翻訳でもいけると思います。プログラミングを習ってプログラマーでもいい。
目が見えなくなると、かなりきついですが、そうなったら、私は人をマッサージするのが好きなので、鍼灸師の勉強をします(実は高校時代、鍼灸師は一度考えたことがあるのですが、盲者でない人の学費がえらく高いのでやめました。)
両手がつかえないとかなりきついですが、目が見えるなら、足の指を鍛えてタイピングを練習するうかあるいは口述ソフトなどを利用してIT翻訳をするか、あるいは口述筆記で小説やエッセイなど書いて売り出すことを考えます。
首から下が不随になっても、あたまがしっかりしてるなら、口述筆記で小説やエッセイなど書きます。毎日書けば、月1-2万程度のブログ収入程度は得られるはずです。

ただ、脳に障害が出てしまうと、誰も守ってくれる人のいないおひとりさまは、厳しいものがあります。

死ぬときは、さっくり死にたいものです。




↓ ランキングに参加しています。良かったらクリックしてください ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

拍手[0回]

連休三日間。おおむねおなかの調子もよく、下痢も吐き気もなかったのですが、最後の日の夜になってひどく吐き気がしてきました。

ひとしきり吐いたらおなかの痛みは止まったのですが、喉が渇いてしかたがありません。
水を飲んでも飲んでも喉が渇きます。
(翌朝、思いついてポカリスエットを飲んだら収まった。どうも電解質が足りなかったようです。)

やっぱり会社が嫌なんだろうなと、思います。
もう、直接A氏やそのほかの人たちから露骨に嫌なことをされることは全くなくなりました。(ただし送別会に呼ばないなど仲間外れは毎度のことです。まあ仕事だけ外さなくなったからいいんです。)

毎度毎度人をいびって辞めさせる「うちの会社の上小阿仁村」住民たちから、ひどくいびられながら、なんとか仕事だけは「しかたないあいつ嫌だけど情報を回さざるを得ない」程度まで持って行けたのは、自分もなかなかやるかなと思うようになっています。


***スポンサーリンク***



この前の面接の結果ですが、残念ながらNGだったそうです。

NGなら、変なプレゼンをさせずに、NGって言ってほしかったです。
技術的に足りないことはわかっていました。
骨折り損のくたびれもうけです。
プレゼンのためにTOEICをスキップしたのが痛かった。
どうせNGなら、体調も最悪で何もかも立て込んでいた時期にプレゼンを作らされたのだけは本当に損したなあ・・・って思っています。

私がテストケースなので、次に面接する人は、どんな感じで質問されるのかわかるので、私と同程度でも合格の可能性がぐっと上がるかと思うと、本当に腹が立ちます。

言ってもしかたがないから、次を探します。


今は、派遣でも、今の私の給料を上回る報酬が得られるのですが、結局、派遣の仕事って「その時がMAX」になってしまう。
私が55歳以上なら、派遣でもいいのですが、今の状態で派遣にいってしまうと、不景気がやってきたとき困るのです。

アラフィフのくせに、「今以上になれる仕事」を探しているので、難しいのです。

いくつか考えはあるので、それを練り直します。

掴んだ はずのチャンスが
するりと手を抜け消えて行ったんだ
また僕の手のひらは からっぽさ
何にも 持ってないなら
これからなんでもつかめるじゃないか
好き放題やり放題 Oh! Baby!

ふと つまずいて 落ちる谷底
ここより下はないだから
向かい風さえ 上昇気流に変わるよ
昇るよ さあ行こう!
這い上がる 壁はある 一歩ずつ 登るだけ
夢に手が届くまで伸びて行く

無限大 可能性のかたまりさ
僕の名は ノビシロマックス

(The collectors: 「ノビシロマックス」より。歌詞の引用は本来はブログでもまずいのですけどね。)

90-100歳まで生きて70-75歳ぐらいまでは働かされるのが当たり前の時代になると思われます、40代で守りに入ってはいけません。

今の私は、伸び代マックスです。

 *

2件、企業からスカウトがあったものと、人材紹介会社から打診があったものに応募してますが、今の仕事の延長線上だし、どちらも、少々難ありだなあと思っています。

企業から直接スカウトがあったほうは、年収はどうなるか不明まあ若干上になるか、休暇が「有給20日(最大20日、ではなく20日毎年もらえるらしい!)」とそこらへんはまあまあなんだけど、場所が遠いんですよ。
東京の市部で・・・通勤1時間半以上。
長時間の通勤を避けるために都心に住んでるのにこれは・・・。

人材紹介会社から打診があったほうは、おそらく書類落ちだな。
年収まあまあ、場所もいい。
人材エージェントによると、その会社は急募で先月から1か月探していて、その仕事打診してきた日の前日にHRマネージャに確認したところ「早くクローズしたいけどまだ決まってないからまだまだ紹介してほしい」といわれて、私に声をかけたそうです。

その会社が求めてる条件は、「ヘルプデスクの経験が十分あること」で、「転職回数が少ないこと」だそうです・・・前者はともかく、後者の条件があってなぜ私に声をかける(笑)。

私としても「転職回数が少ない転職者」を求める会社は、避けたいです。
なぜならその言いぐさは「自分はバツ2とかバツ3のくせに相手は初婚で子供が産める20代の女性でなきゃ嫌だとか言ってるクソ婚活オヤヂ」を思わせるからです。

そんなに転職回数が少ない人がいいなら、新卒を採用してじっくり育てろよ、逃げ出さないようないい待遇をそろえてさ、って言いたくなります。

それに、特に外資系の英語ができるヘルプデスクって、転職歴多くなりがちなんですよ。
仕事が「賽の河原」で同じことになりがちで、給料があがったり仕事の幅が広げられるのが転職しかないことが多いですから。

できれば、ヘルプデスク系ではなくプラスアルファで仕事が広げられるほうが、私としてもいいのです。
セキュリティ系でなんとか・・・と。

がんばるしかないです。



↓ ランキングに参加しています。良かったらクリックしてください ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

拍手[8回]

プロフィール

HN:
さくらねこ
性別:
女性
自己紹介:
各種ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

最新コメント

[03/03 通りすがり]
[02/15 いがぐり]
[02/15 tensiroque]
[02/15 NONAME]
[01/23 つむじ]

忍者カウンター

メールフォーム

PVランキング

アクセス解析

ブログ内検索

| HOME Next >>
Copyright ©  -- 大都会の小さな家 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS /  /